« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月

2020年6月25日 (木)

7月号の誌上で島旅へ!

梅雨になり、夏本番も目前。
いつもなら楽しい休みの計画を立てる頃ですが、
この夏は、気軽に旅に出ることは
難しくなりそうです。
 
そんなときに、発売中の7月号
「島育ちの伝統食をいただく旅」で、
旅気分を味わうのはいかがでしょうか?
001_20200611194501

写真家の加藤庸二さんに、
日本各地の島々の美しい景色と、
その土地ならではの食べ物を
紹介していただきました。
20082

島を歩き、風景や人々の姿を撮影し続けて
40年以上になる加藤さん。
今回は、たくさんの候補の中から、
8つの島を選んでくださいました。
 
たとえば、関西では高級食材として
料亭などでいただくイメージのある
魚の「ハモ」も、産地である
瀬戸内海の「沼島(ぬしま)では
ポピュラーな家庭食。
中でも「鱧天丼」が定番だそう。
写真からおいしいにおいが漂ってきそうです✨
9s
  
北は北海道の礼文島から、南は西表島まで、
実際に訪ね、味わった加藤さんだからこその
楽しいエピソードが満載です。
 
読者の方からは
「日常が戻ってきたら、
行きたい旅先の候補にします」
とのお便りも! 
 
ぜひ、誌上での旅を
楽しんでいただけますように。
 
--------- 
 
婦人之友2020年7月号は こちら↓
https://www.fujinnotomo.co.jp/magazine/fujinnotomo/f202007
 
 

| コメント (0)

2020年6月12日 (金)

7月号は本日発売!特集は、3食おうちごはんがタイヘン!な時に、大助かりの”ホームフリージング”

いよいよ梅雨入り。
7月号は本日、店頭に並びます。
みなさんはいかがおすごしですか?
編集部は今号も原則テレワークで製作しました。
001_20200611194501  
記事の感想や、コロナ対策をしながらの暮らしなど、
いつでも編集部へどうぞお寄せください。
 
家にいる時間が長くなり、
毎日の食事づくりにちょっと疲れた…
という方に、ぜひ参考にしていただきたいと、
今号は「新・冷凍術」を特集しました。
20071_20200611194401
食材をまとめ買いしても、
無駄なく経済的に使い切るコツや
冷凍した素材でつくる、
手早く、おいしいレシピ満載です。
あっというまに主菜ができる
「ミールキット」や、スイーツも紹介。
さらに、解凍のコツや、
冷凍すると食感の変わるオススメ素材も。
ぜひ、お試しください!
20072
●教えてくださった方々
舘野鏡子さん(料理研究家)
新谷友里江さん(料理研究家)
キムスジンさん(料理研究家)
西川剛史さん(冷凍専門家)

婦人之友編集部が開いてきた、
読者と筆者、編集部が集まるイベント
「f-tomoカフェ」。
2018年に「時空島めぐり」を
連載してくださった、
加藤庸二さんを招き、
7月に開催の予定でしたが、
新型コロナウイルスの影響で、
誌上での開催となりました。
2007_20200611194401
日本各地の島々をめぐって3巡め、
という加藤さん。
そこの伝統食を、
美しい写真と共に紹介して下さいました。
かつて殿上人の流刑地だった隠岐諸島は、
海の幸はもちろん山岳地帯も多く、
コメもソバも育つ、”恵まれた島”。
青いパパイヤをつかった伝統食がある
沖永良部島、カジカという”雑魚”を使う
絶品鍋料理のある、礼文島――。
なかなか遠出のできない今。
日本の北から南まで、
ぜひ、誌面での島旅をお楽しみ下さい。

読者の皆さんとつくる、
「あなたの・みんなの悩み研究室」では、
季節を感じ、旬を味わう工夫を紹介
062
編集部に届いたたくさんの投書から、
日々、ほんの少しずつでも季節を楽しむコツ、
これだけは、毎年という手仕事など、
暮らしの知恵が満載です。
コロナの影響で、
季節を感じる余裕がなかった、、という方も、
一つからでも、取り入れてみませんか。

そのほか、先月に引き続き、
「新型コロナと私たち」では、
「コロナ疲れ 
 ストレスをため込まないために」

の記事や、
106
辻 信一さんのエッセイ
「”緑の力”という希望 2」
を掲載。
2007_20200611194402
「外出自粛、家計にどう影響?」
タイムリーな実生活からの記事です。
 
066


051
--------- 
 
婦人之友2020年7月号は こちら↓
https://www.fujinnotomo.co.jp/magazine/fujinnotomo/f202007

| コメント (0)

2020年6月 8日 (月)

「爽やかフルーツゼリー」を ステイホームでたくさんつくりました!

急に、暑くなってきましたね。
発売中の6月号の「お菓子」は、
アガーでつくるフルーツたっぷりのゼリー。
058

指導してくださった山本由美さん
長女・美帆さん
助手となって撮影をお手伝い。
手早く果物を切ったり、
「こっちの方がおいしそう!」
と相談し合うなど、
頼もしい助っ人でした。
Th1517
撮影/原 務

後日、コロナ対策緊急事態宣言で
家じかんが増えて、
美帆さんは毎日のようにゼリーをつくったそう。

「最初はただフルーツを切っていれるだけでしたが、
何回もするうちに、デザインを考えるように。
型抜きをしてみたり、とても楽しかったです」。
2_20200605225301
写真のゼリーは、美帆さん作。

お母さんの由美さんからは、
「おかげさまで、家族でゼリーを楽しんでいます。
四つ葉のクローバーにしたり、
子どもの発想は面白いなと。
これがきっかけで、
娘が積極的にお手伝いしてくれるようになりました」
と嬉しい報告が届きました。
1_20200605225301

アガーは使いやすく、
どなたにも気軽にできます。
果物を1種にしたり、似た色で揃えたり、
あなた流のアレンジを楽しんでみてください。
 
--------- 

| コメント (0)

2020年6月 5日 (金)

『はなちゃんとぴかりんーーピカピカだいさくせん!』の松本春野さん(絵本作家)、今週末ラジオ出演!

片づけ絵本
『はなちゃんとぴかりんーーピカピカだいさくせん!』
(5月5日発売)の絵を
生き生きと描いてくださった
松本春野さんが、ラジオ出演されます。
Img_2645

この絵本が誕生したきっかけ、
描きながら感じたこと、
作者・井田典子さんの印象や
2人のエピソードなど、
絵本の製作秘話がたっぷり。
また、絵本を読んだ4歳の娘さんに
「ママの机が逃げ出しちゃうよ!」
心配されたという、
微笑ましいやり取りも披露。
Img_9353

祖母・いわさきちひろさんのこと、
ちひろ美術館が遊び場だったなどの思い出話など、
松本春野さんが絵本作家として
活躍するに至る背景や本音も語っています。
__0403

2週にわたっての放送を、
ぜひお聴きください!
 
◇◆◇◆◇
 
【番組】
ブルボン presents 
 「Shining Star」
● DJ:森麻季さん  
●番組HPはこちら↓
 http://www.jfn.co.jp/star/
 
【放送局・日時】
◎TOKYO FM(東京)
 6/7(日)6/14(日)
 6:30~ 6:55
◎Kiss FM KOBE(兵庫)
 6/7(日)6/14(日)
 7:00~ 7:25
◎DATE FM(宮城)
 6/6(土)6/13(土)
 7:30~ 7:55    
◎FM岩手(岩手)
 6/6(土)6/13(土)
 7:00~ 7:25
◎ふくしまFM(福島)
 6/6(土)6/13(土)
 7:00~ 7:25
◎FM山形(山形)
 6/7(日)6/14(日)
 8:30~ 8:55
◎FM-NIIGATA(新潟)
 6/7(日)6/14(日)
 9:30~ 9:55
 
--------
 
『はなちゃんとぴかりん ピカピカだいさくせん!』
作・井田典子/絵・松本春野
A4判変形/32ページ
1300円+税
https://www.fujinnotomo.co.jp/book/book_child/b4717/
 
■著者・井田典子さん、松本春野さんからの
メッセージ動画はこちら ↓
*撮影は3月に行いました
https://www.youtube.com/watch…

| コメント (0)

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »