おしらせ

2017年10月10日 (火)

今週金曜日は、婦人之友社・乳幼児グループの「育児相談」の日

今週10月13日(金)は、「育児相談日」です。
婦人之友社の3階ホールで
婦人之友社・乳幼児グループ
(4歳までのお子さんを持つお母さんの会)による、
お子さまとお母さんへの健康相談が開かれます。
A150410_135


A160708_021

いらしたらまず、
お子さんの身長や体重の測定。
そのあとにグループの会員の方は、
小児科医の若江恵利子先生
健康診断を受けられます。
A160909_038

また、保育学が専門の榎田二三子先生
管理栄養士の丸井浩美先生
に、
育児に関する日常の悩みなどを
自由にお話できます。
どんな小さなことでも
相談にのってくださいますので、
ぜひお越しください。
当日の入会も可能ですので、
会員でなくてもご興味のある方は
ぜひ見学にいらして下さい。

お母さんが相談などしているあいだ、
お子さんは大人と一緒に
遊びながら待っていられます。
おばあちゃんやおじいちゃんも一緒にいらして、
お孫さんと楽しそうに遊んでいらっしゃることも。

*育児相談は、1月と8月を除く、
 毎月第2金曜日に開催しております。
*予約の必要はありません。

乳幼児グループのホームページにも
詳細を掲載しておりますので、
ご覧ください。

--------------

■ 乳幼児グループについてはコチラ
http://www.fujinnotomo.co.jp/nyuyouji/

■婦人之友社HPはコチラ
http://www.fujinnotomo.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 7日 (土)

「愛読者はがき」をお送りください

発売中の婦人之友10月号では、
巻末に「愛読者はがき」をつけましたshine
お読みになっての感想、ご提案、
生活の中の悩みや関心、また近況などを
ぜひお聞かせください。
20171006_163003
皆さまの声を参考に、116年目にむけて
よりよい誌面にしていきたいと思っております。

お寄せくださった方には、
『婦人之友』表紙絵のはがきを
お送りしています。

◆PC、スマートフォンからもお答えいただけます
(10月号にQRコードを掲載)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 4日 (水)

「灯籠流し(Paper Lanterns)」上映会、明日館で

みなさんは、アメリカのオバマ前大統領が、
現職の大統領として初めて被爆地・広島を訪れ、
核兵器廃絶へ向けたスピーチをした後に、
1人の被爆者とハグし合った光景を
覚えておられるでしょうか。
260
その森重昭さんは、
被爆した米兵の足跡をたどり、
遺族を探して40余年。
婦人之友8月号の平和特集では、
本誌の読者である妻の佳代子さん
共に歩んできた道のりをうかがい、
大きな反響をいただきました。
H1 310
「被ばくに国境はない。
息子を、兄弟を思う気持ちは、みな同じです。
せめて遺族に消息を知らせることが、
生き残った私の責任だと思いました…」

と、重昭さん。
佳代子さんも幼少時に被爆。
真実を求めて突き進む夫を支えながら、
毎夏、世界平和祈念聖堂で、
原爆犠牲者を悼み、
フォーレの「レクイエム」を歌い続けています。
011
記事の中でもご紹介した、
森さんの長年の取り組みをまとめた
ドキュメンタリー映画「灯籠流し」
(2016年、バリー・フレシェット監督)が、
10月13日(金)に自由学園明日館講堂で、
上映されます。
1157_002
当日は、森さんご夫妻も来られ、
映画の制作に携わった
伊吹由歌子さんのお話もあります。

ぜひお出かけください。

clip clip clip

『灯籠流し(Paper Lanterns)』

■ 日時
10月13日(金)
18時30分開場
19時上映開始(約1時間)
■ 場所
自由学園明日館講堂
豊島区西池袋2-31-3
■ 参加費
300円 
*チケットの前売りはありません。
当日、受付でお払い下さい。

□ 主催:全国友の会国際交流の会
□ 協賛:(公財)全国友の会振興財団
□ 後援:豊島区

■ 問い合わせ
全国友の会中央部
☎03-3971-9359(火・金)
HYPERLINK
tomonoki@sepia.ocn.ne.jp

------
婦人之友2017年8月号は こちら↓
http://www.fujinnotomo.co.jp/magazine/fujinnotomo/f201708/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月13日 (水)

第4回料理レシピ本大賞 in Japan 2017 ジャンル賞の「DNP賞」受賞しました!

皆さまにうれしいご報告です。shine

宮城県石巻市十三浜の
漁家の方々と一緒に作成した
『三陸わかめと昆布 浜とまちのレシピ80』
(2017年3月発刊)が、このほど
第4回料理レシピ本大賞 in Japan 2017
・ジャンル賞の「DNP賞」
を受賞しました。shine
_dsc0091_4

総エントリー数163点から、大賞・入賞は全13点。
受賞者(著者、担当編集者)、主催者共に喜び合いました。

料理レシピ本大賞 in Japan  は、
料理本の書籍としての魅力をアピールし、
その価値を高めるために創設された賞です。
ジャンル賞は、その中で
特徴のある本に贈られるもので、
このコンクールに協賛する大日本印刷(DNP)の
名前が付けられています。
A170905_075_2

_dsc0117_2

_dsc0063_2

表彰状と共に、お皿の形をしたトロフィーをいただきました。

9月12日、東京ドームホテル(文京区)で
行われた授賞式では、大日本印刷から
「東北の復興を応援する気持ちもこめて選んだ」
とのお話があり、編集部からも、
わかめや昆布のおいしさと共に、
未だ復興の道半ばにある被災地の方々を
忘れずにいていただきたい、

と伝えました。
_dsc0038_3

授賞式後には、150人ほどの参加者が、
大賞・入賞作品の中から選ばれた品々を試食。
「このわかめ、本当においしいですね」
「ごま油で炒めただけとは思えないです」
「昆布が生でいただけるんですね」

と、たくさんの方が関心を寄せてくださり、
展示した塩蔵わかめ・茎わかめ・昆布を
手に取る方も多数見られました。
_dsc0099_2

試食コーナーに並べられた、「どっさりわかめのごま油炒め」。
十三浜の塩蔵わかめを、東京ドームホテルのシェフが
レシピ通りにつくったもの。

震災以降、十三浜の漁家の方々との交友を
深めてきた全国友の会、自由学園、そして、
わかめや昆布を購入することで
応援してくださっている
『婦人之友』『明日の友』の読者の皆さま、
この本の製作にあたり
レシピをお寄せくださった皆さまはじめ、
多くの方々の温かい思いと力が
寄せられての受賞と、うれしく思います。

今回の受賞を励みに、
十三浜のおいしいわかめや昆布を、
そして皆さまの思いの詰まったこの本を、
さらに広めていきたいと願っています。

-------

『三陸わかめと昆布 浜とまちのレシピ80』 は
こちら↓
http://www.fujinnotomo.co.jp/news/20170912_recipe_wakame/

十三浜わかめクラブ 秋のご購入のご案内 は
こちら↓
http://www.fujinnotomo.co.jp/news/20170908_wakame/

第4回料理レシピ本大賞 in Japan 2017 は
こちら↓
http://recipe-bon.jp/?info=%e3%80%90%e7%ac%ac4%e5%9b%9e-%e6%96%99%e7%90%86%e3%83%ac%e3%82%b7%e3%83%94%e6%9c%ac%e5%a4%a7%e8%b3%9e-%e7%b5%90%e6%9e%9c%e7%99%ba%e8%a1%a8%e3%80%91

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 8日 (金)

「まけないぞう」の応援、ありがとうございます!

9月号(発売中)の読者訪問では、3.11以降、
森脇妙紀さん(釜石市駒木山不動寺・副住職)が、
釜石市の復興に
尽力されている様子をお伝えしました。
20170908_101404

その記事で取り上げた
「まけないぞう」プロジェクトには、
多くの読者の皆さまが
関心を示してくださいました。
20170908_114629

森脇さんからは
「皆さん、材料となるタオルを送ってくださり、
嬉しいです!」

とのお電話が。

また、編集部には「まけないぞう」を買って
支援したいという方からのご連絡もいただき、
嬉しく思っています。

「まけないぞう」プロジェクトとは、
被災した女性たちが、タオルを象の形に縫うことで、
1頭につき100円の現金収入が得られるというもの。
自宅や家族を失った高齢女性の
生きがいにもつながる支援に、
ますますのご協力をどうぞよろしくお願いします。

clip clip clip

[申し込みは電話・FAX・HPより]

お名前
送り先
電話番号
種類と個数
・代金はお届け時に振込用紙同封
(10個以上は送料無料)

〒652-0801 
神戸市兵庫区中道通2-1-10 
被災地NGO協働センター

電話:078-574-0701
FAX:078-574-0702
HP:http://ngo-kyodo.org/

[材料のタオル募集!]

新品で、色柄は問いません。
材料輸送等のために、
タオル1枚につき10円のカンパを。

◎送り先
〒026-0033 
釜石市駒木町5-23 不動寺

電話&FAX:0193-22-5850

-------

婦人之友2017年9月号は こちら↓
http://www.fujinnotomo.co.jp/magazine/fujinnotomo/f201709/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月25日 (火)

子供之友展、いよいよ日曜日まで

天童市美術館で開催中の
「描かれた大正モダン・キッズ 
婦人之友社『子供之友』原画展」

いよいよ今週の日曜日までsign03になりました。

Dsc_6880

Dsc_6864_e

Dscn2752


天童へお邪魔したときのこぼれ話flair

さくらんぼの季節cherry
天童の方たちの頭は
さくらんぼでいっぱいになるそうです。
皆さん知り合いの農家に呼ばれて、
収穫や箱詰めのお手伝いに行かれるのだとか。
これから、さくらんぼをいただく度に
思い出しそうです。

まとまって原画をご覧いただける貴重な機会、
夏休みにぜひお出かけ下さいshine

clip clip clip

描かれた大正モダン・キッズ
婦人之友社『子供之友』原画展

1

2

■会期
2017年6月22日(木)〜7月30日(日)

■休館日
月曜日

■開館時間
9:30〜18:00(入館は30分前まで) 

■入場料
・一般 500円
・高校、大学生 300円
・小、中学生 200円

■会場 
天童市美術館

〒994-0013
山形県天童市老野森一丁目2番2号
tel.023-654-6300

東京駅より山形新幹線でおよそ3時間
JR天童駅より徒歩15分

---------
■ 天童市美術館のHPは こちら
http://www3.ic-net.or.jp/~ten-bi/

■ 婦人之友社特設HPは こちら
http://www.fujinnotomo.co.jp/n…/20170609_kodomonotomo_tendo/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月18日 (火)

天童で子供之友展

東京板橋、姫路、刈谷と巡回してきた
「大正モダン・キッズ 
婦人之友社『子供之友』原画展」

いよいよ最終地の天童市美術館(山形)
7月30日まで開催されています。

婦人之友7月号でつくり方を掲載した
「子供之友からとびだしたワンピース」
斉藤直子さん製作)も
特別に展示しています。
どうぞお出かけ下さい。

1707

ワンピースは展覧会ポスターやチラシにもなっている
村山知義「せいの順」(1926年1月号)
左から2番目の女の子の洋服をヒントに、
似た布を探してつくりました。

clip clip clip

描かれた大正モダン・キッズ
婦人之友社『子供之友』原画展

1

2

■会期
2017年6月22日(木)〜7月30日(日)

■休館日
月曜日

■開館時間
9:30〜18:00(入館は30分前まで) 

■入場料
・一般 500円
・高校、大学生 300円
・小、中学生 200円

■会場 
天童市美術館

〒994-0013
山形県天童市老野森一丁目2番2号
tel.023-654-6300

東京駅より山形新幹線でおよそ3時間
JR天童駅より徒歩15分

---------
■ 天童市美術館のHPは こちら
http://www3.ic-net.or.jp/~ten-bi/

■ 婦人之友 2017年7月号 はこちら
http://www.fujinnotomo.co.jp/magazine/fujinnotomo/f201707/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月21日 (水)

まつやまさとこさん 明日館にて展示会開催中

2015年婦人之友のもくじの挿絵として、
素敵な布絵を製作してくださった、
まつやまさとこさんの展覧会が、
自由学園明日館内にある
JMショップで開かれています。
色とりどりの布や糸でつくられた布絵は、
お伽話の一幕のようで、こころが踊ります。
実際の刺しゅうを間近で見られる、よい機会です。

今回は陶芸作家の藤原ひろ子さんとの二人展。
うつわや小さなオブジェの他、陶器のアクセサリーも。
やさしさあふれる作品です。

Kimg2601_3

Kimg2600

今週の日曜日まで。ぜひおでかけ下さい。


clip clip clip

水無月の庭で」
まつやまさとこ・藤原ひろ子二人展

Photo

■期間
2017年6月6日(火)~25日(日)
月曜定休

■時間
10:30~16:30

■場所
自由学園生活工芸研究所
JMショップ
〒171-0021
東京都豊島区西池袋2丁目31-3 1階
(自由学園明日館敷地内)

TEL:03-3971-7297
 

---------
 
■まつやまさとこさんのHPは こちら
http://www.uzu-syuge.com/
 
■自由学園生活工芸研究所・JMショップのHPは こちら
http://jiyu-craft.typepad.com/jm/
 
■婦人之友 2015年バックナンバー はこちら
http://www.fujinnotomo.co.jp/magazine/fujinnotomo/?y=2015

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月16日 (金)

表紙絵の網中さん展覧会

毎号季節感あふれる、
明るい表紙絵を描いて下さる、
網中いづるさん(別府在住)。

そのさまざまな作品が見られる
網中いづる×別府竹工芸研究所の「アミ」展が、
青山のPinpoint Galleryで開かれています。
おしゃれで優しい雰囲気の人物絵や、
動物たち、そして花。
別府竹工芸研究所の竹かごと一緒に飾られ、
心地よい空間です。
Img_0420


Img_0425

網中さん在廊日にお邪魔したところ、
今年、婦人之友のデザインをしてくださっている
ME&MIRACOの皆さんもいらっしゃいました。
もともと、網中さんと親交が深く、
展覧会を楽しみながら
和気あいあいとお話しされていました。
記念の1枚。
Img_0426

clip clip clip

「アミ」展
Photo

■ 日時
2017年6月12日(月)〜24日(土)
11:00~19:00
土曜日は17:00まで(日曜休廊)

■ 会場
Pinpoint Gallery
107-0062
東京都港区南青山5−10−1 
二葉ビルB1F

電話 : 03-3409-8268

東京メトロ表参道駅B1出口より徒歩3分。
http://www.pinpointgallery.com/index.html

■ 展覧会について詳しくはこちらから
http://www.pinpointgallery.com/cn9/cn148/pg2409.html

*別府竹工芸研究所によるワークショップや実演も。

◇網中いづるさんのHPはこちらから
http://www.izuru.net/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 6日 (火)

フランク・ロイド・ライト生誕150th記念

婦人之友社向かいの
自由学園明日館
を建てたフランク・ロイド・ライト
日本では、帝国ホテルの建築でも知られます。

その「帝国ホテル ライト館」(1923〜1967)で
使用されていた食器を
復刻、販売しているノリタケ(銀座店)で今、
復刻食器を使った
テーブルセッティングが紹介されています。

Photo_3

セッティングは、明日館公開講座で
フラワーアレンジメントの講師を務め、
2014年7月号では、
自由学園初等部の子どもたちと生けた
「七夕のフラワーアレンジメント」
紹介してくださった小林亮子さん
20170606_190648_2

ライトの誕生日、6月8日(木)に合わせて、
5日(月)〜10日(土)は生花も展示予定
暑くなり始めたこの時期、目からの涼しさをどうぞ。

「七夕のアレンジメント」では
香りのよいローズゼラニウムを使いました。
連載中の「ちょっとひとつみハーブとなっぱ」
8月号(7月12日発売予定)
では育て方と、
使い方を掲載予定です。
こちらも、お楽しみに。

■期間
5月22日(月)〜6月12日(月)
■時間
11:00〜19:30
■場所
ノリタケ・大倉陶園 銀座店 
〒104-0061
東京都中央区銀座3-4-12 文祥堂ビル2F 
TEL : 03-3567-6121
■HP
http://tableware.noritake.co.jp/shop_noritake/ginza.html

---------

 

小林亮子さんのHPは こちら
http://ryoko-kobayashi.jp/

 

■自由学園明日館のHPは こちら
http://www.jiyu.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧