« 婦人之友10月号 本日発売です! | トップページ | ノーベル文学賞受賞 アリス・マンローさんの作品 »

2013年9月26日 (木)

12月号の座談会「つながりたい子どもたちーー居場所はどこに?」を行いました

座談会の出席者は
 江川紹子さん
  (ジャーナリスト)
 湯浅 誠さん

  (社会活動家)
 小森美登里さん

  (NPO法人「ジェントルハートプロジェクト」理事)

子どもたちをめぐって、いじめによる事件が絶えません。また、自分の居場所がないと感じる疎外感は、社会のあちこちに、さまざまな歪みを生み出しているように思われます。
そうしたいじめの問題、とりまく社会の現実にどう向き合い、問題を解決していったらよいのかーー。

高校1年だった娘さんをいじめによる自死で失くされた小森さんの「自分がされて悲しいことは、友だちにはしない」というあたり前への切なる願い。

湯浅さんの「人の関係は上下ではなくフラットでありたい。すぐ解決の道筋がつかないと、人は見なかったことにしたがる。だから、複雑なことも解決できる対応力を高めないと」。

「ストップいじめ!ナビ」のメンバーでもある江川さんは、「いじめの問題は、学校の先生や管轄する行政、国、そして様々な分野の専門家が関わり、考えていかなければ」と、社会として取り組むことの必要性など、人と人との関係のあり方を熱く語ってくださいました。

ぜひ12月号(11月12日発売)をお読みいただき、読者の皆さまとご一緒に考えたいと思っています。

0925_2
座談会を終えて、出席者のお三方。左から江川さん、湯浅さん、小森さん。

|

« 婦人之友10月号 本日発売です! | トップページ | ノーベル文学賞受賞 アリス・マンローさんの作品 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534463/58268909

この記事へのトラックバック一覧です: 12月号の座談会「つながりたい子どもたちーー居場所はどこに?」を行いました:

« 婦人之友10月号 本日発売です! | トップページ | ノーベル文学賞受賞 アリス・マンローさんの作品 »