« 福岡伸一さんf-tomoカフェは、 『動的平衡』と“フェルメールおたく”のお話 | トップページ | 今日からあなたも、アイロン上手に! »

2018年11月 6日 (火)

『婦人之友』11月号発売中です!!

毎年、11月 、12月号は、「家計特集」!
今年は「教育費」を取り上げました。

18121

とにかく膨大な金額がかかる、
と言われる教育費。
“いったいいつ、何に、いくらかかるの?”
そんなギモンに
「教育費、見える化マップ」が答えます。
また、現在利用する学生が増えている
“奨学金”について、専門家のアドバイスを。
奨学金って? 借りるときに考えることは?
万一返せなくなったら?
といった疑問や、
実際に奨学金で教育費のピークを
乗り越えた家族の実例など、
“困らないヒント”が満載です。
教育費はその金額の大きさに
目がいきがちですが、
大切なのは
「教育の目的とは何か」
「子どもも家族の一員として、
夢や希望をどうかなえるか、
親子で考える」
こと。
それぞれの家庭で、親子で真剣にやりとりし、
子どもたちが失敗しながらも
たくましく成長する姿を
5つの実例で紹介しています。

18122

「子どもの自立のために、
親ができることは、
毎日を丁寧に生きようとすることです」
と、談話を寄せてくださったのは、
大日向雅美さん(恵泉女学園大学学長)
大人も子どももともに成長し、
よく生きていくために、いまあるお金をどう使うか。
教育費の山がこれからの人も、もう終わった人も、
ぜひもう一度、考えてみませんか。
11月号では他にも、
様々な記事を掲載しています。
◎対談「歌のある暮らし」
本誌「生活歌集」選者の小島ゆかりさんと、
小島なおさんの歌人母娘が、
それぞれの歌との関わり方や、
三十一音に瞬間をこめる愉しさ、
奥深さについて語ります。
福岡伸一さん「わたしの・すきな・もの」
今回は「現代アート風のペン立て」。
さまざまなものに好奇心いっぱいのハカセが、
不思議なペン立てを手に入れたのは・・・。
◎「BOOK」
若松英輔さんが絵本を紹介。
『今日も明日も上機嫌。モタさんの“言葉”』
(斎藤茂太・文/松本春野・絵)と、
インド製の手刷りの『つなみ』。
「よい絵本は、疲れ、乾いた心に
水を注ぎこむような働きがある」と若松さん。
忙しい日々に、一冊の本で安らぎの時間を。
◎料理
Macoさん「元気のでる和のごはん」
ボリュームたっぷりの味噌カツなど、
育ち盛りの子どもたちの
食欲にも答えるメニュー。
ぜひお試しください。
------
 
婦人之友2018年11月号は こちら↓

« 福岡伸一さんf-tomoカフェは、 『動的平衡』と“フェルメールおたく”のお話 | トップページ | 今日からあなたも、アイロン上手に! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534463/67353342

この記事へのトラックバック一覧です: 『婦人之友』11月号発売中です!!:

« 福岡伸一さんf-tomoカフェは、 『動的平衡』と“フェルメールおたく”のお話 | トップページ | 今日からあなたも、アイロン上手に! »