« 山形から読者の実践。プラスチックフリーたわし | トップページ | 12月号は家計特集です。 クラウド家計簿kakei+の紹介動画もできました! »

2020年11月12日 (木)

今日のごはんも家計も、これで安心、の12月号。書店に並びます!

朝窓をあけると空気がひんやり。
冬がそこまでやってきました。
皆さまお元気でいらっしゃいますか?
 
今日発売の12月号
家計特集、タイトルは
「1から考えない毎日のごはん」
F12_00001
 
20121
今年は予期せぬ事態に、
家で過ごす時間が増えました。
夫婦そろってリモートワーク。
でもあれ?
毎食ごはん作っているのは私だけ?
ステイホーム中、
料理が負担だった
という声にこたえて、
気持ちが軽く料理が楽しくなる
献立や、手軽なレシピの数々
お届けします。

「30分でつくれるものを選んで
献立を立てるのって楽しいですよ!」
と、楽しく考えるポイントを
教えてくださったのは、
子育てママからの信頼も厚い
料理研究家の上田淳子さん
20122
1からだとちょっと気が重い
夕食づくりを、
発想の転換で、かんたんなのに
おいしい、あなたにぴったりの
レシピを実現!
(皮ごと食べたり、
めん棒でたたいたりの調理法も)
ポトフやパエリアは
寒い冬に、特におすすめ

では、お父さんや子どもたちは? 
座ってごはんを待っているだけ?
いえいえ、自粛期間中に
料理に目覚めたお父さん、
料理の自由研究をした子どもたち、
そして、料理はちょっと…と
思っている全ての人にぴったりな
「リモート父さんのごはん術」
もあります。
20123
テレビや雑誌で大人気の
きじまりゅうたさんが、
料理のハードルをポン!と
乗り越えるヒントと
おいしいレシピを教えてくださいます。

今年のボーナスは減額? 
わが家の将来は大丈夫?
家計簿から現状を
知っておきたいご家庭も
多いことでしょう。
でも、家計簿って
やっぱりややこしいし、続かない、
という方に向けての記事も。
先輩家計簿ユーザーの
アドバイスや体験談、
新しくリリースされた
かんたん入力で、
家計が把握できる
クラウド家計簿などの実例を
ご紹介します。
20124

対談は18年間、映画評を通して、
読者の世界を広げてくださった
松本侑壬子さんと、
老いと介護をめぐる
家族愛を描き共感を呼んだ
「折り梅」の監督松井久子さんの、
「映画に生きた女性たち」。 
2012_20201111144201
日本社会における女性の生き方に、
それぞれの分野で
向き合ってきたお二人の言葉は、
ちょうどアメリカで
女性副大統領が選出されていく中、
心に響きます。
毎日のごはんと同じように
「わたしごと」として
読んでいただければうれしいです。

他にも、
クリスマスに折りこみパイや、
福岡伸一さん
「わたしの・すきな・もの」
ラブラドライト、など
楽しい記事満載です。
お楽しみください!
F12_00054
F12_00008

2012

2012_20201111144701
 
---------
婦人之友2020年12月号は こちら↓
https://www.fujinnotomo.co.jp/magazine/fujinnotomo/f202012/

« 山形から読者の実践。プラスチックフリーたわし | トップページ | 12月号は家計特集です。 クラウド家計簿kakei+の紹介動画もできました! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 山形から読者の実践。プラスチックフリーたわし | トップページ | 12月号は家計特集です。 クラウド家計簿kakei+の紹介動画もできました! »