特集

2014年4月23日 (水)

最新号で井田典子さんと訪ねるのは…?

特集、井田典子さんの「整理整頓」訪問シリーズ
もう6回目になりました。
6月号(5月12日発売)では、納戸化していた部屋がピアノ室に生まれ変わった平川円さんのお宅をお伝えします。

つづいて7、8月号では、衣類整理に取り組みます。
「衣類の整理は大へんで、億劫になりがち。でもその山を越えると他にも応用が効き、片づけのコツがわかって加速します。とても気持ちがいいですよ!」

と井田さん。実際、訪問した皆さんの表情が回を重ねる度に明るくなるのを見ると、なるほどと納得です。

clip clip clip
「相模友の会 生活基礎講座」
開催
井田さんをはじめ、3月号4月号の村田あかねさんが登場。
ご自身の体験から心地よい「もの」と「時間」などについてのお話があります。7、8月号の予告編コーナーも。

日時 5月9日(金)
時間 10時~12時
会場 相模友の家 神奈川県相模原市南区相模台7-32-5
お問い合わせ tel/fax 042-742-0071 (相模友の家)
Img_8732
 
家電製品などの取り扱い説明書を

種類別に整理している井田さんと村田さん。

Img_8698
 
紙の手提げ袋は、高さが自由に調整できるので、

とても重宝。衣類整理でも登場します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月21日 (月)

洗濯バスケットで堆肥づくり

「婦人之友」5月号でご紹介した洗濯バスケットを使って、わが家で堆肥づくりを始めて、1カ月と1週間ほどが経ちました。
設置場所は、バルコニーの軒下。窓を開ければ、外に出ずに生ごみが入れられる場所に置いています。料理中に出る生ごみを容器にためて、夜にコンポストに投入(一日に400〜500gほど)。

Img_5130

Img_5133

はじめは、コンポストの中が生ごみでいっぱいになってしまうのではと心配したものの、少しずつ分解されていくため、毎日入れても溢れることはありません。
土の中は40〜50度前後。混ぜていると生暖かく、堆肥独特の臭いがします。今のところ、虫に悩まされることもなく、順調。

表面に初めてカビが表れたときは、「なにこれ!?」と驚きましたが、これは分解されている証拠。この堆肥でミニトマトを栽培するのを楽しみに、日々、生ごみを投入しています。
堆肥づくりに取り組まれている方、ぜひ経過をお知らせください。

Img_5017_2
白いモワモワとしたカビが出たら、霧吹きで水を吹いてかき混ぜ、生ごみを加える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月18日 (火)

【連載】井田典子さんの“整理整頓”訪問の撮影でした

暖かな春らしい1日でしたが、
今日は早くも7月号のための取材・撮影でした。

好評連載中の「井田典子さんの整理整頓訪問・7」
衣類の整理と収納です。
子育てに追われ、自分の衣類整理など後まわしの日々。
気づけばおよそ10年、
すでに着られない服も多くなってしまい…
という実例のMさん。
同じような悩みを抱えている方も、
いらっしゃるのではないでしょうか。
持ち数の確認、分類の仕方など、
井田さんにわかりやすくアドバイスしていただきました。
どうぞお楽しみに。

◎1~4月号の内容は……
1月号 たまる一方のプリント類をなんとかしたい
小学生のいる家庭、学校の書類、
サッカー役員の書類などがすっきり

2月号 すっきり、使いやすい台所

テーマごとに、道具や食品を分類

3月号 部屋の役割をはっきりと

リビングで寝ていた家族の暮らしが変わりました!

4月号 動線をよくしたら、1日がスムーズに

幼児がいても、時間に追われない生活

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月号の反響

3月号の発売からおよそ1カ月が経ち、
読者の皆さまから反響をいただいています。
お寄せくださった皆さま、どうもありがとうございました。
3月号は、特集と座談会を同じテーマ
「暮らしがかわる片づけの習慣」で通したことから、
「特集に出た3人の住まいと暮らしぶりだけでなく、
座談会で生き方、考え方もよくわかった」
「読み応えがあった」
「生活することに対する三者三様の真摯な姿勢と、
そこにいきつくまでの経緯が興味深かった」

など、嬉しくまた、記事づくりの方向性を考える上でも
貴重なご意見、ご感想を、たくさんいただきました。

2151_001_3

さらに、連載をしてくださっている井田典子さんについては、
「井田さんにも、子育てで苦労された時期があったこと、
そのときに片づけが救いになったと知り、身近に感じた」
といった声もあり、日頃から熱心に読んでくださっていることが
ひしひしと伝わってきました。

これからも、読者の方々の声を参考に、そして励みに編集を進めていきます。
4月号 の感想も、どうぞお寄せください。お待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月15日 (土)

箱って便利 井田典子さんと整理整頓訪問

空き箱を必要以上にとっておくのは
場所の無駄ですが、
ぴったりサイズの箱が
収納に役立つ機会もまたあるもの。

連載中の井田典子さんとの整理整頓訪問でも、
目的に合う箱あるかしら?と
訪問したお宅をあちこち見て回ることがあります。

ぴったりの箱がない場合、
紙やダンボールの箱を加工して
「わが家用」にするのはいかがでしょうか。
以前、気に入った布を貼って丁寧につくりすぎ、
処分しづらくなった経験から、
あえて簡単なつくりにすることにしています。

wrench wrench wrench
1 コットンの箱

P1001549
箱の側面を切りとって立てれば、
忙しい朝、ふたを開けずにコットンを出せます。
ほこりが入らない場所に置いています。
切り口で手を切らないように、
マスキングテープで端をぐるりと巻きました。

2 ハンディ掃除機の箱
P1001542
棚の10センチの隙間に合わせて、
箱を小さくつくりかえ、
ちょっと高級な画用紙を貼っています。
画用紙をきっちり折って貼れば、
ダンボールのがたがたした
切り口などの粗が目立ちません。
あえて小さめにして取っ手を外に出し、
かがみ込まずに取り出せるようにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月13日 (木)

ブログ版 “動物シリーズ” はじめます

3月に入ってからも肌寒い日が続いていましたが、

昨日は東京も春らしく暖かな陽気にtulip

横浜の伊吾田さんのお宅へ、5月号特集の撮影に伺いました。

ご夫婦とお嬢さん、そして柴犬のうるみちゃんdog(3才)の

3人と1匹でお住まいです。

「うるみ」という名前は、芸大で漆を専攻しているお嬢さんが、

漆の色「うるみ(潤み)」にちなんで名付けました。

お宅にお邪魔してしばらくの間は、

見知らぬ私たちに興味津々!

元気よく吠えたり、くんくんにおいをかいだり……

___600x800_3

慣れてくると、とたんに静かになって、

日当たりのよいリビングで悠々とくつろいでいました。

南に面して広い窓があるので、

陽差しがさんさんと当たってとても暖かいのです。

Photo_2

撮影にも協力してくれましたcamera

記事にも登場する予定ですので、お楽しみに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 6日 (木)

「面倒」をひとつ減らす 新聞回収

友の会(婦人之友読者の集まり)の方たちの
お宅を訪ねると、
ちょっとした下準備が
生活をスムーズにしていると感じます。

小さな下準備話をひとつ。
新聞に十文字でひもを結ぶのが苦手です。
そのため、回収自体もとても億劫。

あるとき思いついて、
紐をあらかじめ必要な長さに切って束ね、
紐本体に挿しておくことにしてみました。
P1001534_2

いちいちハサミをとりださなくてもいいし、
「工夫している」という気分がいいのです。
苦にならないという人には、
興味を示してもらえませんでした…、
でもご同類もいるはず。

紐が切ってある、というだけのことで、
ちょっとだけ気が楽になりますよ!

先日もお知らせした藤沢友の会、笠羽巳年子さんの
下準備や生活の工夫あれこれは4月号を、お読み下さい。

clip clip clip
新聞の上手な束ね方については
2005年6月号 に掲載しています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年3月 3日 (月)

リトアニアとリネンとハワイ

今年の特集「暮らしがかわる片づけの習慣」では
隔月で、各国のお片づけ事情を紹介しています。
2月号はリトアニア、4月はハワイについて
それぞれ在住の方に書いて頂きました。

ところでリトアニアといえばリネンと琥珀。
昨年、リトアニアリネンに目覚めたので、その話を…。

お布巾のように薄い、浴用タオル大のリネンを
バスタオル代わりに使うようになりました。
薄いのに長い髪まで拭けて、夜、さっと洗って手で絞り、
部屋に干しておけば翌日には乾きます。
さすが、吸放湿性に優れたリネンです。
収納スペースはバスタオルの10分の1!(くらいかな)

ちょっと贅沢な買い物ではありますが、
タオルの収納に悩む方にはおすすめかも知れません。
さて、スーパーボウルの話から始まる
4月号のハワイもお楽しみに!
写真はハワイの集合住宅共有スペース、
バーベキューなど行うところです。
Bbq_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 4日 (火)

4月号特集 時間と片づけ

3月号の校了を終えて、
4月号の準備に本格的に取りかかっています。
『婦人之友』でおなじみの藤沢友の会(婦人之友読者の集まり)
笠羽巳年子さんのお宅へ。

起床、就寝、食事という基本の時間を決めて、
何十年も守る生活。
お家には
「家事や手仕事にすぐにとりかるための工夫」
さりげなくなされ、
手づくりのあたたかみも溢れています。

基本の時間を決めてあるからこそ、
予定外のこと(急な私たちのお願いにも!)に対処できる
その柔軟さ、自由さを見習いたいと思いながら
帰ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月17日 (火)

暮れの片づけ、大そうじに!

年末も押し迫りましたが、
家の中の片づけや大そうじはお済みでしょうか。

『婦人之友』では20141月号(好評発売中)から、
井田典子さん(相模友の会)の「整理整頓」訪問
の連載がスタートしました。

0953_001
婦人之友 2014年1月号

苦手な人にも、
これまでうまくいかなかった人にも
必ず役に立つ、
リバウンドしない整理整頓法を紹介していきます。

また、大そうじには、
『シンプルライフをめざす 基本の掃除』
婦人之友 2013年10月号

をご覧ください。

0953_004_4

   0953_002_8

◇詳細は↓こちらから◇
『シンプルライフをめざす 基本のそうじ』     
『婦人之友10月号』

どちらも、山﨑美津江さん(12/18NHKあさイチ出演)が、
◎1軒の家の掃除法
◎エコ洗剤でのガンコな油汚れの落とし方
◎水回りをさっぱりと清潔に保つ方法
などを、ていねいにご指導くださっています。


山﨑さん、井田さんのお宅のようすがわかる、
『シンプルライフをめざす 整理収納インテリア』
『シンプルライフをめざす 基本の家事』

も、あわせてお役立てください。

0953_003    0953_005
◇詳細は↓こちらから◇
『シンプルライフをめざす整理収納インテリア』
『シンプルライフをめざす 基本の家事』

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)