« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »

2021年3月

2021年3月26日 (金)

明日館の桜が満開間近です。

婦人之友社のお向かいにある、
自由学園 明日館の桜が、
まもなく満開に!
20210326-093533
20210326-093635
今年は例年よりも、
ちょっと早めな気がします。

通りすがる人たちも、
嬉しそうに花を見上げて、
思い思いに写真を撮ったり、
ちょっと立ち止まって眺めたり。
20210326-093730
みんなで集まってお花見、と
できないのが残念ですが、
春爛漫の景色を楽しみたいと思います。

●自由学園明日館は、こちら↓
https://jiyu.jp/

| コメント (0)

2021年3月25日 (木)

新色ミニノート 好評発売中です

かわいい柄と便利なサイズで、
人気のミニノート。
この春、
新色の紺とオレンジのセットができました。
20210325-150555

20210325-152015
洋画家の山本鼎が1930年に描いた
『婦人之友』表紙画からデザインしています。
90年も前の作品とは思えませんね。
 
手帳にちょうど挟めるサイズなので、
買い物メモ、
心に残った言葉を記す、
など日々の暮らしに。
 
ちょっとしたプレゼントにも
お使いください。
 
●ミニノート(オレンジ・紺)
 460円(税込)

  
■詳しくは、こちら↓
https://www.fujinnotomo.co.jp/book/postcard/b6912/

| コメント (0)

2021年3月18日 (木)

新連載・安部智穂さんの “タイマグラの森ぐらし”が始まります! 4月号(発売中) 

3月半ばが過ぎ、
あちこちで春の訪れを感じますね。
   
でも岩手県・早池峰山の麓、
タイマグラの季節は、
もう少しゆっくり進みます。
2104_20210311164202
 

安部智穂さん
タイマグラに住んで26年。
 
「“カタクリが咲いたね、
ツツドリが鳴いたね”。
季節のうつろいと
歩調をあわせるように、
暮らしぶりも自然と
うつろっていく。
そんな毎日です」。
 
という、安部さんの暮らしには、
その季節の恵みを
余すところなく生かし、
日々の小さな幸せを
味わうヒントがいっぱい。
 
手仕事や保存食、
そして古道具の楽しみ方など、
安部さんならではの知恵も
たくさんお届けしていきます。
 
今号は、
東北の厳しい冬の寒さが
ようやく緩み、
雪の下から土が
顔をのぞかせるようになった
4月のタイマグラの様子。
この時季にかかせないという、
「手づくりハンドクリーム」
の作り方も教えていただきました。
編集部にも送って下さいましたが、
スッと肌になじみ、自然な香り。
使い心地抜群です!
Trimf04_00041
 
都会で暮らす方も、
誌面で、森へと出かけた気分に
なってみませんか。
今後もどうぞお楽しみに♪
 
2104_20210311164305
 
 
-----
 
 
婦人之友2021年4月号はこちら↓

| コメント (0)

2021年3月15日 (月)

編集部のTwitterができました!

春の嵐が通り過ぎ、
東京はよいお天気です。
  
この度、「婦人之友」編集部の、
Twitterができました!💕
 
誌面の内容や、
著者・イラストレーターさんの情報、
さらに撮影や制作の様子も、
随時お伝えします!
ぜひ、フォローをお願いします。
Facebookと合わせて、お楽しみに♪
  
■「婦人之友編集部」Twitterはこちら↓
https://twitter.com/fujinnotomo

20210315-134824

| コメント (0)

2021年3月12日 (金)

本日、4月号が発売になります!


2104_20210311164305
 
本日発売の4月号、特集は
「部屋も私も明るく

 春を迎えるみがき方」
21041


山﨑美津江さん
(家事アドバイザー・相模友の会)に、

洗面所、台所、居間、玄関など

家の中をどんな頻度や方法で

掃除してればピカピカに保てるのか

ポイントを伺いました。

毎日のほんのひと手間の積み重ねで、

あなたの家もピカピカに。

21042

最近は公共の乗り物を使わず

自転車で移動する人も増えています。

自転車の手入れと安全についてを、

青梅の自転車屋さん、

横井 渓さんに教えていただきました。

21043

座談会は、婦人之友社と

創立者を同じくする

自由学園創立100周年を記念して、

「“共に生きる”を学ぶ場所」です。
2104_20210311164201


●辻信一さん
(文化人類学者)

●島村菜津さん

(ノンフィクション作家)

●山崎 亮さん

(コミュニティデザイナー)
●高橋和也さん

(自由学園学園長)

が、学園の現在と社会における意味、

これからの教育などを話されています。



写真家の公文健太郎さんによる

校内の光景とあわせてご覧ください。

 

創刊119年を迎えた4月号から

羽仁もと子著作集のページに、

はさみ込みのカード

(羽仁もと子の言葉)

が、隔月でつきます。
20210311-1425152104_20210311164304



ぜひ切り取って、

飾ってお楽しみください。

 

始めよう!

 プラスチックフリー・ライフは

「世界を舞う

マイクロプラスチック」。
2104


海にプラスチックが

溜まっていることは、

すでに知られていますが、

今問題になりつつあるのが、

エベレストのようなところにまで、

数十ミクロンのプラスチックが

たまっていることです。

九州の山に登って地道に

フィールドワークをつづけ、

日本で初めて降水中の

プラスチックの存在を確認された

福岡工業大学の永淵 修さんに、

その長距離輸送について伺いました。

 

お料理は藤井 恵さん

「春こそ、キャベツ!」。
2104_20210311164301


 
お菓子はキムスジンさん

いちごのお餅です。
2104_20210311164302


  
新連載として、

岩手県・早池峰山麓、

タイマグラの

安倍智穂さんの森ぐらしの

様子も始まります。
2104_20210311164202
 
コロナの中でも、

新しいことに取り組む気持ちは

持ち続けていたいですね。

婦人之友がどうぞ

そのお役に立ちますように。


 

-----

 

婦人之友2021年4月号はこちら↓

| コメント (0)

2021年3月 5日 (金)

松場登美さん「暮らしの引きだし」が最終回に。 好評発売中の3月号

顔をのぞかせたフキノトウ、
川辺の菜の花、
レンゲのじゅうたん…
「わあ、春がきた!」と、
思わず声をあげたくなるのは、
松場登美さんが暮らす
石見銀山の景色。
日本の原風景のような、
なつかしさを感じます。
Img_6309
「暮らしの引きだし」は、
惜しまれながら今号で最終回。
コロナ禍で外出がままならない中、
毎号、届く写真とエッセイに、
里山から吹く風を感じ、
心なごんだ1年余りでした。
Photo_20210305173301
「自分の足もとを見つめると、
小さな幸せの種がそこここに
あることに気づかされます」
と、登美さん。
あたたかいメッセージは、
どうぞ3月号をごらんください。
Dsc09481

新刊
『これが登美さんの“福吹く”暮らし』
から、皆さまに
「福」が届きますように。


----- 
20210305-162929
婦人之友2021年3月号はこちら↓
https://www.fujinnotomo.co.jp/magazine/fujinnotomo/f202103/
 
20201126-131931
『これが登美さんの“福吹く”暮らし』はこちら ↓
https://www.fujinnotomo.co.jp/book/life/b5746/

| コメント (0)

2021年3月 1日 (月)

ftomoカフェ(十三浜わかめクラブ)は今週土曜日。ご参加お待ちしています!

今日から3月。
東京は春のような心地よい1日でした。
 
今週末、【3月6日(土)】は、
いよいよ、宮城県石巻市・十三浜
カメラをつないでの、f-tomoカフェ
開催されます。
(参加予約受付中!!)
 
今年は、東日本大震災から10年。
あっという間に時が経ちましたが、
先日の大きな地震には、
(東日本大震災の余震と言われています)
当時のことを思い出して怖かったという方も
多いのではないでしょうか。
 
この10年、私たち婦人之友編集部と
十三浜漁協の皆さん、
そして読者の方々は、
海のめぐみ・わかめを通して
交流を続けてきました。
17097979_1470694712964177_67873900617453

当日は、漁家の佐藤徳義さん、のり子さん
息子の寛哉君
(震災当時8歳。今春、高校卒業)に加え、
結城登美雄さん(地元学)が特別参加。
2021f8

皆さんもぜひご一緒に、
この10年を振り返り、
いま、そしてこれからを語り合いませんか。
 
■参加申し込みはこちら! 
https://www.fujinnotomo.co.jp/news/ftomo_20210306/

■日時
2021年3月6日(土)
15:00~16:30(14:40 入室開始)
■定員
先着90名
■参加費
(十三浜わかめクラブ協力金として)
1000円、2000円、3000円の寄付(可能な額で)

220210212-145851

| コメント (0)

« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »