« オペラシアター こんにゃく座の公演に伺いました | トップページ | 福岡伸一さん「わたしの すきな もの展」(入場無料) 開催中! 新刊記念講演会では“フェルメールの音楽”も »

2019年2月12日 (火)

本日発売3月号の特集は、 おいしくてヘルシーな「発酵生活のススメ」

婦人之友3月号は、本日発売です!
 
Cover_201903
 
抗菌、消臭をうたう商品が溢れる現代社会。
でも、日本人はカビ菌をはじめ、
多様な微生物と共に
豊かな文化を築いてきました。
熟成の時間を「待つ」楽しみ、
ビタミン・ミネラルが豊富な
発酵食品のおいしさを再確認したい、
と特集しました。
19031_2
 
19032
「インフルエンザや
花粉症予防に発酵食品!」
「善玉菌で腸活!免疫力アップ!」
など、発酵の健康効果が
多く語られるようになりました。
このような状況を
「発酵ブーム」と見る人もいますが、
今回、お話を伺った
発酵学の第一人者の小泉武夫さん
「ブーム」ではなく、再び、私たちの暮らしに
発酵食品が定着したとおっしゃっていました。
 
「発酵生活」にお勧めは、
荻野恭子さんの「乳酸発酵漬け」。
サラダにするだけでなく、
汁ごと使ってスープにすると、
いわゆる「スープの素」を入れなくても
美味しいヒトサラにflair
 
キム スジンさんの「玉ねぎエキス」は、
2~3週間かけて発酵させます。
乳酸菌たっぷりのエキスを使ったレシピ
(水キムチ、煮物など)もぜひお試しください。
この時期、自然食品店などの店頭に
味噌用に大豆や麹、粗塩が並んでいます。
撮影で実際に仕込んでみて、
意外と簡単でしたshine
みなさんも、チャレンジしてみませんか。
 
 1903
プラスチックフリーの連載は、
すぐに取り組める
プラごみを減らす5つの知恵です。
2月号で投書を募集したところ、
反響が大きく、読者の皆さんが一緒に
実践してくださっていることを実感しました。
7月の「プラスチックゴミを出さずにすごそう!」
という世界規模の取り組みへの参加を目標に、
今号では台所を見直します。  
 

1903_2
対談は、
国連軍縮担当事務次長の
中満泉さんと、
ワールド・ビジョン・ジャパン事務局長の
木内真理子さんが、
お忙しい時間をやりくりして、
日々課題に直面する
それぞれの活動から語ってくださいました。
中で触れられるSDGsも
持続可能な世界のあり方を目指す、
一つの行動規範。
ひとつの「モノサシ」になるものです。
SDGsを「自分の問題」と捉えると、
「プラごみ減量」は
その一歩となるのではないでしょうか。
 
お料理は、門倉多仁亜さん
「春を待つ食卓」
1903_3

お菓子は、大泉恵子さん
「シュークリーム」
1903_4

------

婦人之友2019年3月号は こちら↓

« オペラシアター こんにゃく座の公演に伺いました | トップページ | 福岡伸一さん「わたしの すきな もの展」(入場無料) 開催中! 新刊記念講演会では“フェルメールの音楽”も »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534463/67680053

この記事へのトラックバック一覧です: 本日発売3月号の特集は、 おいしくてヘルシーな「発酵生活のススメ」:

« オペラシアター こんにゃく座の公演に伺いました | トップページ | 福岡伸一さん「わたしの すきな もの展」(入場無料) 開催中! 新刊記念講演会では“フェルメールの音楽”も »