« くるみの木 石村由起子さんの「温故知新」3月号特集から | トップページ | 南インド「タラブックス」から、便りが届きました! »

2018年2月26日 (月)

熊谷守一の世界 3月号対談

発売中の婦人之友3月号対談
「小さな絵に広がる宇宙
——画家・熊谷守一の世界」

です。
1804
亡くなって40年を経てもなお新鮮な作品と、
画壇の仙人とも呼ばれた生き方に
注目が集まっている熊谷守一

対談では、画家で
豊島区立熊谷守一美術館館長の
熊谷榧さん(守一の二女)と、
守一の展覧会に長年携わってこられた
天童市美術館館長・学芸員の
池田良平さん
製作秘話などを語り合います。
A180113_059
熊谷守一美術館では、
収蔵作品展が
4月1日(日)まで開かれており

3月号に掲載の
「桜」「アゲ羽蝶」「母子像」
展示されています。
A180117_016
Photo_2
*熊谷守一美術館(東京都・豊島区)のHPは こちら↓
http://kumagai-morikazu.jp/index.html

国立近代美術館での大回顧展は
3月21日まで。
合わせてお出かけ下さい。

--------

『婦人之友』2018年3月号 はこちら↓
http://www.fujinnotomo.co.jp/magazine/fujinnotomo/f201803/

|

« くるみの木 石村由起子さんの「温故知新」3月号特集から | トップページ | 南インド「タラブックス」から、便りが届きました! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534463/66437665

この記事へのトラックバック一覧です: 熊谷守一の世界 3月号対談:

« くるみの木 石村由起子さんの「温故知新」3月号特集から | トップページ | 南インド「タラブックス」から、便りが届きました! »