« 毎日の健康を支える、野菜たっぷりレシピ | トップページ | 気軽に手づくりクリスマス »

2018年11月22日 (木)

『婦人之友』12月号、シリーズ「バリアのない社会へ」最終回です

シリーズ「バリアのない社会へ」も最終回。
12月号 では「ボランティアはなんのために?」
をテーマに、災害ボランティアや
2020年に向けて話題の
「オリンピックボランティア」について考えました。
Img_4988
10月、都とオリンピック組織委員会が
開催する説明会に参加。
会場には、これまでの五輪に関する
パネル展示をはじめ、大会マスコットの
ミライトワ、ソメイティと
記念写真が撮れるブースやグッズ販売なども。
平日の午後にもかかわらず、満席でしたが、
全体の平均年齢はやや高めな印象です。
都の担当者からは、
「若い方の希望者は、
これから増えてくると思う」

とのコメントが。
若者たちは、本当にオリンピックボランティアに
関心があるのでしょうか?
都内数カ所の大学キャンパスを訪ねたところ、
20名ほどの学生が話をしてくれました。
率直な意見が次々と出て、
学生たちの思いを肌で感じました。
次に向かったのは東京大学大学院。
教育学、社会学の立場から
この問題を発信している
仁平典宏さんにお話を聞きました。
1時間半のインタビューで一番印象に残ったのは
「大学の責任の大きさ」
単位付与問題などに対する
新たな視座が生まれました。
2020年東京五輪まであと2年。
ただ熱狂に流されるのではなく、
冷静にみなさんと考えていきたいと思います。
------
 
婦人之友2018年12月号は こちら↓

« 毎日の健康を支える、野菜たっぷりレシピ | トップページ | 気軽に手づくりクリスマス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534463/67407554

この記事へのトラックバック一覧です: 『婦人之友』12月号、シリーズ「バリアのない社会へ」最終回です:

« 毎日の健康を支える、野菜たっぷりレシピ | トップページ | 気軽に手づくりクリスマス »