« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月

2020年3月31日 (火)

イタリアからの手紙 ――ボローニャの中村秀明さん(筆者)より

5月号にも便りを寄せてくださった
中村秀明さんが、
今の空気を伝えたい、
と3月30日にくださったお手紙です。
どうぞ多くの方へお届けください。
(写真は、こんな光景が戻ることを願って、中村さんから)
 
 
読者の方々へ
 
イタリアの死者が先週の土曜日、
1万人を超えました。
それでも、「まだピークは見えない」と
専門家は分析しています。
そんな悪夢のような中で
この国の人々が何を思い、
どう行動しているかを
みなさんに伝えたいと思いました。
私のまわりの人たちは、
自らが助かるため、
あるいは家族や友人が助かるためではなく、
見知らぬ人々も含めたみんなが助かるために
どうすればいいか、
何をしたらよくないかを
考えようとしています。
Img_1448
いつもなら土日曜の歩行者天国は春を待ちわびた人々でにぎわいます
 
誰も感染した人を責めたり、
その人の会社や組織の管理を問題視したり、
あるいは家族を中傷したりはしていません。
不注意ではなく不運なだけであり、
もう十分に不幸だからです。
感染した人は、
症状が悪化する恐怖にさいなまれ、
誰かに感染を広げたのでないかという
不安を抱えて、苦悩しています。
身近にそんな人がいれば、
「大丈夫、良くなるよ」
「早く元気になってね」と
声をかけてあげたいと思っています。
Img_4762
春は花がたくさん売れる季節。
休業を迫られる直前の花屋の店頭は色とりどりでした。

  
「厳しい状況に立たされた時、
人はその本性があらわになる」
と言います。
「悪意ある人は悪しきことに走り、
善き人はいつもにまして
良い振る舞いをする」とも。
 
テレビが、各家庭を直接訪ねて
「困っていることはないですか?」
と声をかける、
ある女性市長を紹介していました。
そしてホームレスに
食事を提供し続ける慈善団体の人、
「これは仕事ではなく使命です」
と語るボランティアの救急隊員や
「この困難を乗り越えたら
街中の人にハグしたいわ」
と語る看護師もいます。
ニュースがこうした姿を伝え、
家にこもる人々を勇気づけています。
Img_4361
広場のストリートミュージシャンの「イマジン」に
聴き入る男の子。こんな平和な光景はいつ戻るのでしょうか。

 
ボローニャでは今週から、
スーパーや食料品店などで
行列に並ぶ高齢者や医療関係者がいたら、
「順番を譲ってあげよう」
という呼びかけが始まりました。
 
状況はまだまだ厳しく、
明るい展望は見いだしにくいのですが、
イタリアの人々は希望を失っていません。
いや、それだけでなく、
自ら希望をつむいでいこうと
しているようにも見えます。
Img_3996
昨年の今ごろ、ボローニャ大学生でレストランで
アルバイトするマリカと広場にて。
彼女は中部の実家に戻ったままです。

 
 

| コメント (0)

2020年3月30日 (月)

海原純子さんより、不安を乗りきるために、知っておきたいこと

東京では週末、
外出自粛要請が出されました。
2月中頃から1カ月以上も続く
新型ウイルスの感染拡大の影響に、
なかなか心身がやすまりません。
そんななか、
「コロナ感染拡大をストップさせるには、
心理的な対策も必要」と
連載でおなじみの海原純子さんが発した
YAHOOニュースの記事に、
反響が多く寄せられています。
 
https://news.yahoo.co.jp/byline/umiharajunko/20200328-00170107/
 
来週4月11日発売の5月号でも
「アサーティブに不安を乗りきる」
というタイトルで、お書きくださいました。
不安の続く今だから、
その不安とうまく向き合い、
乗りきっていくことは、
きっと、一人ひとりにできること。
 
ぜひ、お読みください。
20200330-135542

---------


婦人之友5月号予告は こちら↓
https://www.fujinnotomo.co.jp/magazine/notice/#anchor01


『こころの深呼吸』は こちら↓

https://www.fujinnotomo.co.jp/book/essay/b2403/
 
 

| コメント (0)

2020年3月26日 (木)

ここからお花見をどうぞ!


婦人之友社のお向かいにある、
自由学園明日館の桜は、そろそろ
満開を迎えようとしています✨
 
20200325-101308
 
L1080219
 
新型ウイルスの影響で、毎年恒例の
夜桜イベントはなくなりましたが、
見頃を迎えた桜を、道を往く方々が
嬉しそうに見上げています。
20200325-1013311
 
世界規模での事態に、不安も募りますが、
今年も、春を告げてくれる桜の木を見ると、
何か安心します。
L1080207
 
来月4月11日発売の5月号
では、
こんな時だからこそ、
人々のつながりの大切さを再確認する特集や
自宅でできるストレス解消ツボ治療、
また手作りマスクなども紹介。
ぜひ、お読みください。

婦人之友5月号予告は こちら↓
https://www.fujinnotomo.co.jp/magazine/notice/#anchor01

自由学園明日館は こちら↓
https://jiyu.jp/

 

| コメント (0)

2020年3月17日 (火)

森本二太郎さん写真展

桜の便りが聞かれ、自然の営みに
いつにも増して
ありがたさを感じるこの頃です。

次号・5月号(4月11日発売)スタートの
新連載「ルピナス・ヴァレーの庭から」。
写真家・森本二太郎さん・佳代さん一家が
それぞれの得意分野を生かして
大切につくっている庭の1年を紹介します。

庭仕事や花づくりについてはもちろん、
庭の恵みでつくるジャムや料理のレシピ
花や木々を撮影するコツなど
いろいろな楽しみを教えていただきます。
予告をご覧になった方から、すでに
「とても楽しみです!」
と、嬉しいお便りも。
1609p64  
 
森本二太郎さんの写真展
「大きな森の小さな世界」
が、今日から岡山で開催。
O1405206514724490674
深いブナの森の中の、
小さな命の息吹を見つめた写真が
約40点展示されます。

■□■□■

森本二太郎 写真展
「大きな森の小さな世界」
■日時
2020年 3月17日(火)〜22日(日)
■会場
山陽新聞社・さん太ホール
〒700-8634
岡山市北区柳町2-1-1
TEL 086-803-8222

■ルピナス・ヴァレーのブログ
https://ameblo.jp/lupinus-f/

 

| コメント (0)

2020年3月12日 (木)

婦人之友4月号本日発売! 創刊118年です。

「婦人之友」は深い感謝とともに、
創刊118年4月号を今日発売します。
 
2005_20200311193102
 
新型コロナウィルスの影響で、
突然の休校や在宅勤務など、
自宅で過ごす方も多いと思います。
家での時間に少しでもお役に立てたらと願います。

料理ページは、
「お弁当がパッとできる 10のおかず」
身近な素材で気軽にできる
「便利おかず」を、
渡辺あきこさんが教えて下さいました。
2005_20200311193105
「牛丼のもと」は 
さっと煮ておく甘辛味の便利なおかず。
冷蔵庫で6日もちます。
ツナそぼろや、えびと豚肉のアーモンド焼き
さっぱりした野菜の酢漬けなど、
お弁当づくりを助けるおかずが満載です。

お菓子は「ぐるぐるメレンゲクッキー」
スウェーデンの伝統菓子で
「ジターバグ」とも呼ばれます。
2005_20200311193103
少し形が整わなくても、
サクサクのおいしさ。
お子さんと一緒につくるのも
楽しいでしょう。

特集は
「家じかん 家しごと改革」

20051
全国友の会(婦人之友愛読者会)では
5年ごとに、毎日、何にどのくらい
時間を使っているか記録する
「生活時間しらべ」を行っています。
2019年の集計によると、
この60年の間に1日の家事時間は
約3割減ったそう! 
時代の流れとともに、
家事も時短、合理化へと
シフトしつつありますが、
そこで生まれた時間をいかに使い、
「どう生きるか」が問われています。
特集では、家族とどう家事をシェアする? 
どう自分らしく時間を使う? 
をテーマに、2つの家庭を紹介しました。
20052
20053

座談会
「北澤楽天の世界 ユーモアはどこから」
2005
高見澤妙子さん
(さいたま市立漫画会館元館長)、
あらい太朗さん(漫画家)、
松本育子さん(刈谷市美術館学芸員)が、
楽天の魅力を語り合いました。
風刺画から子供向けまで、
自由な発想と独特のユーモアがあふれる
楽天(1876〜1955)。
『子供之友』(小社刊)で
絵画主任を務めるなど、
婦人之友社とも深いご縁が。
今、その生涯が
映画「漫画誕生」(公開中)で描かれるなど、
再び注目されています。
お話の中で、妻・いのさん
婦人之友社の家計簿をつけていた
という事実も明らかに! 
その人柄やユーモアの源泉をたどります。

そのほか、「ごみゼロ」に取り組む
アウトドア企業の思いや、
柑橘の品種改良に取り組み、
「みかんの家系図」を作成した
研究者の舞台裏のお話など。
2005_20200311193001
 
2005_20200311193101
 
2005_20200311193104

どうぞお楽しみください!
 
---------
婦人之友2020年4月号は こちら↓
https://www.fujinnotomo.co.jp/magazine/fujinnotomo/f202004/  
 

| コメント (0)

2020年3月11日 (水)

自由学園より 「平和で持続可能な社会づくりのための学び」動画配信

3月も半ば近くなり、
今日は東京もいいお天気。
春はすぐそこまで来ています。
 
新型肺炎による影響で、
全国的に学校が休校に。
婦人之友の創立者、
羽仁もと子・吉一夫妻が創立した
自由学園も、3月から休校になりました。
そんな中、この休校期間を、
どうにか良いものにできないかと、
自由学園の先生と生徒たちが
協力して製作した、
学びの動画が配信されています。
どうぞ、ご覧ください。

「平和で持続可能な
社会づくりのための学び」
https://lcpss.ourjiyu.com/
 
◎共生社会に向けて
ジャーナリスト 安田浩一さん
  
◎気候危機を突破する
東京大学名誉教授 山本良一さん
  
◎仲良くならなくてもいい
日本基督教団牧師 平良愛香さん
  
◎共生か支配か
 本当の民主主義のために
上智大学教授 中野晃一さん
  
◎日本の若者を取り巻く
 社会構造とは
東京大学教授 本田由紀さん
 
◎勇気百倍で神の業を
東京キリスト教学園理事長
廣瀬 薫さん
 
■□
学校法人 自由学園は こちら↓
https://www.jiyu.ac.jp/


20131002-164247

| コメント (0)

2020年3月 4日 (水)

「筍」の季節ですー島根・石見銀山「群言堂」から

春を告げる筍。
 
「旬という字に竹冠をつけると、
筍という字になるのですね」
 
と、3月号「暮らしの引きだし」で、
松場登美さん(群言堂デザイナー)
3__ph_only
3_2_
  
料理はもちろん、
むいた筍の皮に野の花を挿したり、
伸びた筍が竹になる寸前に落ちた皮を
干しておむすびを包んだり。
「竹は捨てるところがないと
言われるけれど、本当ですね」。
 
そんな暮らしの中から
紹介してくださったのは、
毎年必ずつくるという
「筍のつくだ煮」や、
「竹の器」など。
3__a1
読者からはさっそく
 
「竹の器に草花の寄せ植え、素敵ですね!
スズメノカタビラは
雑草と思っていましたが、
見直しました。
私もやってみます」
3__a1_20200304184801
「家の軒下に、
さりげなく季節の花が生けられている
石見銀山の町。
いちど行ってみたくなりました」
などの声が。
  
どうぞ誌面をご覧ください。
おまけの「蕗みそ」も好評です。
3__-ph
 
写真/根のある暮らし編集室

---------
  
婦人之友2020年3月号は こちら↓
https://www.fujinnotomo.co.jp/magazine/fujinnotomo/f202003/

 

| コメント (0)

2020年3月 2日 (月)

「今、本当のやさしさが問われている」

新型コロナウイルス感染の影響が広がっています。
学校が休校になったり、イベントが中止になったり、
思ってもみない事態に、
不安になったり疲れたりすることもあります。

自由学園最高学部長で、
『いのりの海へ』の著者である渡部憲司さんが、
そんな時、過去の感染症の負の歴史を繰り返さないように、
不安が広がる今だからこそ
社会でも家でも人のやさしさが問われている、と
学生や大人に向けて
心安らぐメッセージを送っています。
どうぞお読みください。
 
■渡辺憲司学部長のブログ はこちら↓
https://www.jiyu.ac.jp/college/blog/ga/64717   
Ts290056
 
-----
渡辺憲司さんの著書『いのりの海へ』はこちら↓
https://www.fujinnotomo.co.jp/book/essay/b2799/

 

| コメント (0)

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »