« 草木による和紙夾纈染(きょうけちぞめ)展に行ってきました | トップページ | ごとうみづきさん 広島で絵本の原画展開催 »

2018年1月30日 (火)

いま一度考えてみませんか? エネルギーのこと。映画『おだやかな革命』公開

3.11からまもなく丸7年が経とうとしています。
東日本大震災以降、さまざまな土地で、自然エネルギーへの取り組みや理解が広がりました。
映画『おだやかな革命』は、自然・人・地域と向き合い、自らの手で生活を作り出している人たちを追ったドキュメンタリー映画。今週末2月3日(土)より、東京・東中野ポレポレにて公開されます。
Odayaka_flyer

婦人之友2016年4月号でお訪ねした福島県の佐藤彌右衛門さんも出演しています。佐藤さんは、200年以上続く大和川酒造の当主として働きながら、地産地消のエネルギーとして会津電力を立ち上げ、発電事業をスタート。thunder
その取り組みは、現在多くの地域のモデルケースとなり、佐藤さんの言う「四方四里(四方向、四里=16kmの中で得られる食物を食べ生活することが、人にも自然にもよいとする言い伝え)」の考え方が、各地に根づいてきていることを感じます。
Photo
佐藤彌右衛門さん(会津電力)。

映画では、福島県から、会津電力の佐藤さんと飯舘電力の小林稔さんの姿を追います。小林さんは、飯舘村で畜産業を営み、避難後、佐藤さんに後押しされ、飯舘村に電力会社を立ち上げました。
Photo_2
飯舘村から避難先で牛を育てる小林さん親子。

秋田では、生活クラブ(生協)による市民風力。また、岐阜県郡上市の小さな集落、石徹白に移住した平野さん夫妻は、伝統的な野良着を現代風にアレンジした洋服店を営み、集落存続のために100世帯全戸が出資をした小水力事業を促進。
1_2
石徹白、小水力発電設置風景。

また、岡山県の人口1500人ほどの西粟倉村で、森の再生事業を展開する井筒さんなど、日本各地で起きている小さなエネルギー革命を、渡辺智史監督がていねいに取材しています。shine
Photo_5
監督:渡辺智史

山形県鶴岡市生まれ。2012年に映画『よみがえりのレシピ』公開。教育映像「在来作物で味覚のレッスン」が第9回キッズデザイン賞の「未来を担う消費者デザイン部門」で優秀賞。地域課題に真摯に向き合う、ソー シャルデザインとしての映像制作を探求している。

私たちの生活でも、身近な存在になってきた自然エネルギー。
その先にある暮らしから、本当に幸せな生活とはどんなものかを考えさせてくれます。
ぜひ足をお運びください。

clip clip clip

映画『おだやかな革命』

Odayaka_flyer_2 Odayaka_flyer_ura_3

■ 上映について詳しくは、
『おだやかな革命』公式ホームページ
http://odayaka-kakumei.com/

◇2月3日(公開初日)にマルシェイベント
「SIMPLE LIFE MARKET」開催!◇

石徹白洋品店や、西粟倉の木製品など、映画に登場の「暮らし選択」の機会となる商品やサービスを紹介するマルシェ「SIMPLE LIFE MARKET」が。会場内では渡辺智史監督、映画出演者、ゲストによるトークイベントも開催予定です。

■ イベントについて詳しくは、こちら!
https://www.facebook.com/events/150090032311501/

*4月以降、大阪、名古屋、岐阜での上映も決定
(詳しくは公式ホームページをご確認ください)。

|

« 草木による和紙夾纈染(きょうけちぞめ)展に行ってきました | トップページ | ごとうみづきさん 広島で絵本の原画展開催 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534463/66339021

この記事へのトラックバック一覧です: いま一度考えてみませんか? エネルギーのこと。映画『おだやかな革命』公開:

« 草木による和紙夾纈染(きょうけちぞめ)展に行ってきました | トップページ | ごとうみづきさん 広島で絵本の原画展開催 »