« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月27日 (月)

ヘメロカリスの季節です

埼玉県小川町の岡本自然農園では、梅雨に楽しむ花、
ヘメロカリスが咲き始めました。
 
ヘメロカリスは、ユウスゲやニッコウキスゲを品種改良した園芸種。
ギリシャ語で「一日の美」という意味の一日花です。
 
農園を営むのは、この花の育種家・岡本守夫さん。
2015年7月号「きわめる」にご登場)
園内約800種のうち、7~8割が岡本さんのオリジナル品種です。
 
毎年この期間は、ヘメロカリス園を一般公開しています。
梅雨の合間に、どうぞお出かけください。
Img_3365

Img_3362

写真は昨年の様子。色も形もさまざまな花が咲き誇ります。
 
■開園期間 6月18日(土)~7月10日(日)
■開園時間 午前9時~午後5時
■入園料 100円(中学生以下無料)
*入園料の一部を熊本地震の義援金に寄付されるとのことです。
地堀苗の販売も。
 
岡本自然農園
埼玉県比企郡小川町青山1280
電話:0493−73−0853
 
最新情報はホームページをご覧ください。
http://www.hemepara.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月23日 (木)

お茶パックはガーゼで

8月号(7月12日発売)の生活特集
「さっぱりをキープする毎日の実践」では、
藤沢友の会の村山みどりさんが、
気軽ですぐに役立つ床のそうじ法
紹介してくださいます。

撮影には、ご近所に住む笠羽巳年子さん
(6月号「どうしていつも笑顔なのですか?」に登場)が、
サンドイッチをたっぷり用意してかけつけられました。

笠羽さんに以前、
自家製のびわ茶といっしょにいただいたお茶袋cafe
本来は、藤沢友の会で教わった
「だし袋」だそう。

2重にしたガーゼを手で袋縫いにして、
木綿糸が数本渡してあるだけのシンプルなつくりで、
お茶を煮出すたび、煮沸消毒するようなものです。
使っているうちに染まるのもご愛敬。
笠羽さんはサイズをかえて、
どくだみ茶用、お風呂のみかん(皮)湯用など
数枚をお持ちです。

麦茶やはと麦茶など
お茶を用意する季節につくってみませんか?
小さなことから使い捨てない生活を!
003_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月17日 (金)

魔法の味つけ“3・2・1・1”

連載中の「もっと料理上手に」では、
家庭料理で大切にしたい“急所”を、
毎月1テーマ紹介しています。

おいしく感じる塩分量(1月号)
おいしく感じる塩分量(2月号) (3月号)
お弁当(4月号)

味つきご飯(5月号)

和洋中のだしのとり方(6月号)……。

身につくと、毎日の食事づくりに役立つことばかり。

読者の皆さまから
も、
「毎月『これが知りたかった』

という疑問が解決します」


「自己流にしていましたが、

おいしさにはワケがあるのだと感じました。

料理は科学ですね」

という声をいただいています。

指導してくださる料理研究家の本谷惠津子さんは、
「子育てをしながら家族のための食事をつくり続け、

工夫したことが、私の原点です」

と話されます。

発売中の7月号
のテーマは
「味つけの配合“3・2・1・1”」

20160617_131841

しょうゆ、みりん、砂糖、酒、味噌など
基本の調味料を3:2:1:1の割合で配合する、
味つけの法則
です。

これさえ覚えれば、レシピがなくても、
いつでも安定した味に。

しょうゆ味、味噌味、酢味の
おかずのバリエーションと、
ドレッシング、たれなどの配合も
教えていただきました。

「3・2・1・1note」と口ずさみながら、
料理がもっと楽しくなること間違いありませんshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月14日 (火)

子どもだけでできるお料理

蒸し暑い日が続きますが、
梅雨があければ夏休み。
子どもたちにとって、さまざまな経験ができる
自由な時間ですね。

発売中の7月号では、
子どもだけでつくることができる、
火を使わないお料理を紹介しますshine
鮭フレークを使った、混ぜずし、
その名も「火なしずし」です。
さっぱりした酢飯と、しそのよい香りで、
暑い季節にぴったり。
20160614_170130_2

田中周子さん
(2012年「きょうなにつくる?」連載)

イラストを見ながらつくれば、
誰でもおいしくできます。

自分でつくったお料理を家族で囲むのは、
きっと楽しい思い出に。
ぜひ、感想を編集部までお寄せください!

clip clip clip
婦人之友社の、
子どものためのお料理・お菓子の本です
9784829200629

「こどもがつくるたのしいお料理」

9784829200636

「こどもがつくるたのしいお菓子」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月10日 (金)

婦人之友7月号 明日発売です!

7月号の表紙は「四ツ葉のクローバー」cloverです。

1607001

【特集】

気になっていたあの場所が片づく!

いつの間にか家の中に物がたまって、“なんだか使いづらい場所”ができていませんか。

続きを読む "婦人之友7月号 明日発売です!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 7日 (火)

シンプルライフを目指したいあなたに 井田典子さんとレッスン

まもなく発売の婦人之友7月号
特集「気になっていたあの場所が片づく!」は、
モノと時間とお金のシンプルライフを
実現するための、片づけレッスン。
20160607_1726442

相模友の会の井田典子さん
アドバイザーになっていただき、
年月とともにモノでいっぱいになっていた
Nさん宅を、スッキリさせました。

問題は大きく分けて4つ。
それを1つずつ解決することで、
気になっていた場所が、次々に片づいていきます。
そして、「スッキリが持続するシステム」のおかげで、
Nさんからは「気持のよい毎日です」との感想も。

7月号
をぜひお読みください。

clip clip clip

*婦人之友社の書籍
『シンプルライフをめざす基本の家事』

『シンプルライフをめざす整理 収納 インテリア』

もどうぞ。
この2冊にも、井田典子さんが登場しています

Photo
  Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本橋成一さん写真展開催中

座談会「共に生きる―いのちの息吹(2014年4月号)」
に登場していただいた、写真家の本橋成一さん
「在り処」と題した写真展を開催中です。

Dscn1224

Dscn1226


炭鉱、大衆芸能、サーカス、
屠場、駅などをテーマに
撮り続けてきた200点以上の作品が、
一堂に展示され見ごたえがあります。

北海道や与論島を撮った
初期未発表作品も公開されています。

clip clip clip

「在り処」 本橋成一

001


■会場

IZU PHOTO MUSEUM

〒411-0931 
静岡県長泉町東野クレマチスの丘(スルガ平)347-1
TEL 055-989-8780
■会館時間

10:00~18:00
(水曜休館) 入館は閉館30分前まで
*7月5日(火)まで

■入館料

大人800円 高・大学生400円 中学生以下無料
■HP

こちらから

(http://izuphoto-museum.jp/index.html)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 3日 (金)

ちょっとひとつみ ハーブとなっぱ

6月号(発売中)から連載が始まった
「ちょっとひとつみ ハーブとなっぱ」。

ハーブ研究家の庄野幸子さんが、
育て方と使い方を教えて下さいます。

6月号
「タイム」と「しそ」

5月始めに5号鉢に植えたコモンタイムは、
気温上昇にびっくりしながらも元気に育っていますbud
20160527_160714_2

蒸し暑くなってきたこの時期、
タイムビネガーはいかがですか?
サラダに大活躍です。
Image

大きなシソの葉を収穫しつづけるコツや、
お料理など、ぜひお役立て下さい。

7月号(6月12日発売)
は、
夏にさわやかなレモングラスです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »