おしらせ

2018年4月 4日 (水)

「f-tomoカフェ」第2回目は、井田典子さんです

今月から始まる、月に1度のトークイベント
「f-tomoカフェ」
Ftomo2
第1回、来週4月10日(火)に開催の、
湯浅誠さんと語る
「子どもの貧困と、
今日から私たちができること」は、
好評予約受付中です。
どうぞ、お早めにお申し込みください。
●お申し込み先アドレスは こちら↓
 
 
5月には、第2回を開催!
相模友の会(婦人之友の愛読者の会)の会員で、
整理収納アドバイザーの、
井田典子さんのお話をうかがい、
皆さまとも自由に語り合っていただきます。
2018idanoriph  
井田さんはこれまでにも、物の持ち方、
時間の使い方などをはじめ、
たびたび本誌にご登場くださっています。
 
現在連載中の「50代からの身軽な暮らし」では、
子育てがひと段落した暮らしを
どのような心持ちでつくり出し、
彩っていきたいかを、
柔らかな文で綴ってくださり、
読者からは毎回大きな反響が届いています。
 
f-tomoカフェのテーマは、
「モノと時間と心の整理」
お席のご予約は、4月10日(火)にスタート!
詳しくは、以下をご覧ください。
 
さらに、第3回は、
エッセイ「こころの深呼吸」を好評連載中の
海原純子さんにご登場いただきます。
開催日は6月6日(水)の予定。
こちらは、5月1日(火)より予約開始です!
どうぞお楽しみに。
 
clip clip clip
 
【4月10日(火)予約開始!】
1805ftomocafeadd
井田典子さんと語る
「モノと時間と心の整理」
 
●日時:
2018 年5月11 日(金)
18:30~20:00(18:00 受付開始)
●場所:
豊島区西池袋 2-20-16 
婦人之友社 3Fホール
●対象:
50名
(高校生以上・先着順、満席になり次第締切)
●参加費:
1500円(本誌2018 年5月号持参の方は 1300円)
当日お支払い
●お申し込み先アドレス:
(faxの場合は・氏名、年齢、
電話番号を明記の上、03-3981-6747 まで)
●お問い合わせ
ftomo@fujinnotomo.co.jp(tel 03-3971-0101)
 
------
 
《今後ご登場のゲスト》
*開催日時などは7月号以降の誌面で
福岡伸一さん
(分子生物学者・「わたしの・すきな・もの」連載中
ほか
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月27日 (火)

展覧会へ、出かけませんか

「婦人之友」へ素敵なイラストをお寄せくださる
7人の方が、各地で展覧会をしています。
ぜひお出かけください。
 
clip clip clip
 
■網中いづるさん (「婦人之友」表紙)

220180327_183638_3

網中いづる個展
​「PINK」
 
3月24日(土)〜4月4日(水)木曜定休
11:00〜19:00(最終日17:00まで)
メリーゴーランドKYOTO
京都市下京区河原町通四条下ル市之町251-2 5F
 
 
4月11日(水)〜5月7日(月)火曜定休
10:00〜19:00(最終日17:00まで)
メリーゴーランド四日市
三重県四日市市松本3-9-6
 
詳しくは↓
 
------
 
■新目 惠 さん (「羽仁もと子著作集」挿絵)
 
220180327_184118
 
「Le jardin secret」ようこそ、秘密の花園へ
グループ展
新目 惠/たじまひろえ/ミナミタエコ
3月26日(月)〜31日(土)
11:30〜19:00(最終日17:00まで)
ギャラリーハウスMAYA
東京都港区北青山2-10-26
 
詳しくは↓
 
------
 
 
■石川えりこ さん
(2016〜17年 絵本「ねこのこふじさん」)
20180327_191751
 
石川えりこ個展 「ねこさんぽ」
 
3月26日(月)~4月7日(土)
11:00~19:00(土・17:00まで)
日曜休 ※祝日通常営業
Pinpoint Gallery
東京都港区南青山5-10-1(B1F)
 
詳しくは↓
 
 
-----
 
 
■ 山下アキ さん(「生活歌集・生活句集」挿絵)
  北村 人 さん(2015年「家計特集」挿絵など)
  信濃八太郎さん(「シンプルライフシリーズ」表紙など)
 
20180327_184333
20180327_184439
20180327_184732_2
 
五人展 
太田丈晴/北村人/信濃八太郎/得地直美/山下アキ
 
3月30日(金)〜4月9日(月)*日曜休
11:00〜19:00(土・最終日17:00まで)
GALLERY SANYODO
東京都港区北青山3-5-22山陽堂書店2・3F
 
詳しくは↓
 
-----
 
 
■まつやまさとこ さん
(2017年 絵本「空耳ずきん布画帖」など)
20180327_184552
 
布画作家まつやまさとこ個展
ー空耳ずきん布画帖ー
 
4月3日(火)〜8日(日)※会期中無休
11:00〜18:00
ギャルリ・ド・ぽえむ
東京都世田谷区松原3-9-18
 
詳しくは↓
 
-------
 
婦人之友2018年4月号は こちら↓
婦人之友2018年3月号は こちら↓
婦人之友2017年10月号(まつやまさん連載開始号)こちら↓
婦人之友2015年12月号は こちら↓
書籍「シンプルライフシリーズ」は こちら↓
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月19日 (月)

ftomoカフェ、始まります!

読者・筆者・編集部がつながるトークイベント
「f-tomoカフェ」が、
この4月からスタートしますnotes
誌面でおなじみの筆者の方々に
それぞれの専門分野を入り口に、
幸せな社会とは、
生きる力とは、
社会をよくするには、などをお話いただきます。
 
A151037d08e94562abd09b4b50861faf
 
第一回目は、
社会活動家で法政大学教授の湯浅誠さん
 
Yuasa_2
 
制作中の5月号の座談会
「社会も自分も豊かになる
“愉しい”地域のつくり方」
にもご出席くださり、
連載中の「思春期悩み相談」には、
毎回大きな反響が寄せられています。
 
テーマは、
「子どもの貧困と、
今日から私たちができること
~1ミリでも社会をよくするために~」
 
よく聞かれるようになった”子どもの貧困”。
この課題に最前線で向き合われる
湯浅さんのお話を伺い、
会の後半は、参加いただいた皆さんと
一緒に語り合い、
共に考える時間にしたいと思います。
 
ぜひ、お気軽にご参加下さいshine
 
clip clip clip
 
「子どもの貧困と、
今日から私たちができること
~1ミリでも社会をよくするために~」
 
099_201804_ftomocafe
 
●日時
2018 年4 月10 日(火)
18:30~20:00(18:00 受付開始)
 
●場所
婦人之友社 3Fホール
〒171-0021
東京都豊島区西池袋 2-20-16 
 
●対象
50名
(高校生以上・先着順、満席になり次第締切)
 
●参加費
1500円
(本誌2018 年4 月号持参の方は 1300円)
当日お支払い
 
●お申し込み先アドレス
faxの場合は・氏名、年齢、
電話番号を明記の上、03-3981-6747 まで
 
●お問い合わせ
ftomo@fujinnotomo.co.jp
 
tel: 03-3971-0101
 
------
 
《今後ご登場のゲスト》
 *開催日時などは5月号以降の誌面で
 
・井田典子さん
(整理収納アドバイザー・「50代からの身軽なくらし」連載中)
 
・海原純子さん
(心療内科医・「こころの深呼吸」連載中)
 
・福岡伸一さん
(分子生物学者・「わたしの・すきな・もの」連載中)
 
ほか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月15日 (木)

本日発売! 新刊『いのりの海へ』

婦人之友の姉妹誌『明日の友』
6年間連載された渡辺憲司さん「たまさか紀行」
人気ページに新たな4篇が加わって
単行本 ができました。
旅のお供に、心静かなひとときに。
 
4月25日(水)には、
エッセイストの酒井順子さんとの講演会を
自由学園明日館で行います。
どうぞお出かけください。
 
book book book
 
 
A180205_005
 
渡辺憲司 著
定価1,620円(税込み)
四六判 232頁(巻頭カラー6頁)
 
flairご購入はこちら
 
clip clip clip
 
 
_dsc0026
渡辺憲司氏
(自由学園最高学部長・立教大学名誉教授)
Photo
酒井順子氏
(エッセイスト)
 
旅好きで、大の鉄道ファンでもある酒井さんは
珍道中のエピソードを淡々とつづる
『女子と鉄道』『地下旅』など
旅に関する著書が多数。
「準備して裏切られることが旅の醍醐味」
という渡辺さんと、
楽しい旅の思い出をお話いただきます。
終了後、新刊書籍へのサイン会もございます。
 
flair詳しくはこちら
 
clip clip clip
 
■日時
4月25日(水)
13時半〜15時(13時受付開始)
■場所
自由学園明日館 講堂(定員200人)
東京都豊島区西池袋2-31-3
(池袋駅・目白駅よりそれぞれ徒歩約10分)
■会費
1000円(当日お支払い)
■締め切り
4月20日(金)
■お申込み方法
お名前・ご住所・お電話番号・人数
をお書きの上、
はがき、ファックス、メール、
いずれかでお申込みください。
ご案内をお送りします。
□宛先
〒171-8510
東京都豊島区西池袋2-20-16
婦人之友社
明日の友編集部 出版記念講演会係
FAX 03-3982-8958
E-mail tomomail@fujinnotomo.co.jp
 
わたなべけんじ
◎1944年函館生まれ。横浜市立商業高校(定時制)、私立武蔵高校、梅光女学院教員などを経て立教大学文学部教授。立教新座中学・高校校長を経て、現在自由学園最高学部長。『明日の友』に2004年より「たまさか紀行」を連載。著書に専門である『近世大名文芸圏研究』、東日本大震災後の立教新座高校卒業生にあてた祝辞を含む『時に海を見よ』など。
 
さかいじゅんこ
◎1966年東京生まれ。立教大学卒業後、広告代理店勤務を経て現在は執筆に専念。『負け犬の遠吠え』で第4回婦人公論文芸賞と第20回講談社エッセイ賞をダブル受賞。近著に『裏が、幸せ。』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 8日 (木)

3.11〜18「心はいつも子どもたちといっしょ」写真展開催」

「保養キャンプ」ってご存知ですか?
3.11以降、屋外で遊びにくくなった
福島の子どもたちのために、
首都圏や関西圏、全国各地で
子どもが思い切り遊べるように、
食事や宿泊場所なども提供して行われる
キャンプです。
Pasted_graphic
昨年、帰宅困難者への国からの
住宅支援が打ち切られてから、
そうしたキャンプへの自治体などによる
支援も減る傾向だそう。
 
多くは寄付で成り立っているところが多いのですが、
今後は利用者負担の増加も懸念されます。
これからは広く一般の支えも必要と考えます。
6年前に『かぞくのじかん』 誌上で、
相模原のお母さんたちが開催する
「母ちゃんず」 の保養キャンプをご紹介。
 
Img_4201
 
昨年は活動を立ち上げた竹内亜紀さん
取材させていただきました。
(お母様から二代目の読者で、相模友の会会員)
その際、撮影をしてくださった吉田智彦さんは、
毎年行われるキャンプと
参加する親子の様子を撮りためてきました。
 
こうした活動が今も続いていること、
そしてまだまだ、外遊びを当たり前に
させてやれない子どもたちがたくさんいること。
でも、子どもたちは
安心できる遊び場さえあれば笑顔になれる。
そうした現状を広く知らせたいと、
吉田さんの呼びかけで
写真展を開催することになりました。camerashine
 
3月11日(日)から1週間、
池袋にある婦人之友社と
F.Lライトの自由学園明日館 のお隣り、
東京第一友の家で行います。
 
11日は、家族の写真を撮ってもらえる
フォトセッション(収益は寄付)や、
絵本の読み聞かせ、トークセッションもあるので、
ぜひご家族で遊びにいらしてください!
 
clip clip clip  
 
心はいつも子どもたちといっしょ
 
Pasted_graphic_3 Pasted_graphic_1_2
■期間
2018年3月11日(日)〜18日(日)
※15日(木)休み
■時間
10時00分~16時20分(入場は16:00まで)
※最終日は15:00まで
■入場 無料
■会場 
東京第一友の家2階(自由学園明日館向い) 
東京都豊島区西池袋2−20−11
(池袋駅東口から徒歩約7分。目白駅から徒歩約8分)
■問い合わせ
『心はいつも子どもたちといっしょ』実行委員会
kokoro.itsumo.issho@gmail.com
 
◎初日3月11日(日)はイベントDAY !!
 
■ ポートレート撮影会
10:00-13:00 *当日受付、最大12組、1,000円
■親子のための読み聞かせ会
13:00-14:00 *申し込み不要、無料
■トークセッション
14:00-15:30 *申し込み不要、無料。
自主避難中の方をゲストにお迎えします。
 
■詳しくは、こちら↓
 
-------
 
■毎日新聞でも取り上げられました こちら↓
■婦人之友2017年7月号 はこちら↓
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 5日 (月)

川越で小村雪岱展

開かれています。
Dscn3400_e1jpg
 
Dscn3399_e
小村雪岱は画家、装幀家として、
また舞台美術家として活躍しました。
1932(昭和7)年には
『婦人之友』の表紙を描いており、
今回の展覧会にはそのうち4枚を
貸し出しています。
 
雪岱の作品は、
1本1本の線が本当に美しいです。
また新聞小説の挿し絵など、
スミ1色でこんなに豊かな表現ができるのか、と
見入ってしまいました。
 
3月11日(日)まで。
ぜひお出かけください。
 
clip clip clip
 
生誕130年 小村雪岱
「雪岱調」のできるまで
001 002
■ 日時
2018年1月20日(土)〜3月11日(日)
9:00〜17:00(入場は16:30まで)
*月曜休館
 
■ 会場
川越市立美術館
〒350-0053 
川越市郭町2-30-1
TEL:049-228-8080
 
■ 入場料
一般 600円
大学生・高校生 300円
中学生以下 無料
 
川越市立美術館HP はこちら↓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月26日 (月)

熊谷守一の世界 3月号対談

発売中の婦人之友3月号対談
「小さな絵に広がる宇宙
——画家・熊谷守一の世界」

です。
1804
亡くなって40年を経てもなお新鮮な作品と、
画壇の仙人とも呼ばれた生き方に
注目が集まっている熊谷守一

対談では、画家で
豊島区立熊谷守一美術館館長の
熊谷榧さん(守一の二女)と、
守一の展覧会に長年携わってこられた
天童市美術館館長・学芸員の
池田良平さん
製作秘話などを語り合います。
A180113_059
熊谷守一美術館では、
収蔵作品展が
4月1日(日)まで開かれており

3月号に掲載の
「桜」「アゲ羽蝶」「母子像」
展示されています。
A180117_016
Photo_2
*熊谷守一美術館(東京都・豊島区)のHPは こちら↓
http://kumagai-morikazu.jp/index.html

国立近代美術館での大回顧展は
3月21日まで。
合わせてお出かけ下さい。

--------

『婦人之友』2018年3月号 はこちら↓
http://www.fujinnotomo.co.jp/magazine/fujinnotomo/f201803/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月21日 (水)

名古屋友の会 “手づくり”工芸展

「婦人之友」愛読者の集まりである全国友の会
各地でそれぞれの特徴を持ち、
家庭から地域へ、そして社会へと
生活をテーマに日々活動されています。

その中で、名古屋友の会は、
長く熱心に生活工芸を研究、
この2月25日(日)と26日(月)には、
第56回“手づくりはたのし”展示会
2年ぶりに開催されます。
(写真は一昨年開催の展示より)
E3818fe3828ae381afe3819fe381aee3_2
四季折々の自然の美しさを、
生活に生かしたいという願いから、
みんなで学び合いながら制作をつづけてきました。
会に向けて、この冬は
毎週水曜日に集まって準備を進め、
忙しくても、みんなで楽しく
制作に励んでこられた様子を聞きました。
E3818fe3828ae381afe3819fe381aee3_3
自然に目を向け、草花のスケッチから始まり、
作品に至るまでには、
いくつものプロセスがあるようです。
お手本のない工芸の苦労と、
それに勝る面白さが伺えます。
E3818fe3828ae381afe3819fe381aee3_4
ステンシル、小さい織、刺しゅう、
モザイクタイルなど、作品はもちろんのこと、
展示会にお越しの人たちも参加できる
「体験コーナー」も充実しています。
どうぞご参加ください。

flair「体験コーナー」の詳細 はこちら!flair
http://www1.odn.ne.jp/~cej83280/02event-4tedukuriten.html#taiken

合作のテーマは「希望」。
参加している会員が試行錯誤しながら、
完成させた作品の数々を
ぜひ多くの方にご覧いただき、
手づくりのたのしさを
体感して頂けたらと思います。
E3818fe3828ae381afe3819fe381aee3_5

clip clip clip

”手づくりはたのし”展示会

■日時
2018年2月25日(日)、26日(月)
午前10時~午後3時30分(月曜3時まで)
■入場料
300円(小学生は100円)
■会場
名古屋友の家
〒466-0835
名古屋市昭和区南山町11
地下鉄鶴舞線 いりなか下車 2番出口 徒歩5分
*駐車場の用意はありません
■HP
展示会について詳しく はこちら↓
http://www1.odn.ne.jp/~cej83280/02event-4tedukuriten.html
名古屋友の会 はこちら↓
http://www1.odn.ne.jp/~cej83280/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 2日 (金)

ごとうみづきさん 広島で絵本の原画展開催

本紙の絵本ページ「あのね」で、
いつもユニークなお話と素敵な絵で
物語を届けてくださる、ごとうみづきさん
発売中の2月号では、
雪をテーマに、寒くて暗い冬も、
視点を変えるだけで少し楽しくなるお話を、
かいてくださいました。
ちょうど今日の東京も雪snow
前回のものが溶ける間もなく、
新たに降ってきました。
20180202_114729

そんなごとうさんの絵本
『おなみだぽいぽい』の原画展
広島市で開催されます。
昨年、東京でも開かれた原画展。
授業についていけず、ぽろりとこぼした涙。
「ああ、そういうこと あったあった」と、
つい小学生だった頃を思い出す人も
多かったようです。
絵の具と貼り絵で、
ある場面は繊細に、
またはある場面ではダイナミックな
構図と色彩に驚かされます。

2月3日のみ、
ごとうさんは在廊の予定です。

連載「あのね」についてもお話が伺えるかも。
お近くの方は、どうぞ足をお運びください。

clip clip clip

おなみだぽいぽい原画展

Info

■日時
2018年 2月3日(土)~2月18日(日)
11:00-19:00 
*火曜日お休み
■会場
READAN DEAT
〒730-0802
広島県広島市中区本川町2-6-10 和田ビル203
*広島電鉄 本川町電停 徒歩1分
tel:082-961-4545
■会場HPこちら↓
http://readan-deat.com/
■原画展について詳しくは こちら↓
http://readan-deat.com/2018/01/onpp/

--------

『婦人之友』2018年2月号 はこちら↓
http://www.fujinnotomo.co.jp/magazine/fujinnotomo/f201802/

ごとうみづきさんのHPは こちら↓
http://www.zukkeenee.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月30日 (火)

いま一度考えてみませんか? エネルギーのこと。映画『おだやかな革命』公開

3.11からまもなく丸7年が経とうとしています。
東日本大震災以降、さまざまな土地で、自然エネルギーへの取り組みや理解が広がりました。
映画『おだやかな革命』は、自然・人・地域と向き合い、自らの手で生活を作り出している人たちを追ったドキュメンタリー映画。今週末2月3日(土)より、東京・東中野ポレポレにて公開されます。
Odayaka_flyer

婦人之友2016年4月号でお訪ねした福島県の佐藤彌右衛門さんも出演しています。佐藤さんは、200年以上続く大和川酒造の当主として働きながら、地産地消のエネルギーとして会津電力を立ち上げ、発電事業をスタート。thunder
その取り組みは、現在多くの地域のモデルケースとなり、佐藤さんの言う「四方四里(四方向、四里=16kmの中で得られる食物を食べ生活することが、人にも自然にもよいとする言い伝え)」の考え方が、各地に根づいてきていることを感じます。
Photo
佐藤彌右衛門さん(会津電力)。

映画では、福島県から、会津電力の佐藤さんと飯舘電力の小林稔さんの姿を追います。小林さんは、飯舘村で畜産業を営み、避難後、佐藤さんに後押しされ、飯舘村に電力会社を立ち上げました。
Photo_2
飯舘村から避難先で牛を育てる小林さん親子。

秋田では、生活クラブ(生協)による市民風力。また、岐阜県郡上市の小さな集落、石徹白に移住した平野さん夫妻は、伝統的な野良着を現代風にアレンジした洋服店を営み、集落存続のために100世帯全戸が出資をした小水力事業を促進。
1_2
石徹白、小水力発電設置風景。

また、岡山県の人口1500人ほどの西粟倉村で、森の再生事業を展開する井筒さんなど、日本各地で起きている小さなエネルギー革命を、渡辺智史監督がていねいに取材しています。shine
Photo_5
監督:渡辺智史

山形県鶴岡市生まれ。2012年に映画『よみがえりのレシピ』公開。教育映像「在来作物で味覚のレッスン」が第9回キッズデザイン賞の「未来を担う消費者デザイン部門」で優秀賞。地域課題に真摯に向き合う、ソー シャルデザインとしての映像制作を探求している。

私たちの生活でも、身近な存在になってきた自然エネルギー。
その先にある暮らしから、本当に幸せな生活とはどんなものかを考えさせてくれます。
ぜひ足をお運びください。

clip clip clip

映画『おだやかな革命』

Odayaka_flyer_2 Odayaka_flyer_ura_3

■ 上映について詳しくは、
『おだやかな革命』公式ホームページ
http://odayaka-kakumei.com/

◇2月3日(公開初日)にマルシェイベント
「SIMPLE LIFE MARKET」開催!◇

石徹白洋品店や、西粟倉の木製品など、映画に登場の「暮らし選択」の機会となる商品やサービスを紹介するマルシェ「SIMPLE LIFE MARKET」が。会場内では渡辺智史監督、映画出演者、ゲストによるトークイベントも開催予定です。

■ イベントについて詳しくは、こちら!
https://www.facebook.com/events/150090032311501/

*4月以降、大阪、名古屋、岐阜での上映も決定
(詳しくは公式ホームページをご確認ください)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧