記事のこと

2018年2月 6日 (火)

気になる”香り”の話

発売中の2月号
「シリーズ バリアのない社会へ」
とりあげたのは、香りと香害のこと。
20180206_131730_2
体臭や口臭に対し、
強い抵抗感を持つ傾向がある現在。
店の棚には柔軟剤や消臭スプレー、
また制汗剤など、
芳香を特徴とした商品がずらり。
特に、香りの持続性がよいものが
人気を集めているようです。

一方で、その強い人工的な香りに
悩まされている人も少なくありません。
「マンションの隣人の洗濯物(柔軟剤)の匂いで
気持ちが悪くなる」
「職場の人の消臭スプレーで頭痛に」

このような相談は年々増え続け、
ひどい場合は、外に出られなくなることも。
原因の一つは、匂いの成分である
化学物質に反応する、
化学物質過敏症(CS)と言われます。
周囲の人からはなかなか理解されづらく、
「気のせいではないか」「神経質な人」
と見られたり、
心の問題、とされたりすることも多くあります。

記事では、通勤中や職場の香りがつらくて、
退職を考えているという人の話、
香りの被害に悩む人々の声を
メーカーや国に伝え、
香害をなくすよう働きかけている、
日本消費者連盟に実情を聞きました。

読者からはさっそく、
「テレビでは相変わらず、
香りが長続き、
というCMが盛んに流れています。
その香りって、本当に必要なのかと
いつも感じていました」

という声や、
「ラグビー部の長男も
自分の匂いにとても敏感で、
消臭スプレーはかかせません。
この記事を見せたいと思います」

という声も。

目に見えない分、
なかなか気づきにくい”香り”のこと。
いちど、自分の身のまわりから
考えてみませんか。

--------

『婦人之友』2018年2月号 はこちら↓
http://www.fujinnotomo.co.jp/magazine/fujinnotomo/f201802/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 2日 (金)

ごとうみづきさん 広島で絵本の原画展開催

本紙の絵本ページ「あのね」で、
いつもユニークなお話と素敵な絵で
物語を届けてくださる、ごとうみづきさん
発売中の2月号では、
雪をテーマに、寒くて暗い冬も、
視点を変えるだけで少し楽しくなるお話を、
かいてくださいました。
ちょうど今日の東京も雪snow
前回のものが溶ける間もなく、
新たに降ってきました。
20180202_114729

そんなごとうさんの絵本
『おなみだぽいぽい』の原画展
広島市で開催されます。
昨年、東京でも開かれた原画展。
授業についていけず、ぽろりとこぼした涙。
「ああ、そういうこと あったあった」と、
つい小学生だった頃を思い出す人も
多かったようです。
絵の具と貼り絵で、
ある場面は繊細に、
またはある場面ではダイナミックな
構図と色彩に驚かされます。

2月3日のみ、
ごとうさんは在廊の予定です。

連載「あのね」についてもお話が伺えるかも。
お近くの方は、どうぞ足をお運びください。

clip clip clip

おなみだぽいぽい原画展

Info

■日時
2018年 2月3日(土)~2月18日(日)
11:00-19:00 
*火曜日お休み
■会場
READAN DEAT
〒730-0802
広島県広島市中区本川町2-6-10 和田ビル203
*広島電鉄 本川町電停 徒歩1分
tel:082-961-4545
■会場HPこちら↓
http://readan-deat.com/
■原画展について詳しくは こちら↓
http://readan-deat.com/2018/01/onpp/

--------

『婦人之友』2018年2月号 はこちら↓
http://www.fujinnotomo.co.jp/magazine/fujinnotomo/f201802/

ごとうみづきさんのHPは こちら↓
http://www.zukkeenee.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月23日 (火)

発売中2月号は、白熱”フェイクニュース”座談会

発売中の2月号、座談会は
「うそ、ほんと? 情報は誰のもの」

最近「フェイクニュース大賞」を発表した、
就任1年の米トランプ大統領。
自分の意にそわぬ報道を
「フェイク(偽)だ!」
と、メディアを批判し続けています。

いったいフェイクニュースとは?
報道に携わる人だけでなく、
すべての人の生活に関わる情報の問題、
と、テーマとして取り上げました。
20180123_100210_2
日本でも始まった、市民による情報の
真偽検証(ファクトチェック)活動を含め、
どのように事実を見極め、
情報を私たちのものとできるのか、
ジャーナリストの立岩陽一郎さん
近畿大学の金井啓子さん
詩人のアーサー・ビナードさんが、
活発に話し合います。

Dsc_0165_2
議論が白熱!お互いの言葉に耳をかたむけながら、笑顔も意見も交わす。
ビナードさん(左)と金井さん。(撮影/泊 浩久)

Dsc_0203_2
アメリカと日本の状況をあつく語る立岩さん。(撮影/泊 浩久)

ぜひ皆さんも、ご一緒に考えませんか?

◇立岩さんが登壇されるシンポジウムが開催されます。

clip clip clip

公開シンポジウム
第31回毎日新聞社編集綱領制定記念のつどい

「フェイクニュースと報道」
Photo
■日時
2018年2月3日(土)
午後2時(1時30分開場)
■会場
毎日ホール
東京都千代田区ーツ橋1-1-1
パレスサイドビル 地下1階
(東京メトロ東西線「竹橋」駅 1b出口直結)
■入場無料(資料代500円)
■要予約(先着200人)
下記アドレスに、氏名と住所を書いて申し込み
tsudoi@mai.jca.apc.org
問い合わせは毎日労組(03-3215-2030)

--------

『婦人之友』2018年2月号 は こちら↓
http://www.fujinnotomo.co.jp/magazine/fujinnotomo/f201802/
「フェイクニュースと報道」シンポジウムは こちら↓
http://fij.info/archives/news_event/18011101

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月19日 (金)

毎日のおかずに、お弁当に。スープは大活躍

発売中2月号の特集は
「手早い・元気が出る!
お助けスープ おまもりスープ」

年末のある晴れた日。
逗子から車で15分ほどにある、
飛田和緒さん(料理家)のお宅で
撮影をおこないました。
準備を進めながら、
編集部の質問に
ていねいに答えてくださる飛田さん。
1101059

「ベースのおだしさえあれば、あとはお野菜が1〜2種類で手早くできるというのが、スープのよさですね」

「ご紹介する4種類のだしのストックは、
本当に何にでも使えて便利。
だしがあるだけで、
”そうだ、スープをつくろう!”flairと、
やる気のスイッチが入るんです」

1101073

「昆布は、函館の近くにある南茅部町の真昆布を、知り合いの漁師さんから送ってもらっていました。そこから利尻など、いろいろなものを使うように。あごだしは九州ですね」

スープだけではなく、
薬味を入れてうどんのつゆにしたり、
お餅を入れたり。
撮影の日のお昼は、
おにぎりをつくってくださったのですが、
あまったら焼きおにぎりにして、
あつあつの出汁をかけると最高なのだとか。

「使った昆布は細切りにして佃煮にも。
お肉と炒めるとかさも増し、無駄がない。
中学生の娘には、おにぎりと
具だくさんのスープ弁当を。
体があたたまり、手早くできるので、
娘も私もうれしい。寒い時期にピッタリです!」

冬におすすめの
shine「お助けスープ おまもりスープ」shine
ぜひ試してみてください。

--------

『婦人之友』2018年2月号 はこちら↓
http://www.fujinnotomo.co.jp/magazine/fujinnotomo/f201802/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月16日 (火)

山本由美さんお菓子講習会開催!

好評ページ〈気軽にできる今日のお菓子〉
1月号の「柚子風味のウィークエンドケーキ」
現在発売中の2月号の「チョコレートのムース」
を教えてくださった、
山本由美さんのお菓子講習会が
来週金曜日に東京・池袋で開催されます
20180116_140629_4
バレンタインにちなんで、
つくるのはガトーショコラ。
以前、婦人之友誌上(2014年2月号)でご紹介し、
読者にも大好評でした。
シンプルなプロセスなのに
濃厚で風味豊かなケーキです。
つくり方の「ここがコツ」や、
ラッピングの工夫なども教えていただけます。
ご自宅用だけでなく、贈り物用としても。

山本さんは会社勤務後、
フランスやスイスでお菓子づくりを勉強。
お菓子にまつわるお話なども
伺えることと思います。

ぜひ楽しいひと時をお楽しみください。

clip clip clip
Photo_2


■日時

1月26日(金)
10:00~12:30
■場所

東京第一友の家
〒171-0021
東京都豊島区西池袋2-20-11
■会費

2500円(友の会会員2000円)
■申し込み

Tel&Fax(関矢)
03-3957-0508
090-8485-0329
sfukaga@yafoo.co.jp
(東京第一友の会 雑司が谷方面)


☆婦人之友「f-tomoひろば」では、

読者の皆さんの声を募集しています。記事の感想や、

山本さんの講習会に参加された方は、

ぜひ当日の様子なども、

hiroba☆fujinnotomo.co.jp

までお寄せください(☆を@に変えてお送りください)。


--------
『婦人之友』2018年2月号 はこちら↓
http://www.fujinnotomo.co.jp/magazine/fujinnotomo/f201802/


『婦人之友』2018年1月号 はこちら↓
http://www.fujinnotomo.co.jp/magazine/fujinnotomo/f201801/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月27日 (水)

対談は、今森光彦さんのアトリエで

発売中の1月号
対談「里山に学ぶ持続可能性」は、
琵琶湖畔の今森光彦さん(写真家)
アトリエで行ないました。
20171225_201550
薪ストーブや、
東南アジアからの置物と共に目に入るのは、
切絵による大きな自然の絵。
Img_9494
今森さん(右)の切り絵作品を見る、動物行動学者の小林さん。
後ろの壁に飾られているものも、今森さん作。(写真/亀村俊二)


今森さんは切絵作家でもあり、
ハサミひとつで、生物や植物を切り取ります。
小学生の時には、230種類のチョウチョを切ったとか。
Kame9254
その場でハサミを取り出し、チョウチョを切って見せてくださった今森さん。
(写真/亀村俊二)

ご同席の動物行動学者、小林朋道さん
「すごいなあ!ハサミだけで?」
と感心。
そんなお2人による、
自然と人とのちょうどよい関係=里山
のお話、ぜひ、お楽しみください。
-------
『婦人之友』2018年1月号は こちら↓ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月21日 (木)

年末年始、家の中を心地よく

発売中の1月号の特集は「疲れても 笑顔がもどる 生活と知恵」。

3人の「暮らしのおもしろがり達人」の心得を紹介しています。

Photo

文筆家の小川奈緒さんは、夫の小池高弘さん、

小学3年生の長女みちるさんとの3人暮らし。

イラストのお仕事をされている小池さんには、

特集の扉ページの絵を描いていただきました。

18011

小川さんの4つの知恵は……

1 「うまくいかない」を「心地よい」に

2 「満足度の高い朝」で1日がレベルアップ

3 家ごはんが元気の源

4 今だから楽しめるおしゃれ

忙しくても穏やかでいる気持ちの整え方から、

家族との時間、そうじのこと、おしゃれのお話まで、

たっぷりうかがっています。

Photo_2

撮影の日にご用意くださった夕食は、

鶏肉のバルサミコ酢煮込み、シェパーズパイ、鶏ハム、

かぶとさつま芋と人参のピクルス、キャベツのクミン風味、キャロットラペ。

1皿でボリュームのあるメイン料理に、常備菜を合わせてととのえます。

「家の中でなんとなく使い勝手が悪い…というときは、

自分で手を動かして、つくったり直したりしてみます」と小川さん。

台所の壁塗り、テレビ台をつくるなど、暮らしを楽しく

快適にするアイデアも教えていただきました。

そんな知恵を参考に、年末年始、家の中を見直してみませんか?

小川さんと小池さんのブログには、暮らしの中の小さな楽しみや発見、おすすめの道具などが軽やかに綴られています。

2月号のことも紹介してくださいました。

小川さん

http://tabletalk.cc/blog/2017/12/fujinnotomo1801.html

小池さん

http://tabletalk.cc/blog/2017/12/fujinnotomo-tobira001.html

『婦人之友』2018年1月号はこちら↓

http://www.fujinnotomo.co.jp/magazine/fujinnotomo/f201801/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月18日 (月)

来年の手帳や家計簿、準備しましたか?

あるテーマについて記録をすることは、
将来の自分をよりよい方向に導くーー。
手帳や日記、家計簿などは、
その代表的なものです。

『婦人之友』1月号にご登場いただいた、
ももせいづみさん「願いごと手帖」も、
記したことによって効果を実感できる
手帳の使い方のひとつ。
誌面では、ももせさんおすすめの
「笑顔が増える知恵」として、
「書いた願い事がけっこう叶う」

つけ方についてご紹介しています。

1024065

photo/元家健吾

ももせさんは、新しい物やことを取り入れて、
「暮らしを合理化する達人」でもあります。
今回ご紹介いただいた台所道具は、
滞在したフランスの家庭で
一般的に使われているもの。

「セルローススポンジ」ご存知ですか?

1024121

photo/元家健吾
写真右と左がセルロース布巾
中央二つはシンクの水滴や野菜くずを集めるためのカード

ヨーロッパでは、布の布巾やプラスチックの
食器用スポンジは使わず、
セルロースの布巾やスポンジをよく使っているそうです。
理由は、乾きやすく臭いが出にくいのと、
食器洗いのプラスチックスポンジから出て
環境負荷にもなると言われる、
”マイクロプラスチック”が出ない
から。

ももせさんのブログでもご紹介
https://allabout.co.jp/gm/gc/439724/

写真右は食器洗い用のスポンジですが、
ももせさんはこれで机の上も拭いてしまうのだとか。
「こぼれたしょうゆを拭くとき、
これだと布巾のようにシミにならないので、
気にせず使えます」

ぜひ発売中の『婦人之友』1月号を、ご覧ください。

-------

『婦人之友』2018年1月号は こちら↓
http://www.fujinnotomo.co.jp/magazine/fujinnotomo/f201801/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 8日 (金)

インド・タラブックス創設者のお2人が来社されました

2014年3・4月号でご紹介した、
南インド・チェンナイの
小さな出版社「タラブックス」
多様な民俗芸術を活かした絵や、
ハンドメイドの美しい絵本で
世界に知られています。
20171208_164349

20171208_164527_2

開催中の展覧会に来日した
創設者の2人のギータさん
A171124_029

婦人之友社にお越し下さり、
「子供之友」の復刻版などを
興味深くご覧になりました。
A171201_237

タラブックスでは、画家やデザイナー、
編集者が対話を重ねながら、
じっくり本を作ります。
その楽しさや苦労などのお話は、
制作中の本誌2月号shine

*展覧会については、
10日のNHKの日曜美術館でも紹介される予定です。

clip clip clip

世界を変える美しい本 
展覧会 インド・タラブックスの挑戦

■日時
2018年 1月8日(月・祝)まで
9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日
月曜日、2017年12月29日~2018年1月3日
(1月8日は祝日のため開館)
■会場
板橋区立美術館
〒175-0092
東京都板橋区赤塚5-34-27
TEL
03-3979-3251
会場HP
http://www.itabashiartmuseum.jp/
■観覧料
一般650円
高校・大学生450円
小・中学生200円
土曜日は小中高生は無料

--------
『婦人之友』2018年2月号予告 は こちら↓
http://www.fujinnotomo.co.jp/magazine/notice/#anchor01

板橋区立美術館特設ページ は こちら↓
http://www.itabashiartmuseum.jp/exhibition/2017-exhibition/ex171125.html

タラブックスのHP はこちら↓
https://tarabooks.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 6日 (水)

まつやまさとこさん布画展&ごとうみづきさん原画展

■まつやまさとこさん布画展■
今年、「空耳ずきん 布画帖」で
素敵な布画(刺しゅう)作品を届けてくださった、
まつやまさとこさん。
ひと針ひと針、丁寧に仕上げる布画を、
直接ご覧いただけます。
まつやまさんが在廊されている時には、
制作のお話なども伺えそうです。
(詳細はギャラリーまでお問い合わせください)
春ごろには、掲載した物語の
作品展も予定しているそうです。
003

■ごとうみづきさん原画展■
2018年1月号から連載がスタートした
絵本ページ「あのね」。
1回目は「寒い日のオーレ」というタイトル。
なんだかワクワクしますね。
寒い季節にぴったりの、
じんわりあたたかくなるお話です。
20171206_152738_2

そのユニークな世界をつくり出す、
ごとうみづきさんの展覧会が開催されます。
素敵な原画をご覧いただける機会です。
003_2

clip clip clip

ドイツ12のおはなし 
まつやまさとこ布絵展

■日時
2017年 12月5日(火)〜12月10日(日)
12:00〜19:00(最終日 16;00まで)

■会場
GALERIE Malle

〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿4-8-3 神原ビル1階
Tel&fax 03-5475-5054
JR恵比寿駅東口から徒歩3分

■HP
GALERIE Malle
http://galeriemalle.jp

まつやまさとこさんのページ
http://uzu-syuge.com

clip clip clip

「おなみだぽいぽい」
後藤美月絵本原画展~そらとぶとり篇

■日時
2017年12月8日(金)〜12月13日(水)
11:00〜19:00(最終日17:00まで)

■会場
OPAgallery

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4-1-23 1F
TEL 03-5785-2646
表参道駅 A2、A3出口徒歩5分

■HP
OPAgallery
http://opagallery.net

ごとうみづきさんのページ
http://zukkeenee.com

-----

『婦人之友』2018年1月号予告は こちら↓
http://www.fujinnotomo.co.jp/magazine/notice/#anchor01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧