« 「タネ採り」してみませんか | トップページ | 「まかせる家事のコツ」座談会、佐川家の台所 »

2018年6月26日 (火)

"気象痛"の季節ですね

発売中の『婦人之友』7月号
健康往来沢田はしもと内科
橋本しをり先生(神経内科医)
頭痛について教えていただきましたshine

220180626_152502

以前に比べて、頭痛薬が格段によくなり、
頭痛と上手につきあえる時代になったそうです。
 
「気象痛」とは
まだ医学的には解明されていませんが、
天気や気圧の変化で頭痛が起こるもの。
 
女性の多い編集部、
お天気が悪くなりそうなときなど、
あちこちで、「頭が痛いbearing」と
声が聞こえていましたが

今は互いに「気象痛?」と聞き合うように。
それだけでも少し気が楽になります。
 
記事では、最近注目されている
頭痛薬の取り過ぎによる頭痛や
頭痛体操、頭痛ダイアリーについて
なども伺いました。
 
どうぞお役立てください。
 
-------
 
婦人之友2018年7月号は こちら↓
http://www.fujinnotomo.co.jp/magazine/fujinnotomo/f201807/
 
 

« 「タネ採り」してみませんか | トップページ | 「まかせる家事のコツ」座談会、佐川家の台所 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534463/66872754

この記事へのトラックバック一覧です: "気象痛"の季節ですね:

« 「タネ採り」してみませんか | トップページ | 「まかせる家事のコツ」座談会、佐川家の台所 »