2022年6月27日 (月)

【建築も教育も、 大事なものは変わらない ー未来の建築家たちへ向けた、 隈研吾さん講演会ー】

『婦人之友』7月号では、
自由学園明日館の
100周年を記念して
ご講演いただいた、
世界的な建築家・隈研吾さん
お話を記事にしています。
2207_20220609163204    
小中学生とその親に向けて
開催された講演のため、
会場の明日館講堂は、
建築に興味がある親子で
いっぱいに。
 
後半の質問タイムでは、
「渋谷区の公園のトイレを
設計してくださいましたが、
どのくらい時間が
かかったのですか?」や、
「スクランブルスクエアの
14階までは、隈さんのデザインと
聞きますが……」など、
隈さんが関わった
さまざまな建物について質問が。
みなさんよくご存知で、
驚きの連続でした。
 
質問へのお答えに一貫していたのは、
「手を動かすこと」
「協力しておこなうことの大切さ」
などについて。
実学と協力を重んじる
自由学園が大切にしていることと
通じるものが多く、
時代が変わっても物事の本質は
変わらないものなのだと、
学びの多い時間となりました。
2207_20220609163206
-----
●好評発売中♪
婦人之友 2022年7月号は こちら↓
https://www.fujinnotomo.co.jp/magazine/fujinnotomo/f202207/

| コメント (0)

2022年6月20日 (月)

夏野菜たっぷり! ふるさとの家庭料理の7月号

発売中の7月号
「ふるさとの家庭料理」では、
夏野菜やそうめんを使ったレシピが
たくさん掲載されています。
2207_20220609163207
編集部Tのお気に入りは、
鹿児島「ゴーヤの酢醤油づけ」
そして、
富山の「なすそうめん」です。
 
さっぱりとした酸味と、
ゴーヤの苦み、
かつお節があとをひく
「ゴーヤの酢醤油づけ」
夏バテで食欲が落ちたときにも、
つめたいまま、
おいしく食べられます。
火を使わずにつくれるのも
嬉しいポイント。
冷蔵庫にあると安心なおかずです。
 
富山の「なすそうめん」は、
何口食べてもおいしい。
縦半分に大きく切ったなすに、
たっぷりしみ込んだ煮汁。
旨味がそうめんにも絡まって、
ついたくさん食べてしまう
飽きのこないレシピです。
 
そうめんも、
つゆで食べるだけでなく、
沖縄の
「ソーミンチャンプルー」にすれば
変わり種に。
台風が来ると買い物に出られないから、
家にあるもの(野菜やポーク缶)で
つくれるように、との
地域の知恵がつまっています。
デザートには、
涼やかな「わらびもち」も!
2207
各地の料理で、
この季節を楽しんで
いただけたらと思います。
 
-----
2207_20220609163206  
●好評発売中♪
婦人之友 2022年7月号は こちら↓
https://www.fujinnotomo.co.jp/magazine/fujinnotomo/f202207/

| コメント (0)

2022年6月15日 (水)

知っていますか?身近な香辛料のコト。7月号はスパイス特集

婦人之友7月号特集のテーマは
「スパイス」!
22071
 
汗ばむ季節に向かいますが、
暑くてバテそうな
時期だからこそ、
ピリッと爽やかな
スパイスの力を借りましょう。
 
スパイス調合家・料理家の
日沼紀子さんに聞いた、
「生姜・胡椒・山椒」の話。
2207_20220615203001
 
日本人にとっては
とても身近なスパイスですが、
意外と知らない
使い方やその歴史などを
教えていただきました。
たとえば・・
 
生姜を生で食べるのは
 ●●●諸国の文化
中世西洋で胡椒と言えば
 「●●胡椒」だった
木の芽や粉山椒の
 使い方ヒント
炒め物に最適!
 ミックススパイス
 
などなど。
読むと、いつも使っている
生姜や胡椒の見方が、
ちょっと変わるかも⁉
ぜひ、お試しください。
  
2207_20220609163206
 
-----
 
●好評発売中♪
婦人之友 2022年7月号は こちら↓
https://www.fujinnotomo.co.jp/magazine/fujinnotomo/f202207/

| コメント (0)

2022年6月10日 (金)

7月号は本日発売 元気になるスパイス特集です

東京は今週梅雨入り。
曇り空が続き、
折りたたみ傘を持ち歩いています。
 
本日発売になる
「婦人之友」7月号
湿気の多い時にも、
暑さが続く時にも
体調をキリっと整えてくれる
“スパイス”の特集です。
2207_20220609163206
22071

料理研究家の荻野恭子さんには
インド・トルコ・
モロッコ・メキシコ
スパイスと食文化、
旅の思い出、そしてレシピを
ご紹介いただきました。

22072_20220609163201
インドの「ミールス」
という定食は、
なすとトマトのカレーや
ターメリックライス、
ゴーヤのターメリック揚げ焼き
などが一皿に。
手軽につくれる一品一品、
スパイスひとふりで
新しい味に変化するレシピです。
 
ほかにも、体の内側から元気になる
「豆乳のマサラチャイ」のレシピや
日本人になじみの
「生姜・胡椒・山椒」
の豆知識。
22073  
小説家・小川糸さんのエッセイは、
思わず試したくなる
「うなぎと山椒」
にまつわるお話。
古より人類を惹きつける、
スパイスの多様な魅力を
感じて頂ければと思います。
 
対談は、7月末に閉館する
「岩波ホール」について、
映画評論家の松本有壬子さん
ジョージア映画祭主宰・画家の
はらだたけひでさん
お二人のお話。
2207_20220609163205
神保町で54年間愛され
続けてきたミニシアター。
「人間が人間らしく
生きるために糧と
なるような作品」
を選んで上映してきたとのこと。
閉館を残念に思う
多くの方の一人、
最上敏樹さん
今号の「未来の余白から」で
岩波ホールとの思い出を
綴っています。
 
ふるさとの家庭料理では、
鹿児島・奄美大島の「鶏飯」、
富山の「なすそうめん」など
暑い時期にも
さらりと食べられて
おいしい一品から、
沖縄「ソーミンチャンプルー」、
宮崎「チキン南蛮」など
スタミナがつくメニューも。
2207_20220609163207
コロナと医療では、
自らの感染リスクに
直面しながらも
治療にあたる
医師や看護師。
共同体をつくり、
支え合っている姿を、
ジャーナリストの
藍原寛子さん
伝えてくださいました。
2207_20220609163201  
これからの季節も、
読者のみなさんの
元気のお守りとして
婦人之友が
ご一緒できますと嬉しいです。
 
2207_20220609163204 2207_20220609163203
2207 2207sdgs

2207_20220609163202 2207news

22072


-----
●本日発売!
婦人之友 2022年7月号は こちら↓
https://www.fujinnotomo.co.jp/magazine/fujinnotomo/f202207/

| コメント (0)

2022年6月 7日 (火)

あなたが婦人之友をきっかけに 始めたことは何ですか?  投書募集中‼

120年目を歩み始めた
「婦人之友」では、
それを記念し、皆さんからの投書を
募集しています!

テーマは、
「婦人之友をきっかけに
始めたこと・続けていること」
2022f06_00099  
毎月、幅広い内容を
お届けする「婦人之友」。
たくさんの反響をいただき、
どれも嬉しく、編集部で
読ませていただいています。
ありがとうございます。
 
料理、洋裁、体操やストレッチ、
掃除や片づけの知恵、
また、子育てや家計の考え方
地域・社会の問題や、環境のこと
生き方、ストレスへの対処・・・
 
皆さんが共感してくださった記事、
そこから、始めてみたことは
ありますか?
わが家の味になったレシピ、
毎日の習慣、
小さなことでもかまいません。
ぜひ編集部に教えてください!
 
6月号の「編集室から」では
編集員Hの“続けていること”を紹介、
それは2009年8月号で掲載した
「マサイ体操」
この記事はたった
1ページだったのですが、
その効果は抜群!
腰痛がなくなったそうです。
今、この記事を書いているNも、
実は頼っている体操です。
(ほかにもお仲間が
いらっしゃるでしょうか…?)
20220607_161452 
 
皆さまの声を
楽しみにお待ちしております!
 
▲△▼△▼△▼
  募集内容
▲△▼△▼△▼
 
投書内容と必要事項を、
以下の宛先へお送りください。
 
◎第一回目の締め切り
7月31日(日)
 
●投書内容
・「婦人之友」がきっかけで
始めたこと、続けていること
(内容とエピソードも。
できれば号の年月や筆者名なども)
*いくつでも
*各200~400字ほど
 
・関連する写真など(あれば)
 
●必要事項
・お名前(ふりがなも)
・ご年齢
・ご住所
・電話番号
・メールアドレス
・婦人之友を読み始めたきっかけ
・読んでいる期間
 
●宛先
171-8510
東京都豊島区西池袋 2-20-16
婦人之友社 婦人之友編集部
「120周年記念投稿係」
 
Eメール:
hiroba@fujinnotomo.co.jp
 
*いただいた投稿は返却できません。
*文章を短くする場合がございます。
*掲載の場合は薄謝をお送りします。
 
-----
●好評発売中♪
婦人之友 2022年6月号は こちら↓
https://www.fujinnotomo.co.jp/magazine/fujinnotomo/f202206/

 

| コメント (0)

«オンライン連続講座、 今年は6月からスタート! 申し込み締め切り間近です!