« 「まかせる家事のコツ」座談会、佐川家の台所 | トップページ | 婦人之友8月号は、明日発売です! »

2018年7月 9日 (月)

第4回f-tomoカフェは、松本侑壬子さんを迎えて

西日本を中心とする豪雨により
被害を受けられた地域の皆さまに、
心よりお見舞い申し上げます。
 
 
『婦人之友』の読者・筆者・編集部がつながる
トークイベントf-tomoカフェも、はや4回目。
今日は、婦人之友社3階ホールに、
松本侑壬子さん(映画評論家・ジャーナリスト)
お迎えしました。
_mg_4556

松本さんは、本誌に
映画評「cinema―女と男」を連載して15年!shine
映画評といえば男性の筆者が
ほとんどだった時代から、
女性の視点で話題の映画を取り上げ、
映画のおもしろさ、その世界の広がりを
伝えて下さっています。
 
「映画の時間・わたしの時間」と題したお話は、
「私が初めて出合った映画は、5歳のとき、
生まれ育った鳥取のがらんとした映画館で観た
『ターザン』。その迫力に恐くて顔をおおい、
指のすき間からのぞいていたんですよ」
など尽きないエピソードに、あっという間の1時間半。
 
_mg_4557
 
「松本さんが“これは見るべき”と
お勧めの映画は?」
との質問に、
「映画は時代を、そして観る人の心を映す鏡。
その観方は100人100様。
だからおもしろいの」と。
 
会場には、刷り上ったばかりの
本誌8月号に加え、6月号 で紹介した
「しそジュース」も。

_mg_4465

雨上がりに参加してくださった皆さんと共にした、
おいしく楽しい時でした。参加者からは、
「松本さんの(映画に対する)熱い思いを
いっぱい感じられて、幸せでした」
という感想がたくさん寄せられました。
 
8月は、f-tomoカフェも夏休みです。sun
次回第5回は、「婦人之友」の表紙絵を
描いて下さっている、網中いづるさん。
明日、予約開始です!flair
 
clip clip clip
  
第5回 f-tomoカフェ
「網中いづるさんと語る 
『婦人之友』の表紙ができるまで」
 
雑誌挿絵から絵本まで、色鮮やかな世界。
暮らしを豊かにする創作のようすを伺います。
 
●日時:
2018 年9月3日(月)
18:30~20:00(18:00 受付開始)
●場所:
豊島区西池袋 2-31-3 
自由学園明日館ラウンジホール
●対象:
50名
(高校生以上・先着順、満席になり次第締切)
●参加費:
1500円
(本誌2018 年8月号/9月号持参の方は 1300円)
当日お支払い
●お申し込み先アドレス:
https://ftomocafe5.peatix.com/
(faxの場合は・氏名、年齢、
電話番号を明記の上、03-3981-6747 まで)
●お問い合わせ:
ftomo@fujinnotomo.co.jp
(tel 03-3971-0101)
 
------
 
《今後ご登場のゲスト》
 
福岡伸一さん(日時未定)
(分子生物学者・「わたしの・すきな・もの」連載中
ほか

« 「まかせる家事のコツ」座談会、佐川家の台所 | トップページ | 婦人之友8月号は、明日発売です! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534463/66923373

この記事へのトラックバック一覧です: 第4回f-tomoカフェは、松本侑壬子さんを迎えて:

« 「まかせる家事のコツ」座談会、佐川家の台所 | トップページ | 婦人之友8月号は、明日発売です! »