音楽

2010年8月 5日 (木)

セシル・コルベルさんのケルト・ハープのコンサートへ

昨晩は8月号口絵でご紹介した
セシル・コルベルさんの演奏をききに、
東京オペラシティコンサートホールへ。
見えない世界への想像力をかき立てられる
ケルト・ハープの不思議な音色に、
会場はすっかり魅了されて……。

5_3
演奏をするセシルさん。

「きょうは暑いですね」「次の曲は……」などと、
演奏の合間には日本語もはさみながら、
彼女の親しみやすい人柄が伝わる一時でした。

演奏後に訪ねた楽屋には、
口絵でセシルさんと一緒に写ってくださった
サイモン・キャビーさんの姿が。
彼はスタジオジブリ作品「借りぐらしアリエッティ」主題歌の
共同作曲者で、今回の日本ツアーのアレンジ・プロデュースを担当。
「婦人之友を送ってくれてありがとう! 
裏方のぼくの写真はほとんど表にでないので、
日本での仕事のいい記念になって、うれしかった」
と笑顔で話してくれました。

11_2
サイモンさん(左)とセシルさん。

彼の名前Simonは、
日本では英語読みのサイモンで通っていますが、
8月号ではフランス語本来のシモンでご紹介しています。

note 7月8日のブログで、セシルさんの声を聞くことができます。


写真・堤 勝雄(いずれも5月来日の折に撮影)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月14日 (月)

音を旅する…婦人之友10月号

作曲家・池辺晋一郎さんの「音を旅する」
10月号は土笛です。
日本でも、弥生時代の土笛が発掘されていますが、
ここではメキシコの土笛を紹介しています。
動物の形のものや、人の顔の装飾がついたものなど、
ユニークな笛はどれも池辺さんが収集したものです。
その音は、「オカリナをさらに素朴にしたよう」と池辺さん。
さっそく編集部で吹いてみました。。。
「人が歌っているよう」という感想も。
ぜひ、聞いてみてください。

また、今月は、対談篇の「音を旅する」も、合わせてお楽しみください。

High

Low




10月号の「小さな声から」は海外から、
イギリスの編集者、トム・マシュラーさんのお話です。
マシュラーさんは、イギリスの出版社で40年以上文芸出版に携わり、
ヘミングウェイの遺作から、ジョン・レノン、ガルシア・マルケス、
ドリス・レッシングなどの作品を送りだしてきました。
そのマシュラーさんが、ザンビアの子どもたちのところへ、
本を5000冊積んだ「ブックバス」(移動絵本図書館)を届けます。
出版の仕事と同じように、情熱をもってこのプロジェクトに取り組み、
仕事仲間やまわりの人たちと一緒に、少しずつ思いをかなえていく様子が伝わります。
カラフルなバスの写真も一緒にご覧ください。

0910bookbus

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 7日 (木)

何だって楽器になる

これは「音を旅する」5月号のなかの池辺晋一郎氏(作曲家)のことばです。
そこで紹介されたのは、さまざまな材料を使って作られるマラカス。なかでも、豆マラカスはユニークです。長さは50cm、厚さは1cmくらい。大きな豆を乾燥させて加工したもので、それをリズミカルに振ってみると、こんな音を奏でる楽器になります。


Mame_marakasu

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年3月12日 (木)

音を旅する…

池辺晋一郎氏(作曲家)の世界の楽器のお話
「音を旅する」

4月号は、アナラポスとスプリング。
アナラポスは日本人による創作楽器だそうです。一本の筒のように見えますが、そっと振ってみると......

どうぞ聞いてみてください。何を思いうかべますか?


Analapos

| | コメント (0) | トラックバック (0)