編集部のこと

2017年9月13日 (水)

第4回料理レシピ本大賞 in Japan 2017 ジャンル賞の「DNP賞」受賞しました!

皆さまにうれしいご報告です。shine

宮城県石巻市十三浜の
漁家の方々と一緒に作成した
『三陸わかめと昆布 浜とまちのレシピ80』
(2017年3月発刊)が、このほど
第4回料理レシピ本大賞 in Japan 2017
・ジャンル賞の「DNP賞」
を受賞しました。shine
_dsc0091_4

総エントリー数163点から、大賞・入賞は全13点。
受賞者(著者、担当編集者)、主催者共に喜び合いました。

料理レシピ本大賞 in Japan  は、
料理本の書籍としての魅力をアピールし、
その価値を高めるために創設された賞です。
ジャンル賞は、その中で
特徴のある本に贈られるもので、
このコンクールに協賛する大日本印刷(DNP)の
名前が付けられています。
A170905_075_2

_dsc0117_2

_dsc0063_2

表彰状と共に、お皿の形をしたトロフィーをいただきました。

9月12日、東京ドームホテル(文京区)で
行われた授賞式では、大日本印刷から
「東北の復興を応援する気持ちもこめて選んだ」
とのお話があり、編集部からも、
わかめや昆布のおいしさと共に、
未だ復興の道半ばにある被災地の方々を
忘れずにいていただきたい、

と伝えました。
_dsc0038_3

授賞式後には、150人ほどの参加者が、
大賞・入賞作品の中から選ばれた品々を試食。
「このわかめ、本当においしいですね」
「ごま油で炒めただけとは思えないです」
「昆布が生でいただけるんですね」

と、たくさんの方が関心を寄せてくださり、
展示した塩蔵わかめ・茎わかめ・昆布を
手に取る方も多数見られました。
_dsc0099_2

試食コーナーに並べられた、「どっさりわかめのごま油炒め」。
十三浜の塩蔵わかめを、東京ドームホテルのシェフが
レシピ通りにつくったもの。

震災以降、十三浜の漁家の方々との交友を
深めてきた全国友の会、自由学園、そして、
わかめや昆布を購入することで
応援してくださっている
『婦人之友』『明日の友』の読者の皆さま、
この本の製作にあたり
レシピをお寄せくださった皆さまはじめ、
多くの方々の温かい思いと力が
寄せられての受賞と、うれしく思います。

今回の受賞を励みに、
十三浜のおいしいわかめや昆布を、
そして皆さまの思いの詰まったこの本を、
さらに広めていきたいと願っています。

-------

『三陸わかめと昆布 浜とまちのレシピ80』 は
こちら↓
http://www.fujinnotomo.co.jp/news/20170912_recipe_wakame/

十三浜わかめクラブ 秋のご購入のご案内 は
こちら↓
http://www.fujinnotomo.co.jp/news/20170908_wakame/

第4回料理レシピ本大賞 in Japan 2017 は
こちら↓
http://recipe-bon.jp/?info=%e3%80%90%e7%ac%ac4%e5%9b%9e-%e6%96%99%e7%90%86%e3%83%ac%e3%82%b7%e3%83%94%e6%9c%ac%e5%a4%a7%e8%b3%9e-%e7%b5%90%e6%9e%9c%e7%99%ba%e8%a1%a8%e3%80%91

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月29日 (火)

夏のお便り、ポップアップカードが届きました!

2016年12月号で手づくりの
ポップアップカード(立体カード)
のつくり方を紹介してくださった柏木恵さんから、
夏の便りが届きました。
20161205_155831

わくわくしながらカードを開くと、
ポンッとひまわりが!shine
20170829_151046

しかも真ん中のひまわり2つは、
少しゆれる仕組みに。

編集部では
「ここはどうなっているの?」
「どうやって考えるのかしら」

と、驚きの声が上がりました。

「そろそろクリスマスカード製作に入りますxmas
という一言に、
もうそんな時期、と時のすぎる早さを感じます。

オマケ…といって入っていたのが、こちらfish
20170829_154537

開くとブルーの濃淡の色紙で
立体的に広がるのは風鈴。
その中は、小さなお魚が泳ぎ、
ヒトデもいる海の世界です!
精巧で楽しいポップアップカードに
見入ってしまいます。

-------

婦人之友2016年12月号は こちら↓
http://www.fujinnotomo.co.jp/magazine/fujinnotomo/f201612/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月26日 (月)

庄野さんのお庭から

今日も「ちょっとひとつみ ハーブとなっぱ」の話題を。

筆者の庄野さん(ハーブ研究家)がお庭から
エキナセア、
ダイヤーズカモマイル、
ラバンジン

などの花を送って下さり、
よい香りとともに、編集室を彩ってくれました。
20170623_175221

週末は猫のそらと、ぱちりcatcamera
Fullsizerender

発売中の婦人之友7月号では、
オレガノの育て方と使い方を掲載しています。
H1

■ 婦人之友 2017年7月号 はこちら
http://www.fujinnotomo.co.jp/magazine/fujinnotomo/f201707/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月19日 (金)

全国友の会大会

今年も年に1度の「全国友の会大会」
東京で開催されました。

友の会は、「婦人之友」の読者の集まりで、
海外10都市もあわせて、内外187の友の会があり、
会員は約2万人。
各地でシンプルでこころ豊かな生活の
研究と実践をしています。

大会中、婦人之友社では、
毎号の記事の原画や原稿などを展示し、
皆さんをお迎えしました。
発売中の婦人之友6月号
特集「かばんの中の迷子をなくす」からは、
記事をきっかけに入れ方を変えた
編集部員のかばんを見ていただきました。
20170516_181733

20170516_181649

料理は、実物を展示しました。

「こうやって縦にすれば、

崩れないのね。やってみるわ」

とうれしい声も。
20170519_185144


読者の方々の声に、また大きな力を頂きました。

リオ・デ・ジャネイロ友の会から参加した方からは、
昨年のオリンピックを記念してつくられた
カラフルな切手をおみやげにいただきました。
20170519_183607

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月24日 (金)

採りたての めかぶ が届きました

石巻市・十三浜から、
編集部に「めかぶ」が届きました。
Dscn5108

採りたてのピカピカで、見事!
ボイルするとパッと緑色に。
細く刻むと粘りが出て、食物繊維がいっぱいです。

めかぶは、わかめの胞子ができるひだ状の塊。
わかめの生長につれて大きくなり、
やがて胞子を放出して、
わかめの一生が終わります。

20170324_161511

浜では新わかめの収穫が進み、
3月初めには自由学園男子部の生徒が
お手伝いしました。

Dsc_69603
Dsc_70193


新刊『三陸わかめと昆布 浜とまちのレシピ80』
は好評発売中。
「さっそく料理して、とてもおいしく
いただきました」
との声が広がっていますshine
発売中の婦人之友4月号では、
本の発売を記念して、
十三浜の漁師さんご夫妻を囲んだ
座談会も行いました。
ぜひご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 6日 (金)

新年 おめでとうございます

新しい年に、
皆さまのご多幸をお祈り申し上げます。

2017年、
「婦人之友」は創刊115年を迎えます。
皆さんの毎日に役立てていただけるように、
1号1号、心をこめてつくって参ります。

今年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

2月号は、1月12日(木)発売です。
お楽しみに!

Img_20170106_211930

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月24日 (土)

Season's Greetings 婦人之友社 編集部より

Cristmas_card_2
「婦人之友」2016年12月号「手づくりポップアップカード」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 8日 (金)

レモングラスが元気です

婦人之友7月号(発売中)
「ちょっとひとつみ ハーブとなっぱ」
レモングラス。
ハーブ研究家の庄野幸子さんが、
使い方とともに育て方budを紹介してくださっています。
20160708_145442

厳しい暑さにも、
婦人之友社の中庭で元気なのがレモングラス。
丈はもう130センチを超えました。
東南アジアの原産で夏が大好きなので、
梅雨明け後、ますます旺盛に育つそうです。
20160701_153638_2

ちょっとつんできては、ミントと合わせて、
またウーロン茶、日本茶、紅茶と淹れ、
爽やかな香りに日々、癒やされています。
20160708_135224

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月30日 (月)

「十三浜わかめクラブ」春の発送が終わりました

震災後から交流を続けてきた、宮城県石巻市十三浜
浜の復興を願い、「十三浜わかめクラブ」
2013年春にスタートしました。
毎年春と秋に、やわらかく肉厚のわかめや昆布を、
趣旨に賛同してご注文くださる
読者の皆さまにお届けしています。
20160530_175719

今年も多くの方々から、お申し込みをいただき、
5月上旬に浜の皆さん、仙台友の会、婦人之友社とで、
塩蔵わかめ、茎わかめ、
昆布の発送作業を行いました。

浜とまちの食卓をつなぐ試みは今年で4年目。
「本当においしくて、毎年楽しみです」という感想が
たくさんの方から寄せられます。

7月号(6月11日発売)には、
読者の「茎わかめの佃煮」のレシピを紹介します。
20160530_170538

次の予約は、10月号でご案内する予定です。
どうぞお楽しみに!

5月7日発送作業の様子をご覧ください。
こちらから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 2日 (水)

『子供之友』原画展で松本育子さん講演

開催中の
「描かれた大正モダン・キッズ
 ー婦人之友社『子供之友』原画展」

のイベントとして、
今週日曜日、展覧会を企画された
刈谷市美術館学芸員

松本育子さん
の講演があります。

松本さんは発売中の『婦人之友』3月号
座談会「とことん楽しむ美術館」にも
出席されています。

原画展については、
自由学園最高学部長・渡辺憲司さんのブログ
ぜひご覧ください。
302


clip clip clip

『子供之友』の画家たち


■日時

3月6日(日)14時15時30分(13時開場予定)
■場所

板橋区立美術館1階講義室
■講師

松本育子氏(刈谷市美術館学芸員、本展企画者)
聞き手:高木佳子(板橋区立美術館)

*申込不要、聴講無料、先着100名
*当日直接会場へお越しください

clip clip clip

描かれた大正モダン・キッズ

婦人之友社『子供之友』原画展


■会場

東京・板橋区立美術館
板橋区赤塚5-34-27 TEL:03-3979-3251
■会期

2016年2月20日(土)〜3月27日(日)
■休館日

月曜日(3月21日は開館、翌3月22日休館)
■観覧料

一般650円、高校・大学生450円、小・中学生200円
*土曜日は小中高校生は無料。
*20名以上団体・65歳以上・障がい者割引あり(要証明書)

■美術館HP
 こちらから
◇主催 板橋区立美術館、NHKプロモーション

◇特別協力  婦人之友社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧