« 海原純子さんのf-tomoカフェ、ダイジェスト読めます | トップページ | 第5回ftomoカフェ 網中さんの会が行われました »

2018年9月 7日 (金)

「広島の被爆米兵」がアニメ映画に

9月6日未明に起きた、
北海道胆振東部地域を震源とする地震により
被災された皆さまに、
心よりお見舞い申し上げます。
続く余震、停電や断水、
情報の伝達もままならず、
どんなに大きな不安の中におられるでしょうか。
一刻も早くライフラインが復旧しますよう、
お祈りいたします。
-*-*-*-*-*-*-*-*-
好評発売中の『婦人之友』の9月号では、
広島で被爆死した米兵の足跡をたどり、
遺族を探して40余年となる森重昭さん81歳)
「初渡米記」を紹介しました。

Photo_2

半世紀におよぶその活動と、
遺族との交流の様子を描いた映画
「灯籠流し(Paper Lanterns)
2016年に公開され、
同年に広島を初訪問したオバマ前米大統領
抱擁を交わした森さん。
この5月、森さんご夫妻を、
映画監督のバリー・フレシェットさんらが
アメリカに招待しました。
各地での「灯籠流し」の上映会に加え、
ご夫妻は被爆米兵の一人
ブリセットさんの故郷・ボストン郊外では、
被爆死した12人の慰霊碑の除幕式に参加。
遺族と出会い、念願だった
ブリセットさんのお墓参りも果たしました。
また、ニューヨークの国連本部では
「灯籠流し」の上映会の後に、
核廃絶を訴えるスピーチをして、
感動した聴衆が壇上に駆け寄る一幕も
あったそうです。
 
18091
サンフランシスコのオペラハウスで。
日本がサンフランシスコ平和条約を結んだ場所。
左から、バリー監督、森 佳代子さん、森 重昭さん。

そんな「被爆米兵」の物語が、
アニメ映画になります。きっかけは、
「スノー・マン」「風が吹くとき」
などの名作で知られるアニメーション監督、
日系米国人の故ジミー・ムラカミさんが、
7年前に森さんを訪ねたことにありました。
「最後の作品は広島を舞台としたい」
というジミーさんに、森さんは
「原爆犠牲者に国籍は関係ない。
被爆の実態を描くことを条件に、
アニメ化への協力を申し出ました」
と。

志半ばで逝ったジミーさんの遺志を継ぎ、
脚本を富川元文さん(カンヌ映画祭
パルムドール受賞作「うなぎ」)
が、
キャラクターは人気漫画家の
かわぐちかいじさんが担当。
核のない世界を願って、
戦後75年夏の完成を目指します。
 
-------
 
婦人之友2018年9月号は こちら↓
 
 

« 海原純子さんのf-tomoカフェ、ダイジェスト読めます | トップページ | 第5回ftomoカフェ 網中さんの会が行われました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534463/67141306

この記事へのトラックバック一覧です: 「広島の被爆米兵」がアニメ映画に:

« 海原純子さんのf-tomoカフェ、ダイジェスト読めます | トップページ | 第5回ftomoカフェ 網中さんの会が行われました »