2016年5月30日 (月)

「十三浜わかめクラブ」春の発送が終わりました

震災後から交流を続けてきた、宮城県石巻市十三浜
浜の復興を願い、「十三浜わかめクラブ」
2013年春にスタートしました。
毎年春と秋に、やわらかく肉厚のわかめや昆布を、
趣旨に賛同してご注文くださる
読者の皆さまにお届けしています。
20160530_175719

今年も多くの方々から、お申し込みをいただき、
5月上旬に浜の皆さん、仙台友の会、婦人之友社とで、
塩蔵わかめ、茎わかめ、
昆布の発送作業を行いました。

浜とまちの食卓をつなぐ試みは今年で4年目。
「本当においしくて、毎年楽しみです」という感想が
たくさんの方から寄せられます。

7月号(6月11日発売)には、
読者の「茎わかめの佃煮」のレシピを紹介します。
20160530_170538

次の予約は、10月号でご案内する予定です。
どうぞお楽しみに!

5月7日発送作業の様子をご覧ください。
こちらから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 4日 (木)

「チョコ風味のちぎりパン」をつくりませんか

婦人之友2月号の「気軽にできる今日のお菓子」は、
ココア生地にチョコチップを混ぜ込んだ
「チョコ風味のちぎりパン」です。
Nnssk1270_2

リング型でつくったちぎりパン (撮影/原 務)

パンは待つ時間がかかる…
と思うかもしれませんが、
発酵にかかる時間は、
一次、二次あわせても2時間ほど。

「待っている間に
台所しごとが一つできる、と楽しんでます」

つくり方を教えてくださった石田 薫さん
子どもたちにもこのパンは大人気、と話します。

2月号では、18cmのリング型を使ったちぎりパンのほか、
切り込みを入れて、かわいいハート型heart01に整える方法を紹介。
バレンタインの贈り物にも。
Nnssk1276

ハート型のちぎりパン (撮影/原 務)

チョコチップのほかに、
オレンジピールやくるみを入れて大人の味にもできます。
ぜひつくってみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月26日 (金)

6月30日、新刊『ちょっと具合のわるいときの子どものごはん』が発売になります!

これから暑くなると、夏バテしたり、
食欲が落ちたり、
夏風邪でおなかの調子がわるくなったり…。

そんなときになにを食べさせたらいいかを、
ていねいに教えてくれる
1冊です。
20150626_170812

具合がわるいとき、その症状に合った食事は、
早めの回復に役立つもの

子どもたちと毎日を元気にすごすために、
子育て中のすべてのご家庭におすすめです。
20150626_170828

20150626_170910

詳しくは、こちらをご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 7日 (金)

お菓子の家

来週発売の12月号には、
クッキーでつくる「お菓子の家」が掲載されます。
在仏15年のお菓子研究家、
青山 翠さんが教えて下さいました。
スパイス香るクッキーに、アイシングをして、組み立てます。
Kimg1894

初心者ばかり3人で試作。
写真はそのときのものです。青山さんの描く
レースのようなアイシングとはいきませんが、
楽しくつくりました。

屋根に、壁につららも…。
絵が苦手でも「するするする〜」と描け、
食べるのが惜しくなるお菓子の家ができました。
飾るときはビニール袋に乾燥剤を入れて。

青山さんの写真と文章で紹介する
「南仏プロヴァンス・冬の60日」も
どうぞお楽しみに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月24日 (火)

こめ油、こんなふうにも使えます!

今日の東京は、すっきりしない曇り空。
しばらく続いた夏のような晴れ間も、しばしお休みです。

6月号で紹介した「こめ油」。
読者の方から「知らなかった!もっと食卓に取り入れたい」 と、
多くの反響をいただきました。

さらりとくせのないこめ油は、
揚げ物や炒めものにも向きますが、
こんな使い方も。

20140528_104926_2

バターの代わりに、こめ油を使って焼いた食パンですbread
ほんのり甘くて、
しっとり、ふんわりした食感……。
子どものおやつにもぴったりです。

レシピは、ただいま編集中の婦人之友8月号(7月12日発売)
「f-tomo広場」で公開予定。
どうぞご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 2日 (月)

胃によもぎ茶

急に暑くなりました。
早くも食欲がなくなりそうです。

以前、胃の調子が悪くなったときに
鍼灸師の鵜沼宏樹先生に教えていただいたのが、
「よもぎ茶」japanesetea
胃にいちばん優しいお茶だそうです。

漢方薬局で「よもぎください、お茶にします」というと
出してくれます(体質に合うかも確かめてください)。
お茶と同じように淹れられ、苦みもあるのですが、
ミントのような爽やかさも。

20140602_150525

clip clip clip

7月号健康往来は
「むくみ 漢方の知恵で改善」(渡邉賀子先生)です。
古来からの知恵を取り入れたちょっとしたコツを
たくさん伺いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)