« 猫との暮らし | トップページ | 『婦人之友』の姉妹誌、『かぞくのじかん』は、今年 10周年 »

2017年9月22日 (金)

10月号(発売中)の座談会は「モノと心の整え方」

8月の初めに行われた、
10月号「モノと心の整え方」座談会
Fullsizerender

和やかな会が終わり、笑顔がこぼれる4人の出席者
(左から井田典子さん、為末大さん、
島村菜津さん、鷺珠江さん)。

島村菜津さん(ノンフィクション作家)が、
「私、片づけられない人の代表です!」
と話し出すと、
「私もどちらかというと島村さんと同じ。
でも、幸せですよ」

と、鷺珠江さん(河井寛次郎記念館学芸員)
にこやかに応じられ、
和やかに座談会はスタート。

為末大さん(元陸上競技選手)は、
スポーツ選手は今日起きたことを、
翌日の練習までに整理し、
解決することがとても大事と語り、
「片づけるの定義って、どういうことですか?」
と質問。
「整理整頓の整理は区別すること、
整頓が片づけること」
と応えるのは、
これまでに100軒ほどのお宅の片づけをしてきた
井田典子さん(相模友の会会員)
片づけの手前にある“区別”という
ラベリングの行為を上手にすると、
モノも心も整っていくとのお話に、
一同納得する場面も。

「時間の区切りに自分の気持ちが合っていないと、
人はくよくよする。今日は暮れていくのに、
今日の自分が終わらないというような…」

との井田さんの言葉は、
誰しも思いあたることがありそうですね。

4人の出席者が、それぞれの経験や出来事を
客観的に整理し、
自身と素直に向き合うことで生まれる言葉には
説得力があり、
毎日を前向きに過ごす力をいただけます。shine
詳しくは、10月号座談会をお読みください。
20170922_112053

-------
婦人之友2017年10月号は こちら↓
http://www.fujinnotomo.co.jp/magazine/fujinnotomo/f201710/

|

« 猫との暮らし | トップページ | 『婦人之友』の姉妹誌、『かぞくのじかん』は、今年 10周年 »

記事のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534463/65823754

この記事へのトラックバック一覧です: 10月号(発売中)の座談会は「モノと心の整え方」:

« 猫との暮らし | トップページ | 『婦人之友』の姉妹誌、『かぞくのじかん』は、今年 10周年 »