おしらせ

2018年2月21日 (水)

名古屋友の会 “手づくり”工芸展

「婦人之友」愛読者の集まりである全国友の会
各地でそれぞれの特徴を持ち、
家庭から地域へ、そして社会へと
生活をテーマに日々活動されています。

その中で、名古屋友の会は、
長く熱心に生活工芸を研究、
この2月25日(日)と26日(月)には、
第56回“手づくりはたのし”展示会
2年ぶりに開催されます。
(写真は一昨年開催の展示より)
E3818fe3828ae381afe3819fe381aee3_2
四季折々の自然の美しさを、
生活に生かしたいという願いから、
みんなで学び合いながら制作をつづけてきました。
会に向けて、この冬は
毎週水曜日に集まって準備を進め、
忙しくても、みんなで楽しく
制作に励んでこられた様子を聞きました。
E3818fe3828ae381afe3819fe381aee3_3
自然に目を向け、草花のスケッチから始まり、
作品に至るまでには、
いくつものプロセスがあるようです。
お手本のない工芸の苦労と、
それに勝る面白さが伺えます。
E3818fe3828ae381afe3819fe381aee3_4
ステンシル、小さい織、刺しゅう、
モザイクタイルなど、作品はもちろんのこと、
展示会にお越しの人たちも参加できる
「体験コーナー」も充実しています。
どうぞご参加ください。

flair「体験コーナー」の詳細 はこちら!flair
http://www1.odn.ne.jp/~cej83280/02event-4tedukuriten.html#taiken

合作のテーマは「希望」。
参加している会員が試行錯誤しながら、
完成させた作品の数々を
ぜひ多くの方にご覧いただき、
手づくりのたのしさを
体感して頂けたらと思います。
E3818fe3828ae381afe3819fe381aee3_5

clip clip clip

”手づくりはたのし”展示会

■日時
2018年2月25日(日)、26日(月)
午前10時~午後3時30分(月曜3時まで)
■入場料
300円(小学生は100円)
■会場
名古屋友の家
〒466-0835
名古屋市昭和区南山町11
地下鉄鶴舞線 いりなか下車 2番出口 徒歩5分
*駐車場の用意はありません
■HP
展示会について詳しく はこちら↓
http://www1.odn.ne.jp/~cej83280/02event-4tedukuriten.html
名古屋友の会 はこちら↓
http://www1.odn.ne.jp/~cej83280/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 2日 (金)

ごとうみづきさん 広島で絵本の原画展開催

本紙の絵本ページ「あのね」で、
いつもユニークなお話と素敵な絵で
物語を届けてくださる、ごとうみづきさん
発売中の2月号では、
雪をテーマに、寒くて暗い冬も、
視点を変えるだけで少し楽しくなるお話を、
かいてくださいました。
ちょうど今日の東京も雪snow
前回のものが溶ける間もなく、
新たに降ってきました。
20180202_114729

そんなごとうさんの絵本
『おなみだぽいぽい』の原画展
広島市で開催されます。
昨年、東京でも開かれた原画展。
授業についていけず、ぽろりとこぼした涙。
「ああ、そういうこと あったあった」と、
つい小学生だった頃を思い出す人も
多かったようです。
絵の具と貼り絵で、
ある場面は繊細に、
またはある場面ではダイナミックな
構図と色彩に驚かされます。

2月3日のみ、
ごとうさんは在廊の予定です。

連載「あのね」についてもお話が伺えるかも。
お近くの方は、どうぞ足をお運びください。

clip clip clip

おなみだぽいぽい原画展

Info

■日時
2018年 2月3日(土)~2月18日(日)
11:00-19:00 
*火曜日お休み
■会場
READAN DEAT
〒730-0802
広島県広島市中区本川町2-6-10 和田ビル203
*広島電鉄 本川町電停 徒歩1分
tel:082-961-4545
■会場HPこちら↓
http://readan-deat.com/
■原画展について詳しくは こちら↓
http://readan-deat.com/2018/01/onpp/

--------

『婦人之友』2018年2月号 はこちら↓
http://www.fujinnotomo.co.jp/magazine/fujinnotomo/f201802/

ごとうみづきさんのHPは こちら↓
http://www.zukkeenee.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月30日 (火)

いま一度考えてみませんか? エネルギーのこと。映画『おだやかな革命』公開

3.11からまもなく丸7年が経とうとしています。
東日本大震災以降、さまざまな土地で、自然エネルギーへの取り組みや理解が広がりました。
映画『おだやかな革命』は、自然・人・地域と向き合い、自らの手で生活を作り出している人たちを追ったドキュメンタリー映画。今週末2月3日(土)より、東京・東中野ポレポレにて公開されます。
Odayaka_flyer

婦人之友2016年4月号でお訪ねした福島県の佐藤彌右衛門さんも出演しています。佐藤さんは、200年以上続く大和川酒造の当主として働きながら、地産地消のエネルギーとして会津電力を立ち上げ、発電事業をスタート。thunder
その取り組みは、現在多くの地域のモデルケースとなり、佐藤さんの言う「四方四里(四方向、四里=16kmの中で得られる食物を食べ生活することが、人にも自然にもよいとする言い伝え)」の考え方が、各地に根づいてきていることを感じます。
Photo
佐藤彌右衛門さん(会津電力)。

映画では、福島県から、会津電力の佐藤さんと飯舘電力の小林稔さんの姿を追います。小林さんは、飯舘村で畜産業を営み、避難後、佐藤さんに後押しされ、飯舘村に電力会社を立ち上げました。
Photo_2
飯舘村から避難先で牛を育てる小林さん親子。

秋田では、生活クラブ(生協)による市民風力。また、岐阜県郡上市の小さな集落、石徹白に移住した平野さん夫妻は、伝統的な野良着を現代風にアレンジした洋服店を営み、集落存続のために100世帯全戸が出資をした小水力事業を促進。
1_2
石徹白、小水力発電設置風景。

また、岡山県の人口1500人ほどの西粟倉村で、森の再生事業を展開する井筒さんなど、日本各地で起きている小さなエネルギー革命を、渡辺智史監督がていねいに取材しています。shine
Photo_5
監督:渡辺智史

山形県鶴岡市生まれ。2012年に映画『よみがえりのレシピ』公開。教育映像「在来作物で味覚のレッスン」が第9回キッズデザイン賞の「未来を担う消費者デザイン部門」で優秀賞。地域課題に真摯に向き合う、ソー シャルデザインとしての映像制作を探求している。

私たちの生活でも、身近な存在になってきた自然エネルギー。
その先にある暮らしから、本当に幸せな生活とはどんなものかを考えさせてくれます。
ぜひ足をお運びください。

clip clip clip

映画『おだやかな革命』

Odayaka_flyer_2 Odayaka_flyer_ura_3

■ 上映について詳しくは、
『おだやかな革命』公式ホームページ
http://odayaka-kakumei.com/

◇2月3日(公開初日)にマルシェイベント
「SIMPLE LIFE MARKET」開催!◇

石徹白洋品店や、西粟倉の木製品など、映画に登場の「暮らし選択」の機会となる商品やサービスを紹介するマルシェ「SIMPLE LIFE MARKET」が。会場内では渡辺智史監督、映画出演者、ゲストによるトークイベントも開催予定です。

■ イベントについて詳しくは、こちら!
https://www.facebook.com/events/150090032311501/

*4月以降、大阪、名古屋、岐阜での上映も決定
(詳しくは公式ホームページをご確認ください)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月25日 (木)

草木による和紙夾纈染(きょうけちぞめ)展に行ってきました

今日始まった、
「和紙夾纈染展・菊池周子とその仲間たち」
の会場は高崎。
L1000569
車中から見える山々は、
先日の雪で白く輝いていました。
駅から徒歩10分ほどのYOU HALLには、
草木で染色された美しい模様の作品が多数並び、
優しい色合いに心がなごみますheart01
L1000548
和紙を折りたたみ、染めつけ、
開く時にはじめて模様がみえてくる瞬間が、
なんとも楽しい夾纈染。
シックなグレー、鮮やかなピンクなど、
植物ごとに違う色合いはもちろんですが、
なにより、媒染(色素と繊維を固着させること。
アルミ・鉄・銅などで化学反応させる)
によって、
思いがけない色が生まれるところが、
草木による夾纈染の魅力ですshine
L1000550_2
作品には、額装され模様が
はっきりと見えるものの他、
帯やかばん、巾着、クッションカバーなど
染めた和紙を加工して日々の生活で
生かせるようにしたものも。
鍋帽子(R)(↓写真)もとても素敵で
会場の話題でした。
この鍋帽子を出品したのは、
2017年8月号のカレー特集でご紹介した、
白井真澄さんです!
L1000570
長年、夾纈染の研究をつづけ、
晩年は高崎友の会を中心に活動しながら、
各地で講習会もされていた菊池周子さん
今回は、菊池さんとご縁のある
各地の方々も出品しています。

高崎友の会は、菊池さんから
夾纈染めの技術と心を受け継ぎ、
高崎市染色植物園とも協力しながら、
講習会などの活動を続けています。
L1000546
菊池さんの作品

会場では友の会の方々のていねいな説明も。
ぜひ、足をお運びください。

clip clip clip

草木による和紙夾纈染展
菊池周子とその仲間たち

■日時
2018年 1月25日(木)〜30日(火)
10:00〜18:00
■会場
YOU HALL
群馬県高崎市高松町3番
(NTT東日本群馬支店内)
027-324-1120
アクセス情報はこちらから
https://www.ntt-east.co.jp/gunma/branch/activity/youhall/data/access.html
■入場無料
■問い合わせ
高崎友の会(主催)
027-325-4711

-------
『婦人之友』2018年8月号 はこちら↓
http://www.fujinnotomo.co.jp/magazine/fujinnotomo/f201708

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月23日 (火)

発売中2月号は、白熱”フェイクニュース”座談会

発売中の2月号、座談会は
「うそ、ほんと? 情報は誰のもの」

最近「フェイクニュース大賞」を発表した、
就任1年の米トランプ大統領。
自分の意にそわぬ報道を
「フェイク(偽)だ!」
と、メディアを批判し続けています。

いったいフェイクニュースとは?
報道に携わる人だけでなく、
すべての人の生活に関わる情報の問題、
と、テーマとして取り上げました。
20180123_100210_2
日本でも始まった、市民による情報の
真偽検証(ファクトチェック)活動を含め、
どのように事実を見極め、
情報を私たちのものとできるのか、
ジャーナリストの立岩陽一郎さん
近畿大学の金井啓子さん
詩人のアーサー・ビナードさんが、
活発に話し合います。

Dsc_0165_2
議論が白熱!お互いの言葉に耳をかたむけながら、笑顔も意見も交わす。
ビナードさん(左)と金井さん。(撮影/泊 浩久)

Dsc_0203_2
アメリカと日本の状況をあつく語る立岩さん。(撮影/泊 浩久)

ぜひ皆さんも、ご一緒に考えませんか?

◇立岩さんが登壇されるシンポジウムが開催されます。

clip clip clip

公開シンポジウム
第31回毎日新聞社編集綱領制定記念のつどい

「フェイクニュースと報道」
Photo
■日時
2018年2月3日(土)
午後2時(1時30分開場)
■会場
毎日ホール
東京都千代田区ーツ橋1-1-1
パレスサイドビル 地下1階
(東京メトロ東西線「竹橋」駅 1b出口直結)
■入場無料(資料代500円)
■要予約(先着200人)
下記アドレスに、氏名と住所を書いて申し込み
tsudoi@mai.jca.apc.org
問い合わせは毎日労組(03-3215-2030)

--------

『婦人之友』2018年2月号 は こちら↓
http://www.fujinnotomo.co.jp/magazine/fujinnotomo/f201802/
「フェイクニュースと報道」シンポジウムは こちら↓
http://fij.info/archives/news_event/18011101

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月16日 (火)

山本由美さんお菓子講習会開催!

好評ページ〈気軽にできる今日のお菓子〉
1月号の「柚子風味のウィークエンドケーキ」
現在発売中の2月号の「チョコレートのムース」
を教えてくださった、
山本由美さんのお菓子講習会が
来週金曜日に東京・池袋で開催されます
20180116_140629_4
バレンタインにちなんで、
つくるのはガトーショコラ。
以前、婦人之友誌上(2014年2月号)でご紹介し、
読者にも大好評でした。
シンプルなプロセスなのに
濃厚で風味豊かなケーキです。
つくり方の「ここがコツ」や、
ラッピングの工夫なども教えていただけます。
ご自宅用だけでなく、贈り物用としても。

山本さんは会社勤務後、
フランスやスイスでお菓子づくりを勉強。
お菓子にまつわるお話なども
伺えることと思います。

ぜひ楽しいひと時をお楽しみください。

clip clip clip
Photo_2


■日時

1月26日(金)
10:00~12:30
■場所

東京第一友の家
〒171-0021
東京都豊島区西池袋2-20-11
■会費

2500円(友の会会員2000円)
■申し込み

Tel&Fax(関矢)
03-3957-0508
090-8485-0329
sfukaga@yafoo.co.jp
(東京第一友の会 雑司が谷方面)


☆婦人之友「f-tomoひろば」では、

読者の皆さんの声を募集しています。記事の感想や、

山本さんの講習会に参加された方は、

ぜひ当日の様子なども、

hiroba☆fujinnotomo.co.jp

までお寄せください(☆を@に変えてお送りください)。


--------
『婦人之友』2018年2月号 はこちら↓
http://www.fujinnotomo.co.jp/magazine/fujinnotomo/f201802/


『婦人之友』2018年1月号 はこちら↓
http://www.fujinnotomo.co.jp/magazine/fujinnotomo/f201801/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月15日 (金)

「日本の絵本100年の歩み」展

東京・上井草のちひろ美術館・東京
「日本の絵本100年の歩み」展が開催されています。
1910年代『子供之友』(婦人之友社刊)
『赤い鳥』が創刊されてから現在までの
絵本をたどります。
Img_20171108_175643


Img_20171108_175637

絵本で親しんだ作品の、
原画に出合える貴重な機会です。
どうぞご覧ください。

婦人之友社からは
北澤楽天

竹久夢二

武井武雄

村山知義

の原画を
計4枚貸し出しています
(展示替えあり)。

clip clip clip

日本の絵本100年の歩み


001_2

002_5
■会場
ちひろ美術館・東京
177-0042
東京都練馬区下石神井4-7-2
03-3995-0612
西武新宿線上井草駅下車徒歩7分
■日時
2017年11月8日(水)〜2018年1月31日(水)
10:00〜17:00(入館は閉館の30分前まで)
■休館
月曜日(祝休日は開館、翌平日休館)
年末年始(12/28〜1/1)
■入館料
大人800円/高校生以下無料
■HP
https://chihiro.jp/tokyo/
--------

展覧会について詳しくは こちら↓

婦人之友社刊『子供之友』復刻版 はこちら↓
http://www.fujinnotomo.co.jp/book/picture/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 8日 (金)

インド・タラブックス創設者のお2人が来社されました

2014年3・4月号でご紹介した、
南インド・チェンナイの
小さな出版社「タラブックス」
多様な民俗芸術を活かした絵や、
ハンドメイドの美しい絵本で
世界に知られています。
20171208_164349

20171208_164527_2

開催中の展覧会に来日した
創設者の2人のギータさん
A171124_029

婦人之友社にお越し下さり、
「子供之友」の復刻版などを
興味深くご覧になりました。
A171201_237

タラブックスでは、画家やデザイナー、
編集者が対話を重ねながら、
じっくり本を作ります。
その楽しさや苦労などのお話は、
制作中の本誌2月号shine

*展覧会については、
10日のNHKの日曜美術館でも紹介される予定です。

clip clip clip

世界を変える美しい本 
展覧会 インド・タラブックスの挑戦

■日時
2018年 1月8日(月・祝)まで
9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日
月曜日、2017年12月29日~2018年1月3日
(1月8日は祝日のため開館)
■会場
板橋区立美術館
〒175-0092
東京都板橋区赤塚5-34-27
TEL
03-3979-3251
会場HP
http://www.itabashiartmuseum.jp/
■観覧料
一般650円
高校・大学生450円
小・中学生200円
土曜日は小中高生は無料

--------
『婦人之友』2018年2月号予告 は こちら↓
http://www.fujinnotomo.co.jp/magazine/notice/#anchor01

板橋区立美術館特設ページ は こちら↓
http://www.itabashiartmuseum.jp/exhibition/2017-exhibition/ex171125.html

タラブックスのHP はこちら↓
https://tarabooks.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 6日 (水)

まつやまさとこさん布画展&ごとうみづきさん原画展

■まつやまさとこさん布画展■
今年、「空耳ずきん 布画帖」で
素敵な布画(刺しゅう)作品を届けてくださった、
まつやまさとこさん。
ひと針ひと針、丁寧に仕上げる布画を、
直接ご覧いただけます。
まつやまさんが在廊されている時には、
制作のお話なども伺えそうです。
(詳細はギャラリーまでお問い合わせください)
春ごろには、掲載した物語の
作品展も予定しているそうです。
003

■ごとうみづきさん原画展■
2018年1月号から連載がスタートした
絵本ページ「あのね」。
1回目は「寒い日のオーレ」というタイトル。
なんだかワクワクしますね。
寒い季節にぴったりの、
じんわりあたたかくなるお話です。
20171206_152738_2

そのユニークな世界をつくり出す、
ごとうみづきさんの展覧会が開催されます。
素敵な原画をご覧いただける機会です。
003_2

clip clip clip

ドイツ12のおはなし 
まつやまさとこ布絵展

■日時
2017年 12月5日(火)〜12月10日(日)
12:00〜19:00(最終日 16;00まで)

■会場
GALERIE Malle

〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿4-8-3 神原ビル1階
Tel&fax 03-5475-5054
JR恵比寿駅東口から徒歩3分

■HP
GALERIE Malle
http://galeriemalle.jp

まつやまさとこさんのページ
http://uzu-syuge.com

clip clip clip

「おなみだぽいぽい」
後藤美月絵本原画展~そらとぶとり篇

■日時
2017年12月8日(金)〜12月13日(水)
11:00〜19:00(最終日17:00まで)

■会場
OPAgallery

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4-1-23 1F
TEL 03-5785-2646
表参道駅 A2、A3出口徒歩5分

■HP
OPAgallery
http://opagallery.net

ごとうみづきさんのページ
http://zukkeenee.com

-----

『婦人之友』2018年1月号予告は こちら↓
http://www.fujinnotomo.co.jp/magazine/notice/#anchor01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 1日 (金)

井田典子さんの新連載が始まります

10月号座談会&特集「物と心の整え方」には、
「なぜ、整えたらよいかがわかりました」
「心も物も、揺れても戻る力が
大切なんだと思いました」

など、たくさんの反響をいただきました。

座談会に出席の井田典子さん(相模友の会)は、
整理収納の達人であり、
物の持ち方、時間の使い方などをはじめ、
たびたび婦人之友誌上に
ご登場くださっています。
20171201_174308_2

20171201_174635_2
そして、1月号からは
「50代からの身軽な暮らし」の連載がスタート。
これまでを振り返りながら、
子育てがひと段落した今後の暮らしを、
どのような心持ちで、
どうつくり出し彩っていきたいかを、
柔らかな文で綴っていただきます。
どうぞお楽しみに。

clip clip clip

■ 井田さん出演テレビ

12月2日(土) 午後9時~
BSプレミアム
「スーパー主婦 ザ☆ワールド」

■くわしくは、こちら↓
www4.nhk.or.jp/P4025/

-------
■『婦人之友』2017年10月号は こちら↓
http://www.fujinnotomo.co.jp/magazine/fujinnotomo/f201710/

■『シンプルライフをめざす 基本の家事』は こちら↓
http://www.fujinnotomo.co.jp/book/life/b5734/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧