« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月31日 (月)

犬養道子さんを送る

7月24日の早朝、
犬養道子さん(作家・評論家)が帰天されました。
96歳、眠るような最期だったと伺います。

あす8月1日(火)午後1時30分から、
葬儀ミサ・告別式が
カトリック麹町聖イグナチオ教会・主聖堂
(東京都千代田区麹町6-5-1、四谷駅徒歩2分)
で行われます。

お別れをなさりたい読者の皆さまは、
どうぞお出かけ下さい。

犬養さんは、1948年の渡米後、
フランスで聖書学や哲学を学び、
70年代末から世界の難民・飢餓問題に
取り組み執筆。
『人間の大地』などの印税を元に
「犬養基金」を設立、
難民の青少年の教育に最後まで力を尽くされました。

本誌とのご縁は、
お祖父様の犬養毅元首相
(昭和7年に5・15事件で暗殺)の代から3代に渡り、
祖父から幼い道子さんへの愉快な手紙、
一家団欒の様子、お母様の洋風献立など、
楽しい記事が並びます。

(誌面の写真は、
昭和57年4月号 対談 渡辺和子さんと
昭和9年11月号 午後の時
昭和7年9月号 祖父より孫への手紙)
  
20170731_133830


20170731_134553


20170731_134720

2003年、20年がかりの『聖書を旅する』
全10巻を完結後、04年より本誌に
「こころの座標軸」を連載。深く鋭い眼差し、
温かいユーモアを以て綴られる人間の本質、
平和への真摯な姿勢が、
強く読者の共感を呼びました。
そして、06年に単行本として刊行以来、
多くの方々に愛され、版を重ねてきました。

20170731_134048


20170731_134421


表紙のデザインは、
名アートデザイナーとして知られる江島任氏(故人)
の手になるもの。
天空に散らばる小さな星々は、実は手描きです。
「一つひとつの星が、これまで出会ってきた人たちのよう…。
目の前で命を落とした難民の赤ん坊まで、
そんな一人ひとりとの出会いに照らされて、
私の座標軸は定まりました」
と、表紙を手にして微笑まれたことが、
昨日のように思いだされます。

その後も、「婦人之友に書くのは私の楽しみ」と、
読者を友として2015年まで
随時連載を続けてくださったご友情に深く感謝し、
今はすべての重荷を下ろし
神様のみもとで安らかな時をと、
心よりお祈り申し上げます。

--------

■ 『こころの座標軸』は こちら
http://www.fujinnotomo.co.jp/book/essay/b2795/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月28日 (金)

猫も犬も人も 夏を快適に

発売中の『婦人之友』8月号では、
人もつらいけれど
猫や犬はもっとつらい夏への対策
について、
一級建築士でペットケアアドバイザーの
金巻とも子さん
に伺いました。
20170728_132031_4

1年中ダウンジャケットを着ているような犬や猫dogcat
それでも砂漠起源の猫は比較的暑さに鈍感ですが、
犬は夏がとっても苦手です。

動物がお留守番するときの工夫、
散歩について、
猫の飲み水について
などに加えて、
ペットのいない暮らしでも涼を呼ぶ換気の話も。
ぜひお役立てください。

写真は暑そうな犬や猫に集まってもらいました。
涼んでいるのもいます。
Kimg0972_7

暑さに耐えつつ熟睡する、絹美ちゃん。

1_2

「あづい・・」と、そらさん。

Kimg1398_2

少しでも涼しい床にべたー・・。
お腹がラジエーター。西宮在住のアンディくん。

2
「なんだか、涼しい風、でてくる!!」
と、チェックしては、走り去る!

------
婦人之友2017年8月号こちら
http://www.fujinnotomo.co.jp/magazine/fujinnotomo/f201708/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月25日 (火)

子供之友展、いよいよ日曜日まで

天童市美術館で開催中の
「描かれた大正モダン・キッズ 
婦人之友社『子供之友』原画展」

いよいよ今週の日曜日までsign03になりました。

Dsc_6880

Dsc_6864_e

Dscn2752


天童へお邪魔したときのこぼれ話flair

さくらんぼの季節cherry
天童の方たちの頭は
さくらんぼでいっぱいになるそうです。
皆さん知り合いの農家に呼ばれて、
収穫や箱詰めのお手伝いに行かれるのだとか。
これから、さくらんぼをいただく度に
思い出しそうです。

まとまって原画をご覧いただける貴重な機会、
夏休みにぜひお出かけ下さいshine

clip clip clip

描かれた大正モダン・キッズ
婦人之友社『子供之友』原画展

1

2

■会期
2017年6月22日(木)〜7月30日(日)

■休館日
月曜日

■開館時間
9:30〜18:00(入館は30分前まで) 

■入場料
・一般 500円
・高校、大学生 300円
・小、中学生 200円

■会場 
天童市美術館

〒994-0013
山形県天童市老野森一丁目2番2号
tel.023-654-6300

東京駅より山形新幹線でおよそ3時間
JR天童駅より徒歩15分

---------
■ 天童市美術館のHPは こちら
http://www3.ic-net.or.jp/~ten-bi/

■ 婦人之友社特設HPは こちら
http://www.fujinnotomo.co.jp/n…/20170609_kodomonotomo_tendo/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月21日 (金)

母さんカモの子育て記

生活特集の連載「これはまかせて!」
発売中の8月号では、
滋賀県にある吉田尚子さんのお宅を訪ね、
中学3年生、小学4年生の姉妹と、
おじいさんも楽しく家事に参加する様子を
見せていただきました。
4ページの拡大版shineで紹介しています。
20170721_140933

うかがう数日前の6月はじめ、吉田さんから
「うちの庭でカルガモが巣づくりをし、
卵をあたためています」

と写真つきのメールが届きました。

1_2

2_2


わくわくしながらお宅にうかがうと、
「カルガモの巣、見る?」
と、次女の陽さんが案内してくれました。
そこには、じっと動かずに
卵をあたためている母さんカモが……!
3


吉田さんのご自宅は、
自然豊かな田園地帯にあります。
「長年ここに住んでいるけれど、
カルガモが巣をつくったのは初めて。
どこからきたんだろうね」

と、祖父の功さんも不思議そうです。

そして6月下旬、吉田さんからのメールには、
「無事に卵がかえりました。
偶然、朝の写真が撮れましたのでお送りします。
そのあとはどこかへ行ってしまい、
何日か見ているのですが発見できず……。
まさに、グッドタイミングの写真となりました」。


また吉田さんのお庭に帰ってくるのでしょうか。chick

4

5_2

6


7_4


***

今年の5月号
では、
「カラスの言い分を聞いてみよう」と題して、
鳥をテーマに座談会をしました。
その中には、日常の中で気になった鳥に出会うと、
そこからどんどん鳥の世界に入っていってしまう……
という「きっかけ鳥」のお話も。
暑いと下を向いてしまいがち
ですが、ちょっと辺りを見渡して、
鳥を探してみませんか。

------
婦人之友2017年8月号は こちら↓
http://www.fujinnotomo.co.jp/magazine/fujinnotomo/f201708/


婦人之友2017年5月号は こちら↓
http://www.fujinnotomo.co.jp/magazine/fujinnotomo/f201705/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月18日 (火)

天童で子供之友展

東京板橋、姫路、刈谷と巡回してきた
「大正モダン・キッズ 
婦人之友社『子供之友』原画展」

いよいよ最終地の天童市美術館(山形)
7月30日まで開催されています。

婦人之友7月号でつくり方を掲載した
「子供之友からとびだしたワンピース」
斉藤直子さん製作)も
特別に展示しています。
どうぞお出かけ下さい。

1707

ワンピースは展覧会ポスターやチラシにもなっている
村山知義「せいの順」(1926年1月号)
左から2番目の女の子の洋服をヒントに、
似た布を探してつくりました。

clip clip clip

描かれた大正モダン・キッズ
婦人之友社『子供之友』原画展

1

2

■会期
2017年6月22日(木)〜7月30日(日)

■休館日
月曜日

■開館時間
9:30〜18:00(入館は30分前まで) 

■入場料
・一般 500円
・高校、大学生 300円
・小、中学生 200円

■会場 
天童市美術館

〒994-0013
山形県天童市老野森一丁目2番2号
tel.023-654-6300

東京駅より山形新幹線でおよそ3時間
JR天童駅より徒歩15分

---------
■ 天童市美術館のHPは こちら
http://www3.ic-net.or.jp/~ten-bi/

■ 婦人之友 2017年7月号 はこちら
http://www.fujinnotomo.co.jp/magazine/fujinnotomo/f201707/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月11日 (火)

婦人之友8月号は明日発売! 特集は”家カレー”

婦人之友8月号は、明日が発売日!
H1

8月号は、暑い夏にきっと役立てていただける
カレー特集restaurantです。
17081

続きを読む "婦人之友8月号は明日発売! 特集は”家カレー”"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 6日 (木)

封筒のブーケ

発売中の『婦人之友』7月号座談会
「現代片づけ考 アンチミニマリスト宣言も!?」には
田中恒子さん(住居学者)、
稲垣えみ子さん(元新聞記者)、
上野宗則さん(ゆっくり小学校ようむ員)

が、ご出席くださいました。

1707

田中さんは、講演などで
「"捨てなさい"ではなく"買わない"、

簡単に捨ててはいけないのです」

と話してこられました。

現代アートのコレクターとしても知られ、
住まいの中でもお金をかけないで
「美しく遊ぶ」のがポリシー。

座談会の日、
「友社に行くから、プレゼント」と、
毎月の婦人之友が届く封筒で
ブーケをつくってきてくださいました。
Img_0018

カラフルな封筒は、お友だちが
チラシや包装紙から作られたものです。
20170705_165908

ミニマリストへの違和感から企画した座談会、
自分の生活を見直すためにもぜひお読み下さい。


-------

H1_2

■ 婦人之友 2017年7月号 はこちら
http://www.fujinnotomo.co.jp/magazine/fujinnotomo/f201707/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »