編集部のこと

2019年1月 9日 (水)

2019年も、よろしくお願いいたします

新しい年を迎えた編集部には、
できたてほやほやの2月号が届いています。
12日(土)に書店に並ぶ次号は、
心にゆとりを生む小さな知恵の詰まった
「おおらか時間術」の特集です。
どうぞお楽しみに!

20190109_1755502

2019年も、皆さまの暮らしに役立ち、
楽しんで読んでいただける記事を、
心をこめてつくって参ります。
ご感想など、いつでもお待ちしています。

------

婦人之友2019年1月号は こちら↓

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月25日 (火)

Season's Greetings

今年も、ありがとうございました。
どうぞ、よいお年を!shine

20181212_110436_2

婦人之友編集部

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月10日 (月)

12日(水)、最上敏樹さんの出版記念講演会へ、ぜひお出かけください

先週書店に並んだ、
最上敏樹さん『未来の余白から』
その出版記念講演会が、
あさって、12月12日(水)13:30より、
東京・池袋の自由学園明日館講堂で開かれます。20181205_094925

日本や世界の現実と未来、
音楽、美術、映画、
エッセイにつづられた物語の背景。
またそこに込める思いなどを
お話くださいます。そして、
最上さんによる朗読のプレゼント、
ピアノと弦楽のミニコンサートも。
 
ご一緒に、心豊かな午後のひとときを。
 
■詳しくはこちらから↓
 
 
書籍『未来の余白から』は こちら↓

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 5日 (水)

お待たせしました!『未来の余白から』本日発売です

婦人之友の連載から生まれた、
最上敏樹さん『未来の余白から』 が、
できあがりました。
今日から書店に並びます。

20181205_094925

国際法を専門とされ、世界を見つめてこられた
最上さん(ICU名誉教授・早稲田大学教授)
初のエッセイ集。
クリスマスにこそお届けしたい、
「希望のことば 明日への言葉」が、
あたたかく綴られています。

20181205_101135_2

白地にブロンズの文字の美しい装丁は、
ハリーポッターシリーズなどで人気の
ブックデザイナー・坂川栄治さんの手によるもの。
どうぞ手に取ってご覧ください。

clip clip clip
12月12日(水)13時30分より、
最上さんご登壇による
出版記念講演会があります。
残席わずか。ぜひご参加ください。

詳しくは、こちらから↓ 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月30日 (金)

年間定期購読申し込みの方へ、感謝をこめてプレゼントします

今年も残すところあと1カ月。
編集部では2019年の1月号が
校了になったところです。
新しい「婦人之友」を、
皆さんのお手元にお届けできるのが、
楽しみですshine
「婦人之友」では現在、
弊社より年間定期購読を
新規、または継続でお申し込み下さった方に、
はがきサイズの“fujin no tomo notebook”
プレゼント中です!book
 
20181130_103655
 
ノートは2冊セット(非売品)。
手のひらにすっぽりと収まる大きさで、便利です♪
絵柄は、コーチはじめさんの
表紙絵('15〜'16年)から。
明るい色彩に、
気持ちもぱっと明るくなりますね。
●詳しくは、こちら をご覧ください!
2019年も、1冊1冊こころを込めて、
「婦人之友」をつくっていきます。
皆さんのお申し込みを、お待ちしております。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月26日 (金)

福岡伸一さんf-tomoカフェは、 『動的平衡』と“フェルメールおたく”のお話

第6回目f-tomoカフェのゲストは、
連載「わたしの・すきな・もの」
コレクションを携えた
福岡伸一さん(分子生物学者)
テーマは「寄り道の旅」です。
「ぼくの人生の旅路は寄り道ばかり」
と、福岡さんは、楽しそう。

_mg_6538

_mg_6692

子ども時代に買ってもらった学習用顕微鏡で、
キアゲハの羽根の燐粉を見たときの驚き!
スクリーンに、その見事なモザイク模様から、
研究テーマの図解まで映し出される度に、
会場には「うわあ!」「へえ~」と感嘆の声が。
 
「細胞は少しずつ壊しながら、
少しずつ創り続けることで、
バランスが保たれている。
それが『動的平衡』です」

_mg_6680_2

後半は、「フェルメールおたく」の本領発揮shine
「彼は生涯37作品しか残さなかった。
37は素数。それだけで魅かれます」
(笑)。
行方不明の1点を除き、
世界に散在する全36点を、
その街光や風を感じながら見て回り、
ついにはNYの自宅に
全作品の複製(リクリエイト)を展示、
展覧会まで開いてしまったそう。 
原画を持つオランダ・マウリッツ美術館の
プロモーションビデオで紹介された様子には、
会場が爆笑となりました。

_mg_6603_2

「17世紀に世界で初めて顕微鏡をつくった
レウェンフックと、フェルメールは、
実は同時代のデルフトの街に、
100メートル離れずに住んでいたんですね。
光に魅せられ、
顕微鏡の倍率を高めようとした技術者と、
絵の中に時間を留めた画家は、
互いに影響し合っていたのではないかと、
僕は思うんです」
 と、心底うれしそうに語る福岡さんに、
会場からは「ぜひ2回目を!」
との声があがりました。
_mg_6499

この日の様子は、
11月12日発売の12月号にも。
ご自身のエッセイでも触れてくださっています。
ぜひご覧ください。
 
 
■▫︎■▫︎■
 
次回
第7回ftomoカフェ
 
小島ゆかりさんと語る
「生活の歌・こころのうた]
(11月8日・木 18:30〜)
 
●参加者募集中!●
詳しくは、
https://www.fujinnotomo.co.jp/news/20180322_ftomocafe/
 
■▫︎■▫︎■
 
------
 
婦人之友2018年11月号は こちら↓
 
 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月10日 (月)

第5回ftomoカフェ 網中さんの会が行われました

読者と筆者、編集部をつなぐトークイベント、
f-tomoカフェ。第5回目は、
「婦人之友」の顔となる
表紙を描いてくださっている、
イラストレーター・網中いづるさんがゲストでした。
_mg_5652
 
また、スペシャルゲストとして、
「婦人之友」誌面のデザインを
お願いしている“ME&MIRACO”の
塚田さん、塙さんが登場。
網中さんとは旧知の仲で、
イラストレーターになる前のことや、
お人柄についても、お話くださいました。
_mg_5618
 
そして、編集部、デザイナー、イラストレーター
3つの視点から語られた、
“「婦人之友」の表紙ができるまで”。
参加の方々は、目をまるくしたり、
チームワークにうなずいたりしながら、
聞き入っておられました。
 
会場には、イラスト関係の仕事をしている方、
網中さんが講師を務める
「パレットクラブスクール」の
関係者や生徒さんをはじめとした、
イラストレーターを目指す人たちも。
感想には、なんと、
こんなステキなスケッチも!
20180910_180839_2
2013年婦人之友の目次の挿絵を
担当してくださった、
イラストレーター・サイトウマサミツさんによる
「網中さん」。
(第5回「ftomoカフェ」にて/無断転載不可)

8a6f8232b333452db4f8499e17852151_3
パレットクラブ生徒の、
まるやまゆうじさんの「網中さん」
(第5回「ftomoカフェ」にて/無断転載不可)
 
網中さんがイラストを描くとき、
どんなふうにキャンバスに向かうのかなど、
当日の様子は、来月発売の
「婦人之友」11月号で紹介いたします。
どうぞ、お楽しみに!
 
次回のf-tomoカフェは、
好評連載中「わたしの・すきな・もの」の筆者、
分子生物学者の福岡伸一さんが!
「婦人之友10月号」をご覧ください。
 
-------
 
婦人之友2018年10月号は こちら
https://www.fujinnotomo.co.jp/magazine/fujinnotomo/f201810

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 9日 (月)

第4回f-tomoカフェは、松本侑壬子さんを迎えて

西日本を中心とする豪雨により
被害を受けられた地域の皆さまに、
心よりお見舞い申し上げます。
 
 
『婦人之友』の読者・筆者・編集部がつながる
トークイベントf-tomoカフェも、はや4回目。
今日は、婦人之友社3階ホールに、
松本侑壬子さん(映画評論家・ジャーナリスト)
お迎えしました。
_mg_4556

松本さんは、本誌に
映画評「cinema―女と男」を連載して15年!shine
映画評といえば男性の筆者が
ほとんどだった時代から、
女性の視点で話題の映画を取り上げ、
映画のおもしろさ、その世界の広がりを
伝えて下さっています。
 
「映画の時間・わたしの時間」と題したお話は、
「私が初めて出合った映画は、5歳のとき、
生まれ育った鳥取のがらんとした映画館で観た
『ターザン』。その迫力に恐くて顔をおおい、
指のすき間からのぞいていたんですよ」
など尽きないエピソードに、あっという間の1時間半。
 
_mg_4557
 
「松本さんが“これは見るべき”と
お勧めの映画は?」
との質問に、
「映画は時代を、そして観る人の心を映す鏡。
その観方は100人100様。
だからおもしろいの」と。
 
会場には、刷り上ったばかりの
本誌8月号に加え、6月号 で紹介した
「しそジュース」も。

_mg_4465

雨上がりに参加してくださった皆さんと共にした、
おいしく楽しい時でした。参加者からは、
「松本さんの(映画に対する)熱い思いを
いっぱい感じられて、幸せでした」
という感想がたくさん寄せられました。
 
8月は、f-tomoカフェも夏休みです。sun
次回第5回は、「婦人之友」の表紙絵を
描いて下さっている、網中いづるさん。
明日、予約開始です!flair
 
clip clip clip
  
第5回 f-tomoカフェ
「網中いづるさんと語る 
『婦人之友』の表紙ができるまで」
 
雑誌挿絵から絵本まで、色鮮やかな世界。
暮らしを豊かにする創作のようすを伺います。
 
●日時:
2018 年9月3日(月)
18:30~20:00(18:00 受付開始)
●場所:
豊島区西池袋 2-31-3 
自由学園明日館ラウンジホール
●対象:
50名
(高校生以上・先着順、満席になり次第締切)
●参加費:
1500円
(本誌2018 年8月号/9月号持参の方は 1300円)
当日お支払い
●お申し込み先アドレス:
https://ftomocafe5.peatix.com/
(faxの場合は・氏名、年齢、
電話番号を明記の上、03-3981-6747 まで)
●お問い合わせ:
ftomo@fujinnotomo.co.jp
(tel 03-3971-0101)
 
------
 
《今後ご登場のゲスト》
 
福岡伸一さん(日時未定)
(分子生物学者・「わたしの・すきな・もの」連載中
ほか

| コメント (1) | トラックバック (0)

2018年6月 7日 (木)

第3回f-tomoカフェは、海原純子さんが来て下さいました!

昨日は、第3回f-tomoカフェ
心療内科医で、本誌にエッセイ連載中の
海原純子さんによる、
「“こころの深呼吸”しませんか?」
でした。
220180607_162839
会場は、婦人之友社のお向いの
雨模様でしたが、
70人近いお客さまが来場されました。
220180606_182831
毎月のエッセイを
楽しく読んで下さっている方から、中には
「10代のころから、海原さんのコラムを
読んでいました」
という方も。
会は、少し体を動かして、
“心と体はつながっている”を体験する
ボディーワークから始まりました。
そして、落ち込んだ自分の受けとめ方など、
具体的で心に響くお話に、
会場は引き込まれました。
220180607_162928
海原さんは開催にあたり、
「読者の方と、親しくお話したい」と。
その言葉どおり、なごやかな時間となりました。
ぜひ今後も、海原さんの連載、
「こころの深呼吸」にご期待ください。
 
次回のf-tomoひろばは、
「Cinema-女と男」の筆者
松本侑壬子さんです。
どうぞ、ご参加下さい。
 
■□■□■
 
本誌「Cinema」連載16年となる筆者が、
見続けてきたジェンダーや家族の姿は—。
●日時:
2018 年7月6 日(金)
18:30〜20:00(18:00 受付開始)
●場所:
豊島区西池袋 2-20-16 
婦人之友社3階ホール
●対象:
30名
(高校生以上・先着順、満席になり次第締切)
●参加費:
1500円(本誌2018 年7月号持参の方は 1300円)
当日お支払い
●お申し込み先アドレス:
https://ftomocaffe4.peatix.com/
(faxの場合は・氏名、年齢、
電話番号を明記の上、03-3981-6747 まで)
●お問い合わせ:
ftomo@fujinnotomo.co.jp(tel 03-3971-0101)
 
------
 
《今後ご登場のゲスト》
・網中いづるさん(9月3日・月)
(イラストレーター・「婦人之友」表紙絵)
・福岡伸一さん(日時未定)
(分子生物学者・「わたしの・すきな・もの」連載中
ほか
 
-----
 
婦人之友2018年7月号は こちら↓
 
自由学園明日館は こちら↓

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月17日 (木)

全国友の会大会が終了しました

「婦人之友」の読者のあつまりである、
「全国友の会」の大会が、15日・16日に
東京で行われました。

全国友の会は1930(昭和5)年に、
婦人之友社の創立者、羽仁もと子・吉一の思想に
共鳴した読者によって成立。
現在、日本各地、海外10都市を合わせて
186の会があり、約18000人の会員がいます。

会員の皆さんは、
合理的生活を日々実践しながら、
「自由・協力・愛」をモットーに、
健全な家庭を育み、よりよい社会をつくりたいと、
年代を超えて励み合っています。

この2日間は、各地友の会の代表など、
約1000人が集まり、
1年の活動を報告しあいました。

婦人之友社では、
「婦人之友」「明日の友」「かぞくのじかん」
3誌の記事に関連した展示などをして
全国からいらした皆さんをお迎えしました。

20180516_181148

読者の方々と顔を合わせてお話できるのは、
編集部にとって大切な機会です。
「いつも、楽しみに読んでいます」
「記事にあったお料理、何度もつくりました」

という声に、元気をいただきました。

----
全国友の会のHPは こちら↓
http://www.zentomo.jp/

婦人之友2018年6月号は こちら↓
http://www.fujinnotomo.co.jp/magazine/fujinnotomo/f201806/

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧