« 今日は、婦人之友4月号の発売日。創刊117年を迎えました | トップページ | 井田典子さん新刊『「ガラクタのない家」』本日発売! 初版を購入すると井田さんの片づけ訪問に応募できます! »

2019年3月14日 (木)

f-tomoカフェ開催しました。 藍原寛子さんと語る「福島のいま」

3月8日(金)、自由学園明日館に
ジャーナリストの藍原寛子さんをお迎えし、
f-tomoカフェを開催、
「東日本大震災から8年 福島のいま」
をテーマに、満場の参加者と語り合いました。
_mg_9863
「『福島を忘れない』ということばには、
終わったことだけれど忘れない、
という考え方を感じる。
『福島を思う、見つめる』
の方がしっくりくる」
という避難中の方のひとことに、
はっとしたこと。
原発事故の体験という、
人の想像やSFを超えた状況を伝える
ご自身の葛藤。
藍原さんの実感のこもったお話に、
会場は引き込まれました。
_mg_9888
質疑では、福島に暮らす方や、
お子さんが福島に遊学していた縁で、
「ずっとモヤモヤした思いを抱えていた」
という方からの声も。

_mg_9902

3月11日を前に、心に深く響く時間になりました。
講演の速報は、5月号に掲載予定。
どうぞお楽しみに!

« 今日は、婦人之友4月号の発売日。創刊117年を迎えました | トップページ | 井田典子さん新刊『「ガラクタのない家」』本日発売! 初版を購入すると井田さんの片づけ訪問に応募できます! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: f-tomoカフェ開催しました。 藍原寛子さんと語る「福島のいま」:

« 今日は、婦人之友4月号の発売日。創刊117年を迎えました | トップページ | 井田典子さん新刊『「ガラクタのない家」』本日発売! 初版を購入すると井田さんの片づけ訪問に応募できます! »