« 刈谷(愛知)でタラブックス展 | トップページ | 第2回f-tomoカフェ 井田典子さんの会を開催しました! »

2018年5月10日 (木)

婦人之友6月号、発売になりました!

梅雨入りも間近。
じめじめする季節を
少しでも快適に過ごす工夫を、
特集しました。
また、坂本龍一さん(音楽家)と、
国谷裕子さん(キャスター)の
スペシャル対談も!shine
 
1806_2
 
お店に並ぶ色とりどりの傘やレインコートには、
素材や形によってそれぞれ特徴が。
選び方のポイントと、防水加工が長持ちする
使い方や手入れ法を、
アンブレラ・マスターに聞きました。
エアコンを賢く使って快適空間をつくるコツ
衣類や靴の湿気対策は、
今日から役立てていただけます。
18061_2
 
18062_2
雨の日が美しい、
京都・奈良・鎌倉の「古都アジサイ散歩」
この時季、さわやかさを呼ぶ
「しそジュース」のつくり方も紹介。
18063_2
 
そして、お待たせした、
坂本龍一さん国谷裕子さんによる
対談が実現!
1806_3
米同時多発テロ直後のニューヨークで
顔を合わせた、という二人。
それから17年たったいま、
日本だけでなく、
世界中で感じられる
“生きにくさ”の根底に
あるものとはなにか。
テクノロジーと人間は、
どのような関係を築くのか。
資源を次々と消費し、
大量のゴミを残す私たちが、
次世代に手渡すものは。
「未来からの視点 
音楽とジャーナリズムにできること」
音楽家とジャーナリストの感性あふれる言葉に、
ぜひ、耳を傾けてください。
 
【シリーズ・バリアのない社会へ】は、
大阪市阿倍野区にある、最重度の自閉症や、
知的障害の人たちの通所生活介護施設、
「アトリエ・コーナス」を訪ねました。
1806_4
下町の風景が残る路地の一角、
古い町屋のアトリエでは、
今日もメンバーが絵を描いたり、制作をしたり。
ガラス戸越しによく見える思い思いの姿に、
「何をしているのかな、楽しそう」と
街行く人が足をとめることも。
好きな画材や手法、好きなタイミングと場所で、
自由に表現と向き合う、メンバーたち。
アートを通して、親も子も、
また地域の人々の心も開かれていった様子を、
ユニークな作品とともにご覧ください。
 
 
【料理】は、シンプルな調理法で、初夏を味わう
おかずと常備菜5品を、
成瀬すみれさんに教えていただきました。
1806_5
〈牛肉と野菜のさっと煮/鯵の土蔵焼き/
豆腐とそら豆の卵とじ/砂肝とセロリの南蛮漬け/
トマトの酢味噌和え〉
【お菓子】は韓国のお餅 モドゥベギ。
1806_6
韓国人は、お餅が大好き、とキム・スジンさん
もち粉、砂糖、卵、牛乳を混ぜ、
ナッツやドライフルーツを入れて焼くだけ。
フライパンでつくれるこのお餅は、
ほんのり甘く、冷凍しておけば
朝食にもなります。
-------
 
婦人之友2018年6月号は こちら↓

|

« 刈谷(愛知)でタラブックス展 | トップページ | 第2回f-tomoカフェ 井田典子さんの会を開催しました! »

新刊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534463/66704703

この記事へのトラックバック一覧です: 婦人之友6月号、発売になりました!:

« 刈谷(愛知)でタラブックス展 | トップページ | 第2回f-tomoカフェ 井田典子さんの会を開催しました! »