« 今日からあなたも、アイロン上手に! | トップページ | 毎日の健康を支える、野菜たっぷりレシピ »

2018年11月12日 (月)

婦人之友12月号は、本日発売です!

早いもので、2018年も
残すところ
あと1カ月半。

『婦人之友』12月号は、
本日発売です。
 
 

Cover3_2



特集は

「人生100年時代の
暮らしと家計の知恵50」


18121

 
「お金・健康・暮らし」の充実について、

家計簿のベテランの方々などから

伺った「50の知恵」を紹介します。
 

18122

実例は、酪農の仕事を営む、

30代の小林芳子さん一家

毎年10月に来年のお金の使い方を

決める家族会議を開き、

家計の中から、どう希望を実現できるか、

とことん話し合うのだとか。

40代の松本あかねさんは、

これまで何度か家計簿記帳に挫折。

ベテラン若松紀子さんに、

つけ方を教わりました。

現金もキャッシュレスも含めて、

お金の動きを把握し、

工夫を楽しんで――。


このほか、今日から実践してみたくなる、

知恵や工夫がたくさん。

クリスマスの食卓を華やかにxmas

手間をかけずに整えられるレシピ5つを、

上田淳子さんに教えていただきました。
1812_2

前日準備と当日の段どりの解説つきflairで、

家族やお客さまと
楽しく
ゆったり時をすごせます。
◎鶏肉のグランメール風

◎れんこんのトマト煮

◎ブロッコリーとカリフラワーの彩り蒸し

◎白菜のクリーム煮

◎シーフードピラフ


お菓子もクリスマスにふさわしく、

舘野鏡子さんショコラクリームケーキshine

手作りのヒイラギチョコ飾りが素敵です。
106_109_


毎回好評のシンプル刺繍は、
デンマークの伝統的な

クリスマスモチーフ
を刺しますbell
110111_

座談会のテーマは「日記」

「私の祖母の日記が見つかって」と、

出席者の佐藤恵子さんが

紹介してくださったのは、

70年ほど前、石巻市十三浜の毎日を

淡々と綴った、
若い女性の生活記録でした。

1812_3

「リアルな生活の記録は、

社会や地域の宝だと思います。

地域の未来を考える時、

そこにあった歴史や暮らしを

踏まえて考えることが、

力になっていくと思う」

と話す、
宮内泰介さん(北海道大学大学院教授)

長年、石巻市北上町の食文化を

調査研究して来られました。

結婚以来50年にわたり、

「主婦日記」「家計簿」を
つけ続けている
加藤圭子さんと、

それらの日記を囲んで、
話し合いました。

新しい年に、

ぜひ「日記」をつけ始めてみませんか。

シリーズ「バリアのない社会へ」

最終回は、ボランティアがテーマ。

076084_

災害やオリンピックの
スタッフ募集をめぐり、

ボランティアのあり方が
注目がされています。

記事では、
被災地NGO恊働センターの

増島智子さん
に、
災害ボランティアの経験を、

またNPO法の設立に尽力した、
NPO法人シーズの関口宏聡さん

お話を伺いました。

大学生たちの
オリンピックボランティアに対する声、
東京大学大学院准教授の

仁平典宏さん
のご意見も。
------
 
婦人之友2018年12月号は こちら↓

« 今日からあなたも、アイロン上手に! | トップページ | 毎日の健康を支える、野菜たっぷりレシピ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534463/67363790

この記事へのトラックバック一覧です: 婦人之友12月号は、本日発売です!:

« 今日からあなたも、アイロン上手に! | トップページ | 毎日の健康を支える、野菜たっぷりレシピ »