« 3月号で紹介した「自家製味噌」レシピ。 1月に仕込んで半年、香りのよいお味噌になりました | トップページ | わが家でもすっかり定番 飛田和緒さんの秋野菜を楽しむレシピ »

2019年8月26日 (月)

もうすぐ新学期、9月号(発売中)では 「不登校新聞」編集長・石井志昂さんのお話を掲載

8月もあとわずか。
早いところでは、
今日から新学期、という学校も
あるようです。
一方で長い休み後のこの時期は、
学校へ行きたくない、行けないという
気持ちをかかえる子どもたちには
いっそうつらい時です。

発売中の9月号では、
1998年創刊の「不登校新聞」編集長
石井志昂さんにお話を伺いました。
20190826-184309
ご自身も不登校だった石井さんは、
学校に行かなくなる前に
「フリースクール」のことを知り、
学校以外にも行ける場所があるということに
救われた、といいます。

不登校になったからといって、
一生引きこもるわけではありません
子どもが“学校にいきたくない”と言えば
確かに親も少なからず動揺するでしょう」
その中で「“大丈夫。学校の外にも道はある”
言ってあげられるように、
ぜひ情報を集めてください」
と石井さん。

大切なのは、このさきの将来よりも、
“今”ここで苦しんでいる
子どものためにできること。
「苦しんでいる人の横に来て
一緒に歩んでくれる人の存在があれば、
困難はあっても着実に前に進んでいける」
現在、編集長として多くの当事者の
子どもたちと関わる石井さんは、
こう話します。

壁にぶつかり、足がとまる時は、
子どもにも、大人にも。
「立ちどまっても、大丈夫
そんなメッセージを、ぜひお読みください。


--------

婦人之友2019年9月号は、こちら↓
https://www.fujinnotomo.co.jp/magazine/fujinnotomo/f201909/

----

■本日、石井志昂さんがテレビに出演されます。
NHK総合 午後10時 (再放送 毎週金曜 午後11時50分)
逆転人生 「受験全滅 不登校から大逆転」
https://www4.nhk.or.jp/gyakuten-j/x/2019-08-26/21/11556/1795017/

 

 

« 3月号で紹介した「自家製味噌」レシピ。 1月に仕込んで半年、香りのよいお味噌になりました | トップページ | わが家でもすっかり定番 飛田和緒さんの秋野菜を楽しむレシピ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 3月号で紹介した「自家製味噌」レシピ。 1月に仕込んで半年、香りのよいお味噌になりました | トップページ | わが家でもすっかり定番 飛田和緒さんの秋野菜を楽しむレシピ »