« 新連載! 園芸「育ててかざる 季節の花しごと」 | トップページ | ブータンのお菓子 »

2015年4月11日 (土)

婦人之友5月号 本日発売です。

かわいらしい「ブルーデイジー」の表紙の婦人之友5月号。
今日店頭で発売になります。
1505001

【特集】
“3分そうじ”でいつでもきれいな家
1505002_5
1505003_3  


“3分そうじ”でいつでもきれいな家掃除、ときくと、「あそこも、ここも…」と腕まくりして取り掛からないと、と気の重い人、いませんか?
今号は、そんな人にこそおすすめな、シンプルでていねいな掃除法、「使ったら、その流れでするついで掃除」をとりあげました。

リビング、洗面所、浴室、トイレ、など場所別に、一か所およそ3分のついで掃除と、月に一度、いつもよりていねいに行うものを合わせての掃除法。これで「いつもきれいな家」を保っている、原幸子さん宅が実例です。日々少しずつつみ重ねれば、“大掃除なしのわが家”が実現可能です!
記事では、中学、高校生のいる住まいで気になる、「部活帰りの砂埃汚れ」、「女の子の髪の毛」の掃除などの工夫を集めたページも。

【座談会】 
子どもが笑顔で育つには
1505007
保育学がご専門の榎田二三子さん、パパ料理研究家の滝村雅晴さん、ジャズシンガーで児童委員の津村典子さん、主婦で4人の子どもを育てる市川美穂さん4人のお話です。
ご長女を病気で亡くされたあと、「普段なにげなく囲む家族での食卓は、実は有限なんだと気づいた」と滝村さん。子どもが4人いてなかなか余裕がな いけれど、「怒る時はなるべく短く、を心掛けている」という市川さん。それぞれが子どもと、家族と、また地域で過ごす中での思いや悩み、大切にしているこ とを話してくださいました。
「大なり小なり、悩むことがあって当たり前。その子のことを考えているから悩むんです」と榎田さん。子どもの日もある5月、ぜひ多くのお父さんお母さんに読んでいただきたい座談会です。

【シリーズ「いま女性たちは」】
これからの“働き方”「男女雇用機会均等法から30年」
1505008
4月号に引き続いて、福沢恵子さん山口理栄さん林 正愛さん田中和子さんによる座談会の続編です。 男女ともに働きやすく、暮らしやすい社会にするために、力を尽くしている4人。多様性を認めること、どんなふうに働きたいか、よ く自分自身に問いかけ、実現するために何が必要かを考えていくことの大切さが語られました。記事の終りには、そんな4人の”働く”ことのスタートについて も。

【料理】
1505005
中華料理研究家の岡田惠さん
「チャイナテーブルでのおもてなし」

【お菓子】
1505006
鎌倉で紅茶専門店ミミロータスを営む
吉池浩美さん
に教えていただいた、
「ナッツのざくざくビスケット」

【食の来た道】
1505004
「岩手県二戸の雑穀料理」がテーマです。

どうぞご覧ください

|

« 新連載! 園芸「育ててかざる 季節の花しごと」 | トップページ | ブータンのお菓子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534463/61419634

この記事へのトラックバック一覧です: 婦人之友5月号 本日発売です。 :

« 新連載! 園芸「育ててかざる 季節の花しごと」 | トップページ | ブータンのお菓子 »