« 心身の疲れの出やすい季節に、5月号をお役立てください | トップページ | 武田清子さんの遺言 »

2018年4月18日 (水)

子どもたちの笑顔を支えるCPAOの活動

冷たい雨があがった婦人之友社の庭、
先週開いたモッコウバラ
きれいに咲きそろっていますshine
2img_2717_2
 
「シリーズ・バリアのない社会へ」では、
大阪市生野区のNPO法人CPAO
(シーパオ・子どもの貧困アクショングループ)
を訪ねました。
2dsc_4281_2
 
2013年5月に大阪市北区でおきた、
餓死とみられる
母子の遺体発見事件をきっかけに、
その事件の翌日から、
シングル家庭の貧困と孤立を
支える活動を続けてきたCPAO。
 
様々な事情の親子に寄り添う中で聞かれた、
「安心できる“居場所”がほしい」
という声に応えてつくった
「たつみファクトリー」が、現在の主な活動の場。
週に3回、子どもたちが集まり、ご飯を食べたり、
ピアノや映画、お菓子づくりなど、それぞれが
“やりたい”ことを思いきりできる空間shineです。
 
「お腹いっぱいご飯を食べるから、
思いきり遊べて、ぐっすり眠れる。
当たり前の生活のベースがあって初めて
自分のやりたいこと、未来のことを
考えられるんです」
と代表の徳丸ゆき子さん
 
子どもの貧困は、少しずつ社会に
認知されるようになりましたが、
社会の制度も行政上の対策も、
まだまだ整ってはいません。
「子どもたちの成長は待ったなしです。
力のある人はぜひ、できることを
始めてほしいです」と徳丸さんは話します。
 
子どもたちの“今”と“未来”に
全力で向き合うCPAOの活動、
ぜひお読みください。
 
★子どもたちに大人気の
「里芋素麺コロッケ」
レシピ付きです!restaurant
 
-------
 
婦人之友2018年5月号は こちら↓
NPO法人CPAOのHPは こちら↓
 
 

|

« 心身の疲れの出やすい季節に、5月号をお役立てください | トップページ | 武田清子さんの遺言 »

記事のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534463/66625161

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもたちの笑顔を支えるCPAOの活動:

« 心身の疲れの出やすい季節に、5月号をお役立てください | トップページ | 武田清子さんの遺言 »