« 9月号は明日発売です! | トップページ | f-tomoカフェ網中さん もうすぐ募集締め切りです! »

2018年8月17日 (金)

「認知症ってこんなもの」と思いこんでいませんか?

好評発売中の9月号。座談会では、
名古屋市に暮らす、当事者のお話を聞きました。
 
20180817_193151
 
日本で認知症の人は、
予備軍も入れると800万人を超え、
65歳以上の4人に1人とも言われます。
いまや、誰でもなる可能性がある認知症――。
 
1972年には『恍惚の人』(有吉佐和子著)
ベストセラーとなり、
83年には、「介護」という言葉が
初めて広辞苑に。
94年には、高齢化率が人口の14%を占め、
日本は「高齢化社会」に。
そして、2004年には、
厚労省が「痴呆」の名称を「認知症」に変更。
12年、高齢化率は21%、
「超高齢化社会」となり、
16年の高齢化率は27.3%までに。
 
そんな中で、家族や医療など
介護する側の視点で捉えられてきた
「認知症」が、
当事者本人の言葉で語りだされています。
 
51歳でアルツハイマー型認知症の
診断を受けた山田真由美さんは、
物の位置や向きを認識しづらい
「空間認知障害」
着替えに4~5時間
かかってしまうこともあるものの、
元気いっぱいに講演や相談活動も。
やさしい笑顔の佐々木文恵さんは、
物忘れはあっても、
料理や縫物もこなす現役主婦です。
「支えてもらうだけではないし、
認知症=こわいものという
イメージが変わるといいな」と。
 
ごいっしょに、認知症と共に生きる、
これからの私たちの社会を
考えてみませんか。
 
-------
 
婦人之友2018年9月号は こちら↓
 
 

« 9月号は明日発売です! | トップページ | f-tomoカフェ網中さん もうすぐ募集締め切りです! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534463/67067014

この記事へのトラックバック一覧です: 「認知症ってこんなもの」と思いこんでいませんか?:

« 9月号は明日発売です! | トップページ | f-tomoカフェ網中さん もうすぐ募集締め切りです! »