« 山崎美津江さん 27日(月)あさイチに出演 | トップページ | 3月号、本日発売です! »

2020年1月30日 (木)

2月号の座談会 「語ろう! パラスポーツの魅力と可能性」。 が好評です。


が好評です。今夏開催される、
オリンピック・パラリンピックを前に、
ますます注目される
パラスポーツの魅力、その舞台裏を
2月号の座談会
「語ろう! パラスポーツの魅力と可能性」
では、迫力ある写真とともに紹介しています。
2002_20200130183901

出席者は、
●増田明美さん
スポーツジャーナリスト、
日本障がい者スポーツ協会評議員
●臼井二美男さん
スポーツ用義足開発・製作の第一人者
●佐藤圭太さん
リオパラリンピック陸上400m銀メダリスト
●吉村もとさん
パラスポーツを中心に活動するカメラマン
20022_20200130183801

お話は、それぞれの
パラスポーツとの出会いから。
臼井さんは当時日本にはなかった
スポーツ用義足を独学で作成。
「20代の人に試しに着けてもらって、
職場の廊下を5歩くらい
ポンポンと走ったら、
みんな、涙を流して喜んだ」
と話します。
 
それから30年余り、
義足や“障がい者”のイメージも
少しずつ変化してきたと、口々に。
「海外で感じるのは、みんな
パラスポーツも、スポーツとして
気軽に見にきていること。
車いすラグビーとかバスケを
ビール飲みながら、行けー!と」
と吉村さん。佐藤選手も、
「パラ陸上をしているという感覚はない、
義足は身の一部、
自分の足を使うのと一緒」
と話します。
095

「スポーツには、する、観る、支える
の、3つの側面が。魅力的な選手が育って、
若い人が支えてくれれば、
自然に障がいの有無を超えた、
共生社会が広がりますね」と増田さん。
スポーツとしての魅力、
人間の身体と精神の素晴らしさ
そんなたくさんの楽しみ方がある
パラスポーツ。
5月の連休には、新しい新国立競技場で
パラ陸上競技大会が!
ぜひ、座談会を読んで、
選手たちの応援をしてみませんか。
 
---------
婦人之友2020年2月号は こちら↓
https://www.fujinnotomo.co.jp/magazine/fujinnotomo/f202002/

« 山崎美津江さん 27日(月)あさイチに出演 | トップページ | 3月号、本日発売です! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 山崎美津江さん 27日(月)あさイチに出演 | トップページ | 3月号、本日発売です! »