« 福岡伸一さん「わたしの すきな もの展」(入場無料) 開催中! 新刊記念講演会では“フェルメールの音楽”も | トップページ | もうすぐ創刊117年! 校了になった4月号には、井田典子さんの記事も »

2019年2月22日 (金)

乳酸菌の力で元気に。 3月号、ロシアの「野菜の乳酸発酵漬け」はすぐつくれます

発売中の3月号
発酵生活のススメの特集が好評です。
Cover_201903

中でも、ロシアの保存食
「キャベツの乳酸発酵漬け」は、
ざくざく切った野菜に、
塩水を注ぐだけの簡単さ
20190222_122834
「すぐつくってみました」

「しょっぱくないので、
サラダ代わりにどんどん食べられます」

「漬け汁ごとスープにってどうなのかと、
おそるおそる試したら、くせになるおいしさ!」


などの声が届いています。
「2日たっても、
漬け汁からキャベツが顔を出しています。
このままで大丈夫でしょうか?」

と質問も。
気温によって発酵の進み具合はちがいますから、
そんなときは、清潔な菜箸などで、
漬け汁に沈めてください。
だんだんカサが減ってきます。
大きなキャベツを、
使いきれないときなどにもお勧めです
Naisi4048
撮影/原 務

------

婦人之友2019年3月号は こちら↓

« 福岡伸一さん「わたしの すきな もの展」(入場無料) 開催中! 新刊記念講演会では“フェルメールの音楽”も | トップページ | もうすぐ創刊117年! 校了になった4月号には、井田典子さんの記事も »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 乳酸菌の力で元気に。 3月号、ロシアの「野菜の乳酸発酵漬け」はすぐつくれます:

« 福岡伸一さん「わたしの すきな もの展」(入場無料) 開催中! 新刊記念講演会では“フェルメールの音楽”も | トップページ | もうすぐ創刊117年! 校了になった4月号には、井田典子さんの記事も »