料理

2016年2月25日 (木)

『婦人之友』フェイスブックいいね 1000人、ありがとうございます!

昨年2月に、婦人之友のフェイスブックページを開いて
ちょうど1年、
「いいねgood」と登録して下さっている
購読者の方が1000人を越えましたshine

1000のキャプチャをとるべく、待ち構えていましたが、

あ、1001人にsign01
1000


これからも誌面の紹介こぼれ話
お知らせなど、新鮮な話題を更新していきます。
どうぞご愛読をお願いいたします。
*編集部のフェイスブックはどなたでもご覧になれます*

婦人之友は、3月号が発売中。
今年からの新連載「もっと料理上手に」では、
前号で紹介した、おいしさを決める塩分%でつくる
煮物や浅漬けなどのレシピを紹介しています。
10002

この連載は、本誌料理ページでもおなじみの
本谷惠津子さん
家庭料理の「調理と味の急所」
教えていただくページ。

次号4月号は「お弁当特集」とあわせた拡大版です。
本谷さんの「朝あわてない”ちょっと調理おかず”」
どうぞお楽しみに。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年2月 4日 (木)

「チョコ風味のちぎりパン」をつくりませんか

婦人之友2月号の「気軽にできる今日のお菓子」は、
ココア生地にチョコチップを混ぜ込んだ
「チョコ風味のちぎりパン」です。
Nnssk1270_2

リング型でつくったちぎりパン (撮影/原 務)

パンは待つ時間がかかる…
と思うかもしれませんが、
発酵にかかる時間は、
一次、二次あわせても2時間ほど。

「待っている間に
台所しごとが一つできる、と楽しんでます」

つくり方を教えてくださった石田 薫さん
子どもたちにもこのパンは大人気、と話します。

2月号では、18cmのリング型を使ったちぎりパンのほか、
切り込みを入れて、かわいいハート型heart01に整える方法を紹介。
バレンタインの贈り物にも。
Nnssk1276

ハート型のちぎりパン (撮影/原 務)

チョコチップのほかに、
オレンジピールやくるみを入れて大人の味にもできます。
ぜひつくってみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月22日 (火)

10月号お料理の撮影

先週、10月号のお料理の撮影がありました。
丸山久美さんに教えていただく、スペイン風の洋食です。

写真は、きのこの洋風炊き込みご飯、鮭のクリームコロッケ。
秋のおいしい食材を活かして
つくってみたくなるものばかりでした。

1410_4

今日、関東でも梅雨明けが発表され、暑い日が続きますsun
発売中の婦人之友8月号
お料理&お菓子ページもぜひ参考に、
さっぱりとした夏の味をお楽しみください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月21日 (金)

5月号お料理の撮影

雪が残る中、5月号お料理ページの撮影のため、清水信子先生のお宅に伺いました。
編集部は4月号の制作まっただ中ですが、5月号の撮影も徐々に始まっています。

 

季節感を大切にされる清水先生ならではの、初夏のお料理を教えて頂きました。
こちらは夏みかんのしぼり汁を合わせ酢に加え、たけのこ、そら豆、ふき、鯛を混ぜこんだ、さわやかな味わいの「五月ずし」。
いきいきとした5月の新緑を思わせるおすしです。

1405_3

 

このほかに、いちごソースのピンクとカッテージチーズの白の組み合わせがかわいらしい「春色サラダ」や、あっという間にできあがる「豚肉のねぎみそ焼き」など定番メニューになりそうなものばかり。
 

大雪の影響で物流にも支障が出る中、一足も二足も旬を先取りした食材が手に入るかしら……と気がかりでしたが、当日には先生がなんとか全てそろえてくださいました。
無事、撮影を終えられたことに感謝の1日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月28日 (火)

3月号お料理の撮影

先日、3月号お料理ページの撮影を村岡奈弥さん(中医薬膳師)のお宅で行いました。

3月号が発売となる2月12日は、まだ寒さの厳しいころですが、体のゆるむ春に向けて、食材の力を借りながら体調を整えていくことが必要です。

今回は、うどや金柑、菜の花といった春先が旬の食材をたっぷり使い、見た目も春らしく美しいお料理を教えていただきました。

グリーンオリーブのロールキャベツや、新玉ねぎとバジルのポタージュ、はまぐりと菜の花のレモンオリーブオイルかけなど、中医学ご専門の村岡さんならではの組み合わせ。

どれもおいしく、食材のパワーをしっかりいただけるお料理でした。

村岡さんのお宅に代々伝わる常備菜「セロリの酢漬け」は、セロリが苦手な方にも食べやすく、おすすめです!

 

3月号の発売は212日です。どうぞお楽しみに!

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 5日 (火)

1月号 おせち料理の撮影

1月号のおせち料理の撮影のため、野村紘子さん宅へ伺いました。

 

野村さんのお宅では、お子さんやお孫さんが集まってにぎやかにお正月を過ごされるそうです。田づくりや酢ごぼうなど、定番のおせち料理は、つくりやすく、ふだんのおかずにも向く味つけです。

食卓の中心には、「大人にも子どもにも大人気です」という「いくらのちらし寿司」。お寿司の上にたっぷりとかかったいくらは、まるで宝石のような輝き。出盛りで、求めやすい今の時期からいくらの醤油漬けをつくりながら、お正月に備えるといいます。

 

「鯛の塩釜」は、「ハレの日の食卓にぜひ」と。「手間がかからず見た目は豪華。一度覚えれば、お正月に限らず年中のお祝いごとに使えます」と野村さん。

塩釜をたたき割ると鯛が顔をのぞかせるその瞬間も、家族の楽しみの一つになりそうです。

 

また、「野菜の不足しがちなお正月に」と、「牛肉とクレソンの山椒の実和え」や、「五色野菜の温サラダ」など、野菜をたっぷりいただけるレシピも伺いました。

 

1月号は1212日発売です。どうぞお楽しみに!

1401478x640



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月15日 (水)

米粉を使ったレシピが寄せられました。

2010年10、11月号で取り上げた「今、注目の米粉」の記事に多くの反響がありました。
「米粉のレシピをお寄せください」との呼びかけに次々とレシピが届き、楽しい工夫や試行錯誤の様子が伝わってきます。
編集中の2月号では、反響に応えて、読者の知恵や経験を紹介いたします。

来月発行の2月号(1/12発売)を、どうぞお楽しみに!

_mg_1215_2 _mg_1435_2
米粉を使った、パンやクッキー、料理やお菓子を紹介します。

1010komeko
2010年10月号「今、注目の米粉 1」 詳しくはこちら

1011komeko
2010年11月号「今、注目の米粉 2」 詳しくはこちら

ぜひ、あわせてご覧下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 9日 (火)

柳原一成さん「魚学校」新連載

来年から始まる柳原一成さんの「魚学校」の撮影は、今日で2回目。築地に赴いて、柳原さん自らが選んで下さった寒ブリ、鰆、甘鯛等々。
「今日のブリは5キロくらいかな。丸々太ってるのは養殖。脂があって、おいしいけれど、私はこういう腰からすっと細くなっている天然のブリが好きですね」と話しながら、鱗をひく手は実に鮮やか。

近茶流宗家として、長く日本料理の指導をされるかたわら、全国を訪ねて食文化や食材の研究を続けられてきた。とりわけ、魚、野菜には造詣が深く、素材の特徴を活かした料理、技法、盛りつけや器の膳組、歳時記、各地郷土料理など食にまつわるお話も豊富で奥深い。

毎月1種類の魚の、料理とお話をたっぷり楽しくお届けしていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月23日 (木)

厨房レッスンの試作をしました。

11月号は、魚介類をふんだんに使ったスパゲッティ「ペスカトーレ」をご紹介します。

先日、婦人之友社の台所で試作をしました。
つくっている最中から、魚介類でとったスープのいい香りが……。
ていねいにだしをとることで、でき上がりの味がこんなにも奥深いものになると実感しました。

イタリア料理のレストランでは広く親しまれているペスカトーレですが、リッチな印象からか自宅でつくるのは難しそうと思われる方も多いようです。
無理なくおいしくできるレシピを、どうぞお楽しみに。

100917_180430

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月27日 (金)

10月号厨房レッスンから

10月号の「厨房レッスン」でご紹介する、秋刀魚の香草パン粉焼きを試作しました。
肉や魚のパン粉焼きはお馴染みの家庭料理ですが、今回は2種類の香草をパン粉に混ぜこみました。

焼き上がったところを試食した編集室の中は、瞬く間に香ばしい匂いでいっぱいに。
脂ののった秋刀魚との相性のよさは、この季節ならでは。
ぜひ10月号をご覧ください。

100827_165159

| | コメント (0) | トラックバック (0)