2016年12月 5日 (月)

柏木恵さんのクリスマス立体カード展

12月号(発売中)「手づくりのポップアップカードを」
柏木恵さんの展覧会が、
墨田区東向島で開かれています。

誌上に登場したカードのほかにも、
新作やつくりためたクリスマスカードの数々を展示。
20161205_155831


Img_5239

Img_5280

「体験コーナー」では、
中心の軸と大小のカラフルな輪っかを
選んで、重ねるだけの
立体ツリーがつくれます(たったの5分!)。
色選びに迷うのも楽しく、何個もつくりたくなります。
Img_5274

できたツリーは1つ100円で持ち帰れます。
カードは一部販売されています。

clip clip clip

■日時
~12月10日(土)まで
10:30~17:00
*9日(金)は休み
■会場
和カフェ&ギャラリー「みづき」
墨田区東向島3-27-9
*カフェ部分は休業中
■アクセス
東武亀戸線曳舟駅から徒歩8分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 1日 (木)

ハバロフスクへの旅

10月号座談会
「日常も旅もーいま、鉄道があつい」
にご出席下さった
鉄道好きの会社員、高橋宏昌さん
少し遅い夏休みでハバロフスク
出かけられたのは9月末。
20161020_182201

そんな大廻りして! というのが、
さすが"テツ"の方です。

東京から、いまや日本唯一の夜行寝台特急、
出雲市ゆきの「サンライズ出雲」に乗車bullettrain、境港へ
(人気でチケットがとれず、
キャンセル待ちで入手されたそう)。

境港から韓国籍のフェリーに乗りship
韓国の東海(トンへ)に寄港してから
ウラジオストクへ(船で2日)ship
P1000506
さらに、ちょっと寄り道でナホトカで1泊、
いよいよ最終目的地のハバロフスクshine

帰りはびゅんと、ひと飛び
2時間半で成田へ戻られましたairplane
P1000919

470枚も撮られた写真の中から紹介しますcamera
P1000550 P1000745

P1000535 P1000772_2

P1000694 P1000613

□10月号座談会□
「日常も旅もーいま、鉄道があつい」
1610011_2
▼出席 
宇都宮浄人さん(経済学者)
山口規子さん(写真家)
高橋宏昌さん(会社員)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月24日 (木)

98歳 堀文子さんの個展が開催中

群れず、慣れず、頼らず——。
名もなき草花のように、
凛として生きる画家、堀文子さん(98)
白寿記念の個展が、
東京・銀座の画廊でひらかれています。
20161124_153744

12月号(発売中)のスペシャルインタビューでは、
「いま伝えたいこと」をお話し下さいました。
20161124_153944

ピンク、白、黄色。未発表作品の並ぶ展示室は、
花々が咲いたように明るく、
新作の「紅梅」は、生命力に満ちています。
連日、大勢のお客様が、熱心に見入っています。

画廊の上階にある「堀文子の部屋」では、
版画や著書、ポストカードや一筆箋など、
すてきなオリジナル商品も楽しめます。

30日(水)まで開催中
地下鉄銀座駅B3出口で地上に出たら、
右方向にまっすぐ1分、右手の小さなビルです。
ぜひお出かけください。

clip clip clip

白寿記念 堀文子展
2016…現在【いま】


■会期

11月10日(木)〜30日(水)
入場無料
■場所

東京都中央区銀座5-5-9  アベビル3階
ナカジマアート
■電話

03−3574−6008
■行き方

地下鉄銀座駅B3出口 西五番街徒歩1分
□詳しくは
こちらをご覧ください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月22日 (火)

ひびのこづえさんの展覧会

隔月で「今日、なに着ていこう」を連載してくださっている、
コスチューム・デザイナーのひびのこづえさん
ふだんのファッションをちょっと違う視点から見てみることで、
新しい楽しみ方に出合ったり、自分らしい着こなしに気づいたり……。
12月号(発売中)は、旅のおみやげをアレンジしたアクセサリーのお話です。

Photo_2

ただ今、池袋の西武デパートにて、ひびのさんの
「心をつなぐ贈り物」展が開かれています。

「あいさつの言葉のあとにさし出される
つながるきっかけになる贈り物。
そんな物作りをめざしています」
と、ひびのさん。

会場にはハンカチやストール、ワンピース、バッグ、アクセサリーなど、
衣装のはぎれを自在に使ったカラフルな作品が並び、新作のお披露目も。
見ているだけで物語が浮かんでくるような、わくわくするものばかりです。
ぜひ、お近くでご覧ください。

A4ol1_3

「心をつなぐ贈り物 Gift:Connect Hands and Hearts」展覧会

■会期
開催中~11月28日(月)まで
入場無料

■会場
西武池袋本店6階[中央B7]=アート・ギャラリー

■時間
午前10時~午後9時(日曜・祝日は午後8時まで/最終日は午後4時まで)
お問い合わせ:03-5949-5348(直通)

詳しくはこちらをご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月21日 (月)

姫路・11万点のコレクションから

開催中の
「大正モダン・キッズ
ー婦人之友社『子供之友』原画展」

会場の兵庫県立歴史博物館には、
児童文化資料展示室
「こどもはくぶつかん」
があります。

大阪の児童文化史研究家、
入江正彦氏が収集した
全国有数の子ども文化に関するコレクション、
玩具・書籍・教育資料・生活用品・衣服など
11万点が2000年代はじめ寄贈されました。
Dscn1540

Dscn1534

Dscn15491

小さな展示室にその一部がところせましと並びます。
江戸から現代までのこどもの世界を辿れて
見応えたっぷり、おすすめです。

『子供之友』の原画展はいよいよ、
27日(日)までとなりました。お出かけ下さい。

clip clip clip

描かれた大正モダン・キッズ
婦人之友社『子供之友』原画展


_1_2
_2

■ 会期
2016年10月15日(土)〜11月27日(日)
■ 開館時間
10:00〜17:00(入館は16:30まで)
月曜休館
■ 料金
大人1000円 大学生700円 
高校生500円 小・中学生無料
■ 会場
兵庫県立歴史博物館
〒670-0012
兵庫県姫路市本町68番地
■ HP
ホームページはこちら
(https://www.hyogo-c.ed.jp/~rekihaku-bo/index.html)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月18日 (金)

自由学園で美術工芸展

11月19日(土)、20日(日)の2日間、
婦人之友社と創立者を同じくする自由学園で、
4年に1度の美術工芸展が開催されます。

生活に根ざした美術教育が学園の特長。
幼児生活団(幼稚園)から
最高学部(大学部)までの作品が
3万坪のキャンパスに展示されます。
20161118_121820


20161118_111241

学園は紅葉がちょうど見頃を迎えました。
Imgp0707

clip clip clip

「第31回自由学園美術工芸展」

■会期 
2016年11月19日(土)・20日(日)
■時間 
9:30〜16:30(入場は16:00まで)
■会場
〒203-8521 
東京都東久留米市学園町1-8-15
(西武池袋線ひばりヶ丘駅より徒歩10分)
■問い合わせ 
TEL 042-428-2122(自由学園広報本部)
■HP
ホームページはこちら

◎入場無料

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月15日 (火)

『子供之友』原画展 会場より

姫路の兵庫県立歴史博物館で開催中の
「大正モダン・キッズ 
婦人之友社『子供之友』原画展」
より、
会場の写真を紹介します。
Dscn14842


Dscn15092


Dscn14932

今年、2〜3月にかけて
東京・板橋区立美術館で行なわれた展示に加え、
『子供之友』と同じ時代に発行されていた
子ども向け雑誌など、姫路オリジナルの展示も。
Dscn15182

紅葉が始まり、ぽかぽか陽気も味わえるよい季節、
姫路城も美しく白く輝いて迎えてくれます。
Dscn14602

会期は11月27日までです。

clip clip clip

描かれた大正モダン・キッズ
婦人之友社『子供之友』原画展

■ 会期
2016年10月15日(土)〜11月27日(日)

■ 開館時間
10:00〜17:00(入館は16:30まで)
月曜休館

■料金
大人1000円 大学生700円 
高校生500円 小・中学生無料

■会場
兵庫県立歴史博物館
〒670-0012
兵庫県姫路市本町68番地

■HP
ホームページはこちら
https://www.hyogo-c.ed.jp/~rekihaku-bo/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月11日 (金)

婦人之友12月号発売中です!

婦人之友12月号
表紙はほっこりかわいい雪だるまです。
01

【家計特集】

減収時代に安心家計のすすめ
支出のピーク 備える 越える

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 2日 (水)

姫路で『子供之友』原画展開催中

姫路の兵庫県立歴史博物館で、
1914(大正3)年から1943(大正18)年まで、
婦人之友社が発行していた
絵雑誌『子供之友』の原画展が開かれています。 

_1_2

_2_2

北澤楽天、竹久夢二、
村山知義、武井武雄
などが
子どもたちのために描いた絵を150点余
それに加えて掲載誌もふんだんに展示、
じっくりお楽しみいただけます。
(今年2月、3月に板橋区立美術館で開催された
展覧会の巡回展)

20161015kaikaisiki2

20161015kaikaisiki3


会場は姫路城のすぐそば、
秋の観光にどうぞお出かけ下さい。
会期は11月27日までです。

clip clip clip

描かれた大正モダン・キッズ
婦人之友社『子供之友』原画展


■ 会期
2016年10月15日(土)〜11月27日(日)
■ 開館時間
10:00〜17:00(入館は16:30まで)
月曜休館
■料金
大人1000円 大学生700円 
高校生500円 小学生以下無料
■会場
兵庫県立歴史博物館
〒670-0012
兵庫県姫路市本町68番地
■HP
ホームページはこちらから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月25日 (火)

濱野アコさんのファッションブランド miik

10月号特集「あなたに似合う着こなしLesson」にて、
体型の悩みに答えるコーディネートを提案してくださった、
服飾デザイナーの濱野アコさん。
このたび、ご自身のファッションブランド「miik」を発表されました。
誌面でもお話しくださった、「大人の女性らしい清潔感、好感度のある服」が、ブランドのテーマです。
本日から今週木曜日まで、青山のギャラリーで展示会が開かれています。

すっきり見えるハリのある素材、ちょうどよいスカート丈、
温度が少し高い日にも快適なツイードのワンピースなど、
「こんな服が欲しい」という声を取り入れながら、デザインされたものばかり。
今後はご自身のお店、横浜大倉山の「fujiya」でも取り扱う予定とのことです。

Fullsizerender2

Fullsizerender1
10月号には「私の悩みにぴったりで参考になりました」という感想を
たくさんいただきました。
濱野さんも「遠方からお電話をいただいたり、お店を訪ねてくださった方もいらして、とても嬉しいです」と話してくださいました。

miik(美育)
ホームページはこちらから

〈展示会〉
■日時
26日(水)11:00~19:30
27日(木)11:00~18:00
■会場
Art&Space cococara
東京都港区南青山2-27-20 工藤ビル202
(外苑前駅より徒歩5分)
*ご来場の際は、事前にメールにてお知らせください。
E-mail info@miik.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月20日 (木)

ヤマナシヘムスロイド45周年展

誌上でもおなじみの山梨幹子さんが主宰する、
NPO法人北欧伝統手工芸普及会
ヤマナシヘムスロイド
が、
創立45周年を迎えました。shine
20161020_160901

東京・青山のヘムスロイドハウスを
1階から5階まで使って、
記念展が行なわれています。
テーマを決めた「こぎん刺し」45種類
連続模様の合作や
織りもの、編みものなど全160点
こまやかな用の美に、創作意欲が湧いてきます。

Img_4224 Img_4229

Img_4260

Img_4261


東京展のあと、一部の作品が大阪(12月)、
ストックホルム、仙台、コペンハーゲンと
巡回展示されます。どうぞご覧ください。

clip clip clip

ヤマナシヘムスロイド45周年記念展
─手づくりの継承・心地よい暮らし─

45

■会期
2016年10月1日(土)~10月30日(日)

■時間

11:00~17:00

■入場料

1000円(税込)
(一部をチャリティとして東北復興支援に寄付)

■会場

ヤマナシヘムスロイド

〒107-0061
東京都港区北青山1-5-15 YHIビル
03-3470-3119

■HP
ホームページはこちらから
(http://yhi1971.org/)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月14日 (金)

秩父の新啓織物で「ハタオト展」

発売中の婦人之友11月号の特集は、
「暮らしになじむモノ選び」
4人の方に、モノとのつき合い方をうかがいました。

絹織物「銘仙」の産地・埼玉県秩父市で、
ほぐし織りという技法を用い、
一家で「新啓織物」を営む新井園恵さん
4人の子どもとの生活の中で
大切に使ってきたものを見せていただきました。
001

「長く着られる着物のように、毎日使うものも、
つくりのよい長く愛用できるものを選びたい」

というのが、新井さんご夫妻のルールです。

夫の教央さんは、
家具や台所道具などに不具合を見つけると、
より使いやすく手を加えることもしばしばだそう。
「私が気がつかないうちに直っているんです。
そのおかげもあり、ますます愛着がわきます」

と園恵さん。

10月14日(金)~16日(日)には、
工房のある母屋で、「ハタオト展」がひらかれます。
ほぐし織りは、型紙を使って経糸に柄を染めるため、
大胆な表現ができるのが特徴。
秩父の自然や生き物からも
ヒントを得た
というデザインに、
深みのある色合いがモダンです。
会期中は、反物や小物が並びます。
秋の秩父へ、ぜひお出かけください。

clip clip clip

ハタオト展

Photo

■日時
10月14日(金)~16日(日)
AM10:30~PM5:00
■会場
新啓織物
埼玉県秩父市中宮地町37-9
■TEL
0494-22-3140
■HP
ホームページはこちらから
(http://www.arakei.com)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月13日 (木)

今週金曜日は、婦人之友社・乳幼児グループの相談日です!

10月に入ってから、
どんよりした天気が続いていますが、
みなさまいかがおすごしですか。
「運動会は大丈夫かな?」と
天気予報とにらめっこの日々を
送られた方もいらっしゃったのでは、と思います。

婦人之友社・乳幼児グループ
(4歳までのお子さんを持つお母さんの会)では、
婦人之友社3階にて、
第2金曜日
月1回の健康相談を行っています。

A160708_021
遊びながら、健診の時間を過ごします。


今月の相談日は、
今週の14日金曜日10:00
から! 
体重、身体測定はもちろん、
小児科医、保育学、栄養管理士の先生方が、

どんな小さなことでも相談にのってくださいます。

A150410_135
保育学榎田先生(左)管理栄養士丸井先生(右)に、
育児や離乳食の悩みを話せます。

A160909_038

小児科医若江先生に、
日頃思っていることをなんでも相談。


乳幼児グループの会員が対象ですが、
ご興味のある方はぜひご見学にいらして下さい。
予約などの必要はありませんので、
お近くの方、お散歩がてらにいかがですか?

婦人之友社は、池袋駅から徒歩10分ほど。
お向かいには、重要文化財に指定されている明日館
館内には手づくりのおもちゃなどを扱う
JMショップ
もあります。

乳幼児グループの会員になられた方には、
毎月「成長記録」が書ける用紙をお送りし、
全国各地の会員から届いたものをまとめた、
『乳幼児だより』
をお送りしております。

詳しくは 婦人之友社ホームページをご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月11日 (火)

婦人之友11月号は明日12日(水)に発売です

婦人之友11月号は明日店頭に並びます。
1611000

【特集】
暮らしになじむモノ選び
1611001

自分の生活の中におくモノを、
どのように選んでいますか。
器、家具、衣類や布もの、
手放せない仕事道具に、お気に入りの飾り―。

大切な一品が、
暮らしを味わい深いものにしてくれます。
そんなモノの選び方、生かし方を
4人の方に伺いました。
愛用の品々とともに、ご紹介します。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月28日 (水)

公文健太郎さん写真展

『婦人之友』口絵や特集などの
写真を撮ってくださっている、カメラマン
公文健太郎さんの写真展「耕す人」が、
10月11日(火)まで、
東京・品川で開催されています。

沖縄から北海道まで、
里山と、そこで耕し、暮らす人々の風景。
ぜひご覧ください。

clip clip clip

公文 健太郎 写真展
耕す人


001

002_3

■ 日時 
 2016年8月25日(木)~10月11日(火)
  10時~17時30分
■ 休館日 日曜日・祝日
■ 入場 無料
■ 会場 キヤノンギャラリー S
 東京都港区港南2-16-6 キヤノン S タワー1階)
■ アクセス
   JR品川駅港南口より徒歩約8分
 京浜急行品川駅より徒歩約10分
■ HP
http://cweb.canon.jp/gallery/archive/kumon-tagayasu/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«『花日記』山田由美子さんグループ展開催