« 4月号は片づけ特集 | トップページ | 心身の疲れの出やすい季節に、5月号をお役立てください »

2018年4月10日 (火)

f-tomoカフェ第1回開催しました

本日スタートのトークイベント「f-tomoカフェ」。
社会活動家の湯浅誠さん(本誌筆者で、5月号座談会 にも参加)
を迎えて、第1回目を開催しました。
定員を越す、55人のお客さまがお越しくださり、

「子どもの貧困と、今日から私たちができること」
をテーマに、活発でなごやかな会になりました。
120180410_185148
 
現在、7人に1人と言われながらも、
なかなか見えにくい「子どもの貧困」。
”孤立に結びつく”ところに深刻さがある、と湯浅さん。
子ども食堂は、貧困家庭の子どもだけでなく、
どんな人でも参加でき、
つながりが生まれる場として、
“現代版”のご近所さんや子ども会となるのでは、と。
「誰でも気軽に、一度足を運んでみて下さい」と、
ていねいにお話しくださいました。
 
参加者とは活発な質疑応答が。
「普段、子どもに関わる機会がない自分には、
どんなことができますか」という質問や、
実際に学校や地域で、厳しい状況をかかえた親子と
日々関わる方からの感想も聞かれました。
 
湯浅さんは最後に、
「見えないことは無視につながり、
関心は尊重につながる」
というアメリカのジャーナリスト、
スティーブン・グリーンハウスさんの言葉を紹介。
120180410_200710
 
120180410_211932
 
この4月に始めた、
子ども食堂の保険加入を後押しする
クラウドファンディングには、会場から多くの賛同があり、
一人ひとりができることをしていくことの
大切さを皆で実感した時間でした。
 
■クラウドファンデイングについて詳しくは、こちら から
この会の詳しい様子は、
5月11日発売予定の「婦人之友6月号」に掲載します。
★次回「f-tomoカフェ」
井田典子さんと語る
「モノと時間と心の整理」
は、本日より予約を開始しております。
ぜひお越しください。
 
■□■□■
 
【4月10日(火)予約開始!】
井田典子さんと語る
「モノと時間と心の整理」
 
●日時:
2018 年5月11 日(金)
18:30~20:00(18:00 受付開始)
●場所:
豊島区西池袋 2-20-16 
婦人之友社 3Fホール
●対象:
50名(高校生以上・先着順、満席になり次第締切)
●参加費:
1500円(本誌2018 年5月号持参の方は 1300円)
当日お支払い
●お申し込み先アドレス:
https://ftomocaffe2.peatix.com/
(faxの場合は・氏名、年齢、電話番号を明記の上、
03-3981-6747 まで)
●お問い合わせ:
ftomo@fujinnotomo.co.jp(tel 03-3971-0101)
 
------
 
1h1  
■婦人之友2018年5月号は こちら↓
 
■婦人之友2018年6月号の予告は こちら↓
 
 

|

« 4月号は片づけ特集 | トップページ | 心身の疲れの出やすい季節に、5月号をお役立てください »

編集部のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534463/66597009

この記事へのトラックバック一覧です: f-tomoカフェ第1回開催しました:

« 4月号は片づけ特集 | トップページ | 心身の疲れの出やすい季節に、5月号をお役立てください »